2011年11月アーカイブ

 2011年11月28日(月)エコ遠足 開催しました!

今回は第5回目。

 

今年は、3.11大震災、台風被害で心を痛め、深く考える年となりました。

そういうこともあって、今回のテーマは「環境と防災」

 

広江千人塚を最終目的地としました。

 

まずは、エコ遠足の恒例で、、現地までは公共交通に乗ります。

9:29出発~

DSCN0006-1.JPG

水島駅に9:58着き、講師の三宅武人さんと合流。

 

岡山県の水島緑地 通称 緩衝緑地帯(100m道路)を歩きました。

公害防止事業団によって、公害防止のためにつくられています。

DSCN0009-2.JPG

サクラ、イチョウなど紅葉していました!

利用者には出会いませんでしたが、管理のみなさんがきれいに

されていて、お話しを聞いたりしました。

 

福田公園にある水門2基のうち、1基は明治時代のもの。

みなさん、水門のしくみをしげしげと見つめながら、「こう回したんか~」と納得。

土地を把握するのに道路ではなく、「水の道」が大事だね・・・・

とみなさん、うなずくところでした。 

 DSCN0019-5.JPG

 

いよいよ目的地である広江千人塚です。

DSCN0028-3.JPG

 明治17年8月25日、台風による高潮が満潮時刻とかさなり、

福田新田の堤防が切れ、干拓地に水島灘の海水があふれました。

500名を越える方がこの福田地区で犠牲となり、

身元がわからない256名を合葬したのが、この石碑です。

 

災害の模様と碑の建立の経過を解説した説明版には、

本当に悲しい地域の歴史が書かれていました。

 

それから127年後の今年、9月4日の台風12号では広江の二級河川砂川があふれ、

床上浸水したお宅もあったとのこと、過去の出来事だけではないことを知りました。

  

 DSCN0034-4.JPG

最後は、公共交通の路線バスに乗り、倉敷駅まで帰り、13:42到着後解散しました。

参加くださったみなさま、ありがとうございました。

 

次回は、2012年の春を予定。

どこの地区を歩くか、乞うご期待下さい。 

                         (ふじわら) 

 

昨年に引き続き、

水島緑地福田公園で、27日に開かれた「くらしき農業まつり」に出展してきました。

110534522_org.jpg

(主催:倉敷市、岡山西農業協同組合、倉敷かさや農業協同組合)

 

体育館で展示しましたが

食と環境と交通を学ぶ

フードマイレージについて、展示してきました。

 

111127_090945.jpg

(私一人で対応していたので、人が沢山いる写真はとれず・・・。人がきたら対応するもんで・・・)

 

昨年よりも、体育館入り口近いところに

展示させていただいたので

多くの方にお立ち寄りいただきました。

 

用意していた、水島のポストカードが、ほぼすべて無くなってしまうほど!

 

食品を選ぶ時のポイントは、ひとそれぞれだけど

「環境」という視点もちょっと考えてみることもできますよー というお話をしましたが、

 

「家で野菜はつくってるからねー」

「高くても岡山県産だよぉ」

「肉がポイントかなぁ。・・・」

「あぁ、でもお財布と相談するとね・・・」と

いろんな方と、いろいろお話ができて、とても勉強になりました。

 

小学生や中学生も、しっかり聞いてくれてうれしかったですし、

環境問題への意識が高いなぁと感じました。

 

屋外では、野菜等を販売していましたが

「根菜フェア」ということで、連島、福田のゴボウや生姜、レンコン

また、それらを使ったお菓子なども売られていました。

 

111127_090536.jpg

 

天気がよく、多くの方に来場いただきよかったですね。

親子で一緒にエコしらべ!(海編 )は

 

雨天のため延期になりました。
12月17日(土)に開催します。

 

 ◆再度、参加者募集しています。12月14日(水)までに

 みずしま財団(086-440-0121)までお申し込みください。

 

◆当日の予定等は変更なく開催します。

 

----------------------------------------------------------------------------

 

みずしま財団では、現在、親子で地域の環境を知るための「エコ指標」づくりを行っています。
 
このエコ指標は、「海編」と「森編」の2種類あり、それぞれのエコしらべツアーを開催します。
今までとは、ちょっと違った視点で、身近な環境について考えてみませんか?

詳細は、案内のチラシをご覧ください(クリックすると拡大されます)。

※本ツアーは、岡山県備中県民局協働事業として開催します。


◆高梁川流域のエコしらべツアー 海編

 日時:2011年12月17日(土)9:30~12:30
 場所:備讃瀬戸海域、小与島(船に乗ります)
 集合場所・時間:倉敷駅南口西ビル前に8:20
         無料送迎バスがあります。
         直接児島観光港に集合も可能です。
 対象:小学校3~6年生とその保護者
 参加費:無料

 

img-Y10211229-0001.JPG

 

img-Y10211240-0001.JPG

11/12~13 環境コーディネーター次のステップ講座

終了いたしました。

 

参加者のみなさんの反応は、、、というと

 「とても有意義だった」(75%)

 「有意義だった」(25%)

 「そうは思わない」(0%)

 「まったく思わない」(0%)

          (アンケート回答より)

す、すごい!

熱い2日連続講座でした。

 

ありがとうございました。

みなさんの活動に、活かしていただけると幸いです。

   

 

 

 

みずしま財団では、現在、親子で地域の環境を知るための「エコ指標」づくりを行っています。
 
このエコ指標は、「海編」と「森編」の2種類あり、それぞれのエコしらべツアーを開催します。
今までとは、ちょっと違った視点で、身近な環境について考えてみませんか?

詳細は、案内のチラシをご覧ください(クリックすると拡大されます)。

※本ツアーは、岡山県備中県民局協働事業として開催します。


◆高梁川流域のエコしらべツアー 森編

 日時:2011年11月23日(水・祝)10:00~13:30
 場所:高梁・美しい森
 集合場所・時間:倉敷駅南口西ビル前に8:20
         無料送迎バスがあります
         バスは、備中高梁駅にも寄ります(9:30ごろ)
         高梁美しい森に直接集合も可能です。
 対象:小学校3~6年生とその保護者
 参加費:無料

img-Y10211248-0001.JPG 

 

img-Y10211256-0001.JPG 

定員30名となっていますので、ご関心のある方は、お早めにお申し込みを。

雨天のため延期になりました。
12月17日(土)に開催します。

 

 ◆再度、参加者募集しています。12月14日(水)までに

 みずしま財団(086-440-0121)までお申し込みください。

 

◆当日の予定等は変更なく開催します。

 

----------------------------------------------------------------------------

 

みずしま財団では、現在、親子で地域の環境を知るための「エコ指標」づくりを行っています。
 
このエコ指標は、「海編」と「森編」の2種類あり、それぞれのエコしらべツアーを開催します。
今までとは、ちょっと違った視点で、身近な環境について考えてみませんか?

詳細は、案内のチラシをご覧ください(クリックすると拡大されます)。

※本ツアーは、岡山県備中県民局協働事業として開催します。


◆高梁川流域のエコしらべツアー 海編

 日時:2011年11月19日(土)9:30~12:30
 場所:備讃瀬戸海域、小与島(船に乗ります)
 集合場所・時間:倉敷駅南口西ビル前に8:20
         無料送迎バスがあります。
         直接児島観光港に集合も可能です。
 対象:小学校3~6年生とその保護者
 参加費:無料

 

img-Y10211229-0001.JPG

img-Y10211240-0001.JPG

定員30名となっていますので、ご関心のある方は、お早めにお申し込みを。

 

 

10月28日(金)に、高梁市立川上小学校の5,6年生(約50名)を対象に、「水島コンビナート環境体験ツアー」を開催しました。

 

これは、岡山県備中県民局が主催し、

企画運営をみずしま財団が担う環境学習ツアーの第2回目になります

(第1回目は、過去の記事を参照 http://mizushima-f.or.jp/mt/2011/10/post-315.html)。

 


 今回は、まず中国電力(株)水島火力発電所の見学を行いました。

 

最初に電気のことや水島発電所に関するビデオを見た後、電磁誘導による電気発生や太陽光発電,風力発電の仕組みを、実験器具を使って、職員社員の方に解説していただきながら体験しました。

その後は、発電所内を見学し、発電に使用された高温の蒸気を冷却するために海水が利用され,環境に影響のない水温にして再度海に放水していることなどを学んでいました。

 

PA281862.JPG

 

 

 お昼には、玄米食堂元気屋さんの地元の食材を活かしたお弁当を食べ、地産地消の大切さについても学びました。


 その後、瀬戸内海の環境体験として、水島港から観光船に乗っての瀬戸内海クルーズを行い、六口島での海岸観察や円板による透明度調査などを行いました。

 

特に、六口島では、海岸の生きもの観察と同時に、漂着ごみも見学しましたが、自分たちの生活から出たと考えられるごみが海岸に漂着していることに驚いていました。

島に渡るのは初めてという児童が多く、山(自分たちの生活)と海とのつながりについても考えるきっかけとなったのではないかと思います。

 PA281916.JPG

 

今回も水島コンビナートや瀬戸内海の環境についての学びを通じて、高梁川と海との繋がり、私たちのくらしとの関わりについて学ぶきっかけとなったのなら幸いです。

 

 

しわく

 11月5日(土)コンベックス岡山で開催された「第6回 おかやま・もったいない晴の国フォーラム(主催:岡山県)」で、海底ゴミ問題に関する展示を行ってきました。


 本フォーラムは、資源循環型社会に向けたリサイクル、省資源化の取り組みの普及を目指したもので、様々なステージイベントとともに、市民活動団体、高校、企業などの展示がありました。みずしま財団は、岡山県「海ゴミ普及啓発事業(西部地域)」の一環として、大量消費型社会の結果として現在問題となっている海ゴミ(海底ゴミ)の問題について展示を行いました。

 

PB052091.JPG

 

 海底ゴミ問題に関するパネルとともに、リニューアルされたトランクなどを展示しましたが、参加者には、海の底にこのような問題があることを知らない人も多く、解説をすると驚かれた様子でした。特に、海底ゴミの大半は、我々陸上出の生活から排出されたものであること、河川などを伝って海に流入していることなどをお話しすると、自分たちの生活を見直さなければ、といった感想を述べられた方もいました。

 今後も、こういった機会を活かして、海ゴミ問題の啓発に努めていきたいと思います。

 

しわく(会場に来ていた、ももっちにも海ゴミの説明をしました)

PB052110.JPG

 

現在、公益法人改革により、財団法人・社団法人は、

「一般財団/社団」か、「公益財団/社団」

のどちらかになる手続きを行っています。  (これがまた大変!!)

 

みずしま財団は、

10月20日に岡山県より公益認定を受け、

11月1日 「公益財団法人 水島地域環境再生財団」になりました。

 

どうぞ、今後とも、ご指導ご鞭撻をよろしくお願いします。

環境再生・まちづくり・人材育成・環境学習等を実施して参ります。

   

                        スタッフ一同

 

「えっ??名前の他にどう変わるの???」

追ってまたお知らせして参ります。

財団法人水島地域環境再生財団は、

平成23(2011)年7月1日に公益認定申請書類を岡山県に提出。

平成23(2011)年10月20日付けで、公益財団法人として認定されました。

 

登記手続きを平成23(2011)年11月1日に行い、

公益財団法人水島地域環境再生財団となりました。

 通称は引き続き、みずしま財団です。

 

みずしま財団への個人、法人からのご寄付は、

公益目的事業を支援するために支出された「特定公益増進法人」

への寄附金として取り扱われ、税制上の優遇措置の対象となります。

 

今後ともどうぞよろしくお願いします。

  ninteisyo-2.jpg

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき