【参加者募集】第14回環境月間における倉敷市との懇談会

| コメント(0) | トラックバック(0)

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

6月は、環境月間です。

様々なイベントなどが取り組まれていますが、みずしま財団では、
6月といえば、「環境月間における倉敷市との懇談会」です!

2003年から継続して開催し、14回目となる今年は、高梁川流域
に着目し、海ごみ対策について考えます。

海ごみの多くは、陸域で発生し、川を伝って海域へ流入している
ことから、内陸部も含めた流域での対策が欠かせません。

そこで、海に面していないにもかかわらず、海ごみ対策を
市民・行政等の協働で取り組んでいる京都府亀岡市の取組みを
ご存知でしょうか?

今回は、この亀岡市での取組みを主導している「NPO法人プロジェクト保津川」の
代表理事であり、大阪商業大学准教授の原田禎夫氏を講師にお迎えします。

保津川での事例を学び、倉敷ではどのような取組ができるのか、
「流域思考」で課題解決を考えたいと思います。

環境問題だけではなく、「流域」での取り組みを考えておられる方、
また若い人や企業を巻き込みながら社会を動かしていくことに
関心のある方、きっと有意義な学びになること請け合いです。

ぜひ、ご参加ください。


~~~環境月間における倉敷市との懇談会~~~

日時:6月29日(水)13:00~16:00
場所:倉敷消防署 講堂
   (倉敷市白楽町162番地5)
   ※駐車場に限りがあるため、公共交通機関、あるいは乗り合わせて
    ご参加ください。
主催:公財)みずしま財団
定員:40名程度
対象:NPO・環境団体、関心のある一般市民の方、企業の方、倉敷市職員

【お問い合わせ・お申し込み先】
 公益財団法人 水島地域環境再生財団(みずしま財団)
 TEL:086-440-0121  FAX:086-446-4620
 e-mail:webmaster@mizushima-f.or.jp

20160614171221-0001.jpg

20160614171221-0002.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mizushima-f.or.jp/mt/mt-tb.cgi/2663

コメントする

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき