講師派遣 報告 6/23 吉備国際大第14回エデゥカーレ

| コメント(0) | トラックバック(0)

2018年6月23日土曜日、吉備国際大学の第14回エデュカーレに講師として招かれ、

行ってまいりました。吉備国際大は岡山県高梁市にあります。会場の国際交流会館です。

エデュカーレとは、吉備国際大学社会科学部井勝研究室が主催するもので、
地域の題材を基にして、地域の先達・市民と学生・若者が参加するワークショップイベントです。

DSCF4856.JPG

看板がありました。

DSCF4857.JPG

まずは、学生さんたちから情報提供ということで、食品自給率のこと、食品廃棄のことを

データで紹介くださいました。

情報提供食品2.jpg

つづいて、アイスブレイク。様々な方法で試みられていました。

みずしま財団藤原が担当する、フードマイレージ買い物ゲームは90分。

5グループにわかれて、夕食のメニューを考え、ゲームで買い物をします。

今回は㈱吉備ケーブルテレビさんの取材がありました!

manabi.jpg

吉備国1.jpg

フードマイレージ買い物ゲームの後に、もっと深めるためにの時間がありました。

ワールドカフェの方法論で、「フードマイレージを減らすために」をお題に、意見交換が進んだようです。

manabi1.jpg

感想を共有し、学生さんたちと一緒に学び合うことができました。

吉備国際大学は文字通り、様々な国からの留学生がいて、ともに学び合う。

この企画運営を学生自身が担うことをつみかさね、国を超えて仲間ができている感じがしました。

井勝先生の研究室は雰囲気がとてもよかったです。

市民の方がお二人ほどいらっしゃいましたが、もっとたくさん参加くださるといいですね。

講師にお招きいただき、ありがとうございました。

36030308_1765837060161967_2885850090243620864_n.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://mizushima-f.or.jp/mt/mt-tb.cgi/4740

コメントする

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき