報告 倉敷南高校 町衆プロジェクトフィールドワーク受け入れ

| コメント(0) | トラックバック(0)

2014年7月28日月曜日、倉敷南高校の1年生22名と先生1名が、

水島のフィールドワークに来られました。

(受け入れをみずしま財団が担当)

高校生1-1.jpg

倉敷市環境学習センターエコギャラリーで、

地域開発と公害の歴史のお話を藤原がしました。

 

インターネットにつないで、記録で見る大気汚染と公害のHP(環境再生保全機構)

を使い、映像をみてもらいました。

 

自由見学では、エコギャラリーに設置している「公害と子どもたちの暮らし」のパネルや、

県産材で内装されているエコライブラリーでは、環境展示パネルを見ていただきました。

 

その後は、バスで鴨が辻山の展望台に行きました。

高校生2.jpg

塩飽研究員の3択クイズが好評でした。

高校生のみなさんは、目に見える風景を楽しく学びながら、考えてもらえたようです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mizushima-f.or.jp/mt/mt-tb.cgi/4424

コメントする

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき