第1回 船にのって、みんなで知ろう!瀬戸内海の漁業と、海と私たちの暮らし(2010年11月27日開催) 参加者感想

| コメント(0) | トラックバック(0)

・底引き網漁船に乗る機会は今までまったくなかったのでとても貴重な体験ができてよかったと思います。陸からあれだけ離れていても海底にごみがたくさんあったことが一番の驚きです。子供達の目も輝いていて親子ともに楽しく過ごせました。ありがとうございました。(30代、女性)

 

・底引き網を体験できたこと。子供に漁師さんの仕事をさせることができた。子供に海底ごみを減らすために日常生活でごみを捨てないことを学ばせることができた。(40代、男性)


・底引き網で取れたものがごみがすごく多かったのにはびっくりした。初めての体験とお話はとても勉強になりました。海にごみが流れないよう普段の生活で気をつけたい。(50代、女性)

 

・僕はこの体験学習で生き物はごみとの間で必死に生きているのだなということが分かりました。(子ども)

 
・とっても面白い、とっても楽しい、おもしろい。たのしいな。(子ども)


・網を引き上げたら魚もたくさんいたけどごみもたくさんあった。ごみをポイ捨てしている人がたくさんいるんだなと思った。ここで学んだことを生かして友達にも「海や川にごみを捨ててはいけないよ」と教えてあげたいです。(子ども)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mizushima-f.or.jp/mt/mt-tb.cgi/4142

コメントする

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき