みずしま財団 公益財団法人 水島地域環境再生財団

  みずしま財団のHOMEページへ
みずしま財団の子どもページ!

  子どもページトップへ みずしまの歴史のページ みずしまの海のページ みずしまの川のページ みずしまのまちのページ 活動に参加しよう  

海 水島について知ろう・調べよう

● アマモ場とは?

海の中にはえる草 アマモアマモは、海の中にはえる草です。
ワカメやコンブのような海藻の仲間ではなく、陸上の稲が海にはいったような植物です。
このアマモのなかまが集まっている場所を「アマモ場」といいます。
このアマモ場は、魚が卵を産んだり、小さな魚が育つ場所としてとても大事な場所で、「海のゆりかご」ともよばれています。

「海のゆりかご」アマモ場むかし、岡山県内には、4,200ha(倉敷マスカットスタジアム約2,700個分)を超えるアマモ場がありました。現在では600ha程度にまで減っています。

いま、アマモ場が大事だということが、改めていわれています。再生にむけて、いろいろな団体がとりくみをしています。

● 水島のアマモ場

アマモ場にいる生き物倉敷市周辺の海でも、アマモ場が残っています。味野湾や園州・園ヶ瀬といったところです。
こうしたアマモ場を守り、増やしていくことが大事です。
そのためには、みんなも、アマモ場やアマモ場にいる生き物、そして海のことをしっかりと知ることが大事です。

活動に参加しよう


公益財団法人 水島地域環境再生財団
〒712-8034 岡山県倉敷市水島西栄町13-23
TEL:086-440-0121  FAX:086-446-4620
E-Mail:webmaster@mizushima-f.or.jp
このページの先頭へ
(C)MIZUSHIMA FOUNDATION. ALL RIGHTS RESERVED.