【報告】医療スタッフ向け新入研修 みずしま探検の旅 実施しました!

| コメント(0) | トラックバック(0)

事務局藤原です。 みずしま財団事務局は、昨年度と同じメンバーで、

今年度スタートしました!

新年度いちばんの視察研修の受け入れは、倉敷医療生活協同組合の新入職員研修。

「みずしま探検の旅」の1日をご紹介します。

9:00研修の目的とガイダンスでスタート。

医療スタッフは、患者さんの生活背景を想定しながら、患者さんの声に耳を傾け、

診察や応対が必要ですね。その「生活背景を想定する」ことをこのフィールドワークでは体験してもらいます。まずは「地域を知る」体験からスタート!

バスに乗り込みます。緩衝緑地帯のサクラも満開

緩衝緑地帯のさくら.jpg

鴨が辻展望台で、レクチャーを聞きます。

バス.jpg

よいお天気!!レクチャーは福田広史さん。

水島まちづくりWGとして一緒に地域のことを調べています。

地形や、工場地帯と住宅地の位置関係など俯瞰します。

鴨が辻展望台.jpg

バスで山から下りてきて、水島商店街を散策。

昼食は、商店街周辺のお店3つに分かれて、体験!!

 ・ボリューム満点の中華 とらや

 ・おいしさと安さのハンバーグランチ こころ屋

 ・お上品なそば定食 ときわ庵

↓こころ屋さんグループの様子

ココロ屋さん.jpg

今度は、水島臨海鉄道に乗車体験 通称ピーポーと言います。

「患者さんが「ピーポーに乗ってきたんよ」、ともし言われたら、このことだってわかりますね~」

と話していた研修生がいました。なるほどそうだ。

臨海鉄道の車窓から.jpg

水島愛あいサロンでこの施設の経緯を聞きます。

また

地域医療に力を注いできた、倉敷医療生協の南診療所も目の前なので、

レクチャーを聞きました。名物医師のお名前が出てきました。

あいあいサロン前.jpg

みずしま財団塩飽研究員のレクチャー

 

塩飽レクチャー.jpg

倉敷市環境学習センターでは、倉敷市の大気監視の歴史と大気汚染概況について、

お話をうかがいました。医療スタッフとして、環境と健康の関係をぜひ知ってほしいですね。

環境学習センターレクチャー.jpg

 

さぁ、会場に戻ってからは、グループワーク。

総勢38名が6グループに分かれて新聞づくり&みずしまクイズづくりにチャレンジ。

新聞づくり.jpg

 

発表と投票。最後は、豪華景品付きの大クイズ大会も例年通り開催しました。

新聞発表水島デーとスポット.jpg

盛り沢山な1日でした。

医療スタッフ向け研修は、今年の秋に、大きな大会が岡山であるとのことで、

秋にも開催されます~。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mizushima-f.or.jp/mt/mt-tb.cgi/2573

コメントする

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき