みずしま財団 公益財団法人 水島地域環境再生財団

みずしま財団のサイトマップ みずしま財団のお問い合わせ
みずしま財団のHOME みずしま財団のイベント情報BLOG みずしま財団へのアクセス 水島の歴史 みずしま財団のリンク

みずしま財団の活動内容

海底ゴミ調査 最近の情報

● 海底ゴミとは?

海の環境を悪化させる「海底ゴミ」私たちの生活や、産業活動の中からいらなくなったものが「ごみ」になります。この「ごみ」がきちんと回収・処分されずに、海に流れ出たものが「海ごみ」と呼ばれるものです。「海ごみ」は、大きく3つに分けられます。

海面・海中を浮遊する「漂流ごみ」、海岸に流れ着いた「漂着ごみ」、そして海の底に沈んだ「海底ゴミ」です。

これら海ごみの中でも「海底ゴミ」は、海の底にたまっていて、目に触れることがあまりありません。しかし、漁業者の漁の妨げになったり、海の環境を悪化させるなど多くの問題があります。

しかも、海底ゴミは、生活からでたと推定されるごみが大半を占め、河川や海を通じて海へそして海底に沈んでいると考えられており、とても身近な問題でもあるのです。
もっと詳しく
このページの先頭へ

● みずしま財団のとりくみ

瀬戸内海における海底ゴミの実態調査瀬戸内海での底曳き網観光を楽しんでいるときに、魚介類とともにあがってくるごみの多さに驚いたことから、この「海底ゴミ」について取り組みを始めました。

2000年から調査を始めましたが、当時は、東京湾での調査はありましたが、瀬戸内海では本格的な海底ゴミの調査はおこなわれていませんでした。

そこで、まずは瀬戸内海における海底ゴミの実態把握を行うことから始め、

  • 漁協や行政への聞取り・アンケート調査
  • 小型底曳網漁船による海底ゴミの実態調査
  • 水中カメラ調査

などの調査をおこなってきました。

また、海底ゴミの回収処理体制や削減を目指した「政策提言」、より多くの人にこの問題を知ってもらい、解決を目指すために、日本国内はもとより海外へも啓発活動を行っています。

このページの先頭へ

● 解決にむけて

「瀬戸内海海ごみ対策検討会」瀬戸内海の海底ゴミ問題は、いま解決に向けて大きく動き出しています。

岡山県が平成15年度から実施している「瀬戸内海環境美化推進事業」や、倉敷市の平成18年度「ひと、輝くまち 倉敷。」市民企画提案事業「パートナーシップによる海底ゴミ回収・処理体制の構築事業」、そして、環境省中国四国地方環境事務所がおこなう「瀬戸内海海ごみ対策検討会」など、海底ゴミ問題への認識が高まり対策が行われ始めました。

みずしま財団が2000年に調査をはじめてから、瀬戸内海の海底ゴミ問題は解決の方向に動き出しています。しかし、本質的な解決には、市民一人一人の理解と取り組みが必要です。

このページの先頭へ

● 環境学習への利用

海底ゴミについて、学校や公民館活動、グループで学びませんか?講師の派遣をおこなっています。詳しくは、みずしま財団までお問い合わせ下さい。
海底ゴミに関する教材の貸し出しもおこなっています。
また、海底ゴミに関連するDVDもあります。ぜひご活用下さい。
関連DVDへ
このページの先頭へ

● 海底ゴミに関するリンク

海底ゴミに関するリンクはこちらをご覧ください。

このページの先頭へ

公益財団法人 水島地域環境再生財団
〒712-8034 岡山県倉敷市水島西栄町13-23
TEL:086-440-0121  FAX:086-446-4620
E-Mail:webmaster@mizushima-f.or.jp
このページの先頭へ
(C)MIZUSHIMA FOUNDATION. ALL RIGHTS RESERVED.