報告 地域を紹介するインタープリター講座

| コメント(0) | トラックバック(0)

2017年3月11日(土)地域を紹介するインタープリター講座を開催しました。

講師は、嵯峨創平さん(岐阜県立森林文化アカデミー教授)と、岡亜希子さん(NPO法人体験学習研究会プログラムコーディネーター)のお二人をお招きしました。

hajimari.jpg

インタープリターとは直訳すれば通訳のこと。環境学習の場では、自然・文化・歴史(遺産)をわかりやすく人々に伝えること。

原則として、重要なポイント「発見したことは教えられる」自分自身の発見・気づきを大事にすることを嵯峨さんから教えてもらいました。

gennsoku.jpg

岡さんからは、中高生とつながるためにはと題したレクチャーで、

ご自身の経験からの説得力ある内容でした。

okatyann.jpg

今回の講座は、まずはみずしま財団塩飽研究員の話ぶりを聞いて、

そののちに自分たちも話す体験をするというもの。

okujyou.jpg

1つのトピックスを2人で担当し、それぞれのチームで体験。

他者からの質問もいただきながら、改善していくというもの。

matuetiku 3.jpg

フィールドワーク(下見)と、メッセージ(到達目標)と、シナリオ(要点)の準備が必要。土地に結び付いた記憶やそこに暮らす人ならではのエピソードがあることが大事とのことです。

一度完成しても、実施してみて、また直していくのがいいそうです。

学び深い講座でした。

後日、複数の参加者のかたから、「これはとてもよかった」とお声掛けいただきました。

講師のお二人と関係者のみなさまに感謝!!の講座でした。

※倉敷市環境学習センター登録団体連携講座としての実施

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mizushima-f.or.jp/mt/mt-tb.cgi/2722

コメントする

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき