みずしま財団 公益財団法人 水島地域環境再生財団

みずしま財団のサイトマップ みずしま財団のお問い合わせ
みずしま財団のHOME みずしま財団のイベント情報BLOG みずしま財団へのアクセス 水島の歴史 みずしま財団のリンク

みずしま財団とは

みずしま財団の使命・中長期計画

● みずしま財団の使命

みずしま財団は、地域から学び、歴史を伝え、人々をつないで、健康で豊かなまちをつくりだす、環境再生・まちづくりのセンターです。
■ しらべる
-地域の研究機関としての役割-
地域の課題を明らかにして、その解決にむけた調査研究,提言,体制作りなどをおこないます。

■ つくる
-人と人,組織と組織をつなぐ支援組織-
地域の人材養成をおこなうとともに,人々の思いや組織の力をつないで新しい価値や活動・組織をつくりだす支援をします。

■ のこす・伝える・支える
-公害経験の継承と被害者支援-
大気汚染公害の経験を伝え,同じ過ちを繰り返さないよう国内外に情報発信をしています。また,公害被害者のADL・QOLの維持・向上などを支援します。

■ まなぶ
-公害環境学習-
国内外からの視察受け入れや、地域の資源を活用した公害・環境学習をおこないます。

● 財団法人水島地域環境再生財団 中長期計画

2007年3月、「財団法人水島地域環境再生財団 中長期計画」を作成しました。この計画は、水島地域の環境再生・まちづくりをめざし、みずしま財団が長期的な展望をもって活動をおこなっていくための指針となるものです。

この中長期計画は,3年間を単位とする中期計画と,その3期間をあわせた9年間をカバーする長期計画からなります。

「水島地域の再生のために-現状と課題-」(2006年)で明らかにした課題の達成をめざして,2007年度から2014年度までの9年間を目標に、4つの事業の柱と2つの組織運営の柱をたてています。
事業の柱
・「地域再生」 「地域の研究機関としての役割」
「人と人,組織と組織をつなぐ役割」
・「公害の継承と被害者支援」
・「公害・環境学習」
・「情報発信と収集」
組織運営の柱 ・「外部とのかかわり」
・「組織基盤」

≫財団法人水島地域環境再生財団 中長期計画【PDF:36KB】


公益財団法人 水島地域環境再生財団
〒712-8034 岡山県倉敷市水島西栄町13-23
TEL:086-440-0121  FAX:086-446-4620
E-Mail:webmaster@mizushima-f.or.jp
このページの先頭へ
(C)MIZUSHIMA FOUNDATION. ALL RIGHTS RESERVED.