2016年5月アーカイブ

5つのヒントから身につけよう!地域の元気を耕す方法 と題した、

平成28年度広島県環境活動リーダー養成研修<広島会場>の募集がスタートしたそうです。

連続5回シリーズの3回目に、岡山県倉敷市水島を訪ねるフィールドワークがプログラムとなっています。

8月28日(日曜日)バスでお越しになるみなさまをご案内し、レクチャーも担当させていただきます!

img-520153101-0001.jpgimg-520153101-0002.jpg

参加費無料、定員20名、先着とのことです。

参加ご希望のかたは、チラシ掲載の連絡先「ひろしまNPOセンター」までお申し込みください。

みずしま財団では、医師会・保健所・呼吸器専門医・理学療法士さん等のみなさんと協力し、

「くらしきCOPDネットワーク」として、地域で呼吸ケアができるように、

予防と早期発見ができるようにと、活動しています。

その一環としての普及啓発活動、肺年齢測定を実施しています。

倉敷市保健所と愛育委員さんが主催されるミニ健康展の測定が、

いよいよ日曜日、スタートします。

今年度最初の測定日、たくさん集まるといいなと思っています。

先着120名!どうぞ皆様お越しください。

haityekka.jpg

写真:ハイチェッカーという簡易測定の機械

syokutei.jpg

写真:昨年の測定の様子(広江公民館20150611)

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

少し、日が過ぎてしまいましたが、5月11日(水)に倉敷市環境学習センターで
今年度最初となる「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」を開催しました。

P5111361.JPG

昨年度までの環境省協働取組事業から一区切りとなり、
今年度から新たなステージに向けて取り組む、キックオフの会議となりました。

まずは、今年度からメンバーに加わった方もおられるので、自己紹介と
この間の活動などの情報共有を行いました。

その後、昨年立ち上げた3つのワーキンググループ(環境学習推進、企業市民、地域交流)から、
この間の取組報告と今年の予定の提案があり、今年の進め方等について議論しました。

また、当日は、香川大学大学院地域マネジメント研究科 中務浩子氏から、
修士論文「八間川にホタルの舞う日プロジェクト -情緒的アプローチで人びとの
八間川に対する評価・関心を高める-」を発表していただきました。

P5111370.JPG

水島での取り組みに関する研究ということで、参加者の皆さん刺激をうけたようでした。


これからも、「世界一の環境学習のまち みずしま」を目指して、取組を進めていきます。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

この度、岡山大学地域総合研究センター(AGORA)が、水島での取り組みを紹介した英語版の
パネルを作成され、5月13-15日にかけて倉敷市で開催される「G7倉敷教育大臣会合」の会場で
展示されます。

内容は、
・水島における地域開発と公害の歴史
・「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」の取り組み
・平成26年度から実施している実践型社会連携授業の内容
・これらの協働による成果 
となっています。

地域総合研究センターとは、協議会や実践型社会連携授業等で連携して取り組ませて
いただいており、その取り組みが今回パネル展示としてサミットで報告されます。

パネルの作成にあたっては、昨年8月に日本大学(東京)で開催された

ISTR(第三セクターに関する国際学会)での
発表内容も活用されており、活動がつながってきています。

水島での取り組みが、ますます世界に発信されていきます!

img-506210922-0001.jpg

img-506210922-0002.jpg

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき