2007年8月アーカイブ

 先日公開していました。「おかやま環境塾」の報告記事(2日目)の写真を追加しましたので、ぜひご覧ください。


しわく

水島最終処分場

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今週のエコラボMondayは、おかやま環境塾の報告を中心にお話をしてきました。

 環境塾自体は、先のブログで報告をしていますので、そちらをご覧ください。
エコラボMondayでは、その中でも、水島最終処分場について、情報提供をしてきました。

 水島最終処分場は、JFE(旧川崎製鉄)の地先にある産業廃棄物の埋立処分場で、岡山県の外郭団体である「財団法人岡山県環境保全事業団」が運営しています。埋立は、昭和54(1979)年から始まりました。当初は川崎製鉄から発生する鉱さいが中心でしたが、現在では、岡山県内の中間処理業者から持ち込まれる様々なゴミを処理しています。

 昭和54年には200万t/年あった埋め立て処分量も現在では様々な努力により20万t/年程度に減少していますが、それでも現在の処分場は後1年足らずで一杯になってしまうようです。そのため、現在新たな処分場の建設工事を行なっていますが、これは現在の処分場から東の海面を埋め立てるものとなっています。


処分場に堆積した大量のゴミ袋


 我々の生活からは、廃棄物というものはどうしても発生しますので、その処理は必ず必要となります。しかし、その処分場は無限にあるわけではなく、また埋立に伴う自然環境の破壊の懸念もありますので、極力ゴミを出さない努力というものが必要だということを、環境塾参加者の皆さんも改めて実感されたのではないでしょうか。


しわく

 環境学習リーダーの養成を目的とした「おかやま環境塾 1泊2日の環境学習リーダー養成研修」が無事終了しました。
2日間とも、天気に恵まれ(良すぎて暑かったです!)、講義、フィールドワーク、海の体験学習、そしてグループワークと盛りだくさんでしたが、その分充実した時間がすごせたのではないでしょうか?

 簡単ではありますが、2日間のご報告をしたいと思います。

おかやま環境塾1日目が終了しました。

1日目は、全体自己紹介からはじまって、講義
そして、バスに乗って、施設見学などなどをおこないました。

暑い中、参加者の皆さんは真剣に、そして楽しそうに参加してくださっています。

2日目の明日も楽しみです。
がんばっていきましょー。

ちなみに、写真は
今日のお弁当。
玄米食堂 元気屋さんにお願いしました。

食からみた環境っていうことにも考える機会になったかなと思います。


「環境被害救済に関する日中韓国際ワークショップ」に参加してきました。

また詳しいことを、載せます。

夏の八間川調査。
真っ青な空。
白い雲。
川に飛び込みたくなるような暑い一日でした。

参加者は全部で14名。
夏休みの自由研究にと小学生、中学生、専門学生の参加がありました。

午前中は、いつもの八間川調査。
参加者の皆で生き物調査、水質調査、流速調査などをしました。

午後は、オプション調査『八間川(農業排水路側)の源流を訪ねてみよう!』を実施しました。

きょうの、エコらぼmondayは、気になる新聞記事から紹介!

『「理想の地」一目で即断」
『自然写真家・森本さんが新庄村に」

朝日新聞 8/18の朝刊に大きくでた記事です。

しかも、記事の出だしが

『コンビナートに残る自然を撮った写真集「みずしま」などの作品で知られる自然写真家・森本二太郎さんがが・・・」

となっているんです。


そう、みずしま財団が昨年出版した写真集の写真を撮って頂いた、森本二太郎さんが、岡山県新庄村に引っ越していらっしゃるという記事!

いやぁ、びっくりしました。

そして、その森本さんがとってくださった写真の中に、
「八間川」の写真もあるんです。
農業排水路川をたどっていくとたどりつく、種松山の真弓池の写真も。

そんなこんなで八間川調査のご案内をしました。

今回は、源流をたずねる第二弾。
暑さでたどりつけるかわかりませんが、がんばっていってこようと思います。

もし、暑くていけないわーという方は、ぜひ、写真集をみてくださいね。
すてきな風景が並んでいます。

購入は、本屋さんもしくは、財団へ(ここから注文できます)

買うのはなぁ・・という方は、図書館においてある場合もありますよ。


八間川調査の詳しい内容は、ここへ。22日(水)の開催です。
八間川の調査の詳細

紫外線には注意

| コメント(0) | トラックバック(0)

日焼けしすぎている、白神です。

そう、ラジオでもお話しましたが、紫外線対策きちんとしましょうね。

真っ黒なのは健康というのは、昔の話。
紫外線の当たりすぎは、要注意

特に、小さな子ども達には、帽子や日焼け止めを適宜つかって、紫外線の強い10時から14時の時間帯には外にでないように配慮するなど気をつけてくださいね。

そ、真っ黒な私がいうのは、説得力がないですが・・・。


さて、今日の話題は
「おかやま環境塾」 16日が締切ですよというお話です。

ぜひぜひ、コーディネート力・伝える力を高めに参加してくださいね。

詳細はここ

「わくわくするような学校ってどんな学校?

わくわくする学校について親子で語り、そして子どもたちは画用紙の上に創造します。」


そんなイベントがありました。

おかやまコープクラブ倉敷子どもの未来を考える会、子どもも参加できるまちづくり研究会みどりのたね
が主催しておこなわれた、このイベント。

白神も、お話する人になって参加させていただきました。


「親子でわいわい会議 わくわくする学校ってどんなの?」ということで、
親子が車座になって、わいわい語り合う。その時、考えるきっかけになるお話をしたのと、
こどもたちが学校の絵を描いている間に、保護者の方に、少し詳しくお話するというながれで
今回は、みずしま財団がとりくんでいる、小学校での総合学習での八間川での取り組みやアマモのお話をしてきました。

5分間(実際はもう少しのびましたが)という短い時間でどれくらい伝わったかわかりませんが、
私たちが環境学習の場でおこなえるのは、最初の一歩をふみだすきっかけになること、それぐらいじゃないかなと思っています。
あとは、まわりの大人が、何事にも、わくわくどきどき、一生懸命やっている姿をみて、子ども達は自然に学んでいくのではないでしょうか?


その他にも、
紫外線についてとりくんでいる、小林倫子さん(写真)

地球温暖化問題とエネルギーについて取り組んでいる堤孝雄さん(エネミラ)
プレジョブを地域でとりくんでいる鳥羽泰子さん
絵本の読み聞かせをおこなっている三谷千賀さん

がお話されていました。

なかなか、子どもと保護者の方を対象にしてお話する機会がないので、とてもよい機会になりました。

第51回水島港まつり

8月4日(土)・5(日)水島港まつりがありました。

■何で港まつり?七夕かざりの始まりは?

水島港まつりは、花火大会を中心とした倉敷市の祭りとして、昭和32年にはじまりました。昔はその名の通り、港を会場にしていたそうです。コンビナート企業の進出後、防災上危険だということになり、花火は亀島山で行われることになりました。しかし、それも危険だということで数年でなくなってしまいました。そこで、花火に変わるイベントをということで、第15回(昭和46年)からは商店街が中心になって七夕かざりをすることになったそうです。かつては商店街の各お店が競って、七夕飾りを出展していたそうですが、近年はその数も減って寂しくなってきたといわれます。

みずしま財団も、2004年から出展しています。今年で4回目。年々着実に賞のランクが上がっています。今年は医療生協水島支部の皆さんと一緒に七夕飾りを出展しました。

■港まつりといえば・・・。

七夕かざりと2つの踊り。1つは、水島音頭にのせて踊る市民総踊り(8月4日)。もう1つは、昨年50周年を記念して誕生した水島夢KoiKoi!(8月5日)

みずしま財団も今年から水島夢KoiKoi!に挑戦。パレードとコンテストに参加しました。

■今年の結果は?

七夕かざり:見事入選C(上から13番目の賞/32作品中、昨年は準入選D)
夢KoiKoi!:団体では賞がもらえず。来年もっと練習していい賞を目指します。しかし、パレードでうまく踊っている人?に送られる個人賞を塩飽研究員と白神研究員が受賞。うらやましい。

■一体みずしま財団の今年の七夕飾りって?

夜の写真を見ていただければ、よくわかると思います。正解はそう「ホタル」でした。
昔、八間川にはホタルが飛び交っていたそうで、そんなきれいな川になったらいいなっていう思いをこめてつくりました。

「エルモ」、「エルモ」(セサミストリートのキャラクターですかね?)という声もちらほら聞きました。

みずしま財団では、今年も1個賞のランクが上がり、見事入選できましたが、エントリーした作品は全部で32作品。今年は特に少なかったようです。多いときでは70〜80作品あったそうですから、随分さみしくなりましたね。水島の商店街で商売をしていなくても出せるので(倉敷芸科大学からの出展もあります)
、皆さんもぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?地域のお祭りを地域全体で盛り上げていきたいですね。それから、来年はぜひ夢KoiKoi!にも出場しましょう(痩せるかも)。先生から直接指導していただける機会もありますよ。


第36回八間川調査

■夏調査のご案内です。

暑い夏には川に入りたくなりますね!?夏休みの自由研究にどうでしょうか!?

日時:8月22日(水)8:30〜お昼ぐらいまで。夏休み中なので今回は平日です。 
集合時間・場所:集合がちょっとはやめで8:30に東川町公民館。

■オプション調査『八間川(農業排水路側)の源流を訪ねてみよう!』があります。

前回、工業排水路側の源流を訪ねました。今回はもう1つの農業排水路側。
自転車でたどってみようと思っています。乗ってくるか、持ってきてくださいね。

どこから、どこを通って、どんなふうに流れているのか?答えは参加してのお楽しみです。

問い合わせはみずしま財団まで。

なにわだ(港まつりで三菱i(アイ)争奪○×クイズに参加しました。調子よく進みなんと最後の10人に残りました。そしてステージへ・・・。惜しかった。ただ今年の港まつりは2日間と短くなったとはいえ、熱気は例年通り、いやそれ以上でした。)

■早朝から作業

塩飽研究員から報告があったように、今朝何とか七夕かざりをあげることができました。
浅田非常勤研究員にもお手伝いいただきました。どうもありがとうございました。

■何に見える?

夜になったら電飾も使うので、もっとよくわかると思います。きれいにライトアップされたみずしま財団の七夕かざりをぜひ見に来てください。

ちらほら「○○○でしょう?」と声をかけられます。
○○○に見えるかすごく不安です。

■団子売ってます

さて、本日は七夕かざりと同じ形?の3色団子を事務所の向かいのあさがお会館の前で販売しています。1本150円。4本でなんと500円。限定50本です。お早めに・・・。


■明日はみずしま夢KoiKoi!踊ります。

今年は七夕かざりに出展するとともに、みずしま夢KoiKoi!のパレード・コンテストに出場します。
みずしま財団職員と倉敷医療生協水島支部の皆さんとの混合チームで出場します。
チーム名は「花より団子」。

8月5日(日)

17:45〜18:00:水島夢KoiKoi!パレード(「花より団子チーム」は、千鳥町の旧ダイエー前〜中央会場)

18:15〜19:30:水島夢KoiKoi!コンテスト(中央会場ステージにて。「花より団子チーム」は、19:15〜19:20)

その他にもいろんなイベントあって、とても楽しい水島港まつり。
ぜひ見に来てください。

なにわだ(七夕かざり、夢KoiKoi!ともにコンテストがそれぞれあって賞がもらえます。どんな賞がもらえるか!?結果はまた報告します。)

七夕飾り

| コメント(0) | トラックバック(0)

 いよいよ水島港まつりの開幕です!

 昨日は、雨と風のために上げられなかったみずしま財団の七夕飾りも、早朝からの作業によって、無事展示することができました。

 難波田研究員デザイン、患者会や医療生協水島支部との共同作業で完成させた力作です。さて、皆さんの目には、何に見えるでしょう!?

 みなと祭り期間の今日、明日の2日間は、財団の事務所も患者会も開けていますので、ぜひ皆さんお立ち寄りください。

しわく

港祭り前夜

| コメント(0) | トラックバック(0)

いよいよ明日、水島港祭りです!
あいにくの雨で、七夕飾りがつるせない状況。
無事に雨があがったら、写真アップします。

4日夜はみずしま財団事務所開けています。お立ち寄りください。
5日夜は夢KoiKoiの踊りで、みずしま財団職員登場です。

平成19年7月に発行した『みずしま財団たより37号』に使用した写真を掲載しています。
単色刷りの紙面とは違う、カラーの写真をお楽しみください。
尚、写真の著作権はみずしま財団とそれぞれの撮影者(敬称略)が有します。
無断使用及び転載を禁じます。

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき