★対話・共有・実践★ 水島での新しい学びを文章に ~第6回環境学習を通じた人材育成、まちづくりを考える協議会~

| コメント(0) | トラックバック(0)

 

昨年からスタートした環境学習を通じた人材育成、まちづくりを考える協議会。

11月17日(月)第6回を開催しました。

  第6回協議会.jpg

協議会でのすすめようとしていることを明文化しようと、対話を進めています(下記参照)。

 

また、協働でものごとを進めていく上では、お互いの取り組みを情報することが重要ですね。「え?そういうことしてたの?一緒にできそうだね」という話題も。

 

具体的取組は、各所でスタートしています。

対話と共有、さらには実践を積み重ねながら、水島の魅力を再構成し、

未来ビジョンに向けて、進めていきます。

 

 

【話し合っている文書案】

倉敷市水島地域に暮し、働き、学び合う人たちが環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会をつくり、話し合いを重ね、未来ビジョンを作成しました。(2014年2月)

 

未来ビジョン

豊かな自然と歴史、そして健やかな暮らしと活力ある産業が育む

世界一の環境学習のまち、みずしま

 

<具体的な目標>

水島の持つ資源や要素を活かした、新しい学びのしくみをつくります。

新しい学びとは、

市民と企業で未来をつくる機会や場をつくること

地域の内外から人々が集い、とくに若い世代が集まる機会や場をつくること

そのことを通じて、末永く住み続けたい"水島スタイル"の暮らしがつくられることをめざします。

 

<私たちの環境学習のとらえかた>

この協議会につどう私たちは、環境学習を「水島地域の多様な主体が協働し、水島地域のさまざまな学習資源(自然、歴史、文化、産業、農漁業、人など)をつないで、いきいきとした未来を拓いていく実践からの学び」ととらえ、地域住民、若い世代、地域外からの来訪者など様々な人々を対象に、多様な学びの機会の創出に取り組んでいきます。

 

<体制>

・企業、行政、市民、地域団体、NPOが協議会を設置します。事務局をみずしま財団が担います。

・協議会のメンバーが呼びかけ人となり、協力や賛同を広く呼びかけ、実現させていきます。

 

<具体的に実施したいこと>

・水島地域の持つ産業力、環境力を環境学習や教育旅行に活かし、水島地域の活性化につながることを実施します。

・水島地域での環境学習やまちづくりの取り組みの情報を収集し、目に見えるようにします。

・実際に動いていくための推進の方針と課題を明確にします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mizushima-f.or.jp/mt/mt-tb.cgi/4451

コメントする

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき