海の環境の最近のブログ記事

5月21日(土)に、

瀬戸内市牛窓町「岡山県農林水産総合センター水産研究所」及び「西脇海岸」で開催された

「生物多様性の日記念ファミリープログラム」(主催:おかやま環境ネットワーク他)に、

講師として参加をしてきました。

 

まず、午前中は、

岡山県の水産課職員の方による

岡山県の水産業や海の環境と生物のつながりについての講義、

その後、センター内の施設見学がありました。

 

昼食を食べて、午後最初のプログラムとして、

西脇海岸で海ゴミのフィールドワーク、アマモとそこに棲む生きものの解説を行いました。

 

P5212851.JPG

センター内の見学の様子

 

私が担当したのは、1時間程度でしたが、

きれいに思える海水浴場の海岸にも意外にゴミが多いこと、

それらが自分たちの生活から出てきたものが多くを占めていることに、

参加者も驚いた様子でした。

 

また、アマモの解説では、その中に棲むハゼやヒラメの稚魚、

オオワレカラなどの生きものにみんな興味津々の様子でした。

 

最後のお楽しみ、県の水産課職員の方による地引網では、

大きな魚はほとんどかかりませんでしたが、アマモ場を引いたということもあり、

スズキの稚魚やアイナメ、ヨウジウオなど多くの種類の魚が掛かっており、

こちらも皆さん大喜びでした。

 

P5212887.JPG

水産課の職員さんによる解説

 

 

改めてアマモ場の豊かさ、大切さを実感したプログラムでした。

 

P.S 最後に、危険な生きものの紹介です。

 写真は、オニオコゼといって、背びれに強烈な毒を持っています。

この顔を見たら、くれぐれも不用意に触らないようにしましょう!

P5212890.JPG 

しわく

 ゴールデンウィークも最終日となる5月8日(日)、

6:15からのNHK総合テレビの番組「産地発!たべもの一直線」で

浅口市のシャコが取り上げられます。

 

その中で、みずしま財団でもいつもお世話になっている

漁業者の大室さんが出演されます。

 

今回は、シャコの生態やおいしい食べ方だけでなく、

大室さんがみずしま財団と一緒に行っている

海底ごみの取り組みについても紹介をするということで、

みずしま財団も取材に協力をしています。

 

 お休みの日の早朝ではありますが、よかったらぜひご覧ください。


しわく

 

みずしま財団が瀬戸内海の環境再生事業の一環としておこなっている

アマモ場を活用した環境学習等で

非常にご支援、ご協力をいただいている 相生啓子先生から本を寄贈いただきました。

 

「大槌の自然、水、人 未来へのメッセージ」(秋道智彌 編)

book110425.jpg 

 

 

「豊かな湧水にはぐくまれた地域の自然・歴史・暮らしの考察から未来の地域像を語る」とあるように

大槌の地域の宝物、「森、湧水、海」を、大槌の地域にこだわって取り組んできた

研究者と地元の活動から本書が作成されています。

 

みずしま財団のアマモの取組についても

本書で、相生先生がとりあげてくださっています。

ぜひご覧下さい。

 

と、これだけだと、単なる新着図書紹介になりますが

 

大槌町といえば

あの3月11日の地震で

甚大な被害をうけた、あの岩手県大槌町です。

 

相生先生も「期せずしてレクイエムとなってしまったようなむなしさを味わっております」とおっしゃっていますが、「豊かな湧水、歴史、文化を基盤にして再生して欲しいと願うばかりです」とも。

 

その相生先生も発起人のお一人でもある

「大槌町を支援する会」が立ち上がっています。

募金を集めて、町に寄付していくようです。

 

参考資料を添付しておきます。

 

ootuti.jpg 

ぜひ、多くの方にお知らせいただけるとうれしいです。

 

 

 少し時間が経ってしまいましたが、3月12日(土)に浅口市寄島町で漁業体験&海底ごみ調査ツアー「船にのって、みんなで知ろう!瀬戸内海の漁業と、海と私たちの暮らし」を開催しました。


 ちょうど前日に東北地方太平洋沖大地震が発生し、その影響による津波注意報が岡山県内でも発令されていました。前日までは、「津波注意報が出ていたとしても、50cmくらいの波ならたいしたことないのではないか・・・」と思っていたのですが、いわゆる普通の波と津波は違うそうで、そのエネルギーは、30cm程度の波でも大型船の係留ロープが切れてしまうほどだとか。また、注意報が発令されている状態では、そもそも港に近づくことも本来は止めておくべきといったご意見もいただきました。


 中止ということも考えたのですが、いよいよ直前ということもあり、とりあえず、漁船に乗っての漁業体験だけは中止にし、その代替プログラムとして、寄島の魚市場の見学(やっているところは見れなかったが)、カキ剥き工場の見学、海底ごみ回収用ステーションの解説などを行いました。

P3121884.JPG

魚市場見学の様子

 

 また、地元の素材を使ったお弁当は予定通り皆さんに食べていただきました。
 漁業体験を楽しみにされていた方には、残念でしたが、漁業者の方があらかじめ海底ごみや、海の生き物を取って来てくださっていたので、それらについて、陸上で専門家による解説なども行ったりしたので、予定外のプログラムも、皆さんそれなりに楽しんで、学んでいただけたのではないかと思います。

P3120063.JPG

専門家による解説

 

 今回の地震では、大津波により阪神大震災をも上回る未曾有の大災害となりましたが、その影響がこちらにも及んでくるとは、思いもよりませんでした。改めて津波の怖さと、そういった自然災害等が発生した場合に対するイベント等の対応など、いろいろと考えさせられる体験学習会となりました。

 被災地の一日も早い復興を心より祈念しております。


しわく

「瀬戸内海」を見に行こう!
−漁業体験と海底ゴミ調査ツアー− の ご案内

海の恵みと地産地消、そして海底ゴミなど、船に乗って身近な海から学んでみませんか
ご参加お待ちしています。

----------------
日時:2009年3月1日(日) 9:00〜14:00 (無料バス利用者は8:00〜15:00)
場所:浅口市寄島沖

集合場所・時間:JR倉敷駅南口(無料バス利用者): 7:50
          寄島町漁協組合事務所前(現地集合):9:00

定員:20名(先着順)、小学校高学年以上(小・中学生は保護者同伴)
申込み:2月25日(水)までに、みずしま財団まで申込み。但し、応募者多数の場合は、先着順で定員に達し次第締め切ります。

参加費:1000円/ 1人(食事代・ボランティア保険代が含まれています)

◆この体験学習会は、独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金助成事業により開催します。

『海のゆりかご』アマモ場を見に行こう!―海辺環境について考える体験学習会―

海の中に生える草・アマモを知っていますか?
アマモ場は、「海のゆりかご」。
生き物が生まれ、育つ場所です。
いっしょに見に行ってみませんか。


日  時:2008年6月15日(日)13:00〜17:00(12:30〜受付)

実施場所:倉敷市味野湾 竪場島周辺
 ※竪場島には、船に乗って移動します。

集合場所:児島観光港(倉敷市児島駅前3-23)

集合時間:12:30 集合

定員・対象: 20名(先着順)
      小学生以上(小・中学生は保護者同伴)
      アマモ場は、水深が40cm程度になりますので、入っても大丈夫な方。

参加費:無料 (平成20年度 地球環境基金の助成により開催します。ボランティア・行事保険をかけています。)

スケジュール:
 12:30〜 受付(児島観光港 入り口) 
 13:00〜 船で移動
 13:30〜 ・アマモ場に関するお話
  16:00  講師:相生啓子先生(国際湿地保全連合顧問)
      ・アマモ場観察
      (生き物観察、アマモの花の観察など)
 17:00   解散

観察に適した格好・持ち物:
 水の中(40cm程度)に入っての観察になります。
 濡れてもいい服装(できれば水着の上に長袖・長ズボン)着替え、タオルなどをご用意ください。

 ※必ず帽子を被りましょう。

 ※魚網、水中めがね、マリンブーツまたは濡れてもいいクツ、軍手などは、あればご持参ください。(みずしま財団でも貸出可)

 ※生きものやアマモの持ち帰りはできません。
 ※スケジュールは、天候等により変更になる可能性があります。
 ※少雨決行。ただし、警報発令時には中止します。

参加申し込み方法:
 必要事項(氏名、住所、電話番号、所属など)をご記入の上、下記連絡先に電話・FAX・e-mailにてお送りください。


連絡先 財団法人水島地域環境再生財団(みずしま財団)担当:塩飽(しわく)
    〒712-8034 倉敷市水島西栄町13−23
    TEL:086−440−0121 FAX:086−446−4620
e-mail:webmaster@mizushima-f.or.jp

山陽新聞、倉敷ケーブルテレビ、玉島テレビ放送、エフエムくらしきの4社の連動企画、「くらしき百景」に、みずしま財団 塩飽研究員が登場しました。

これは、失われつつある歴史的街並み、地元住民しか知らない路地裏や思い出の場所…。誰もが心に大切にしまっておきたい風景を訪ねて歩くという企画で、第97景で登場しました。

推薦したのは、味野湾のアマモ場。

山陽新聞では、11月25日付けの朝刊 倉敷市民版(http://www.sanyo.oni.co.jp/kikaku/kurashiki/97.html)に
KCTやFMくらしきでも放送がありました。

この記事によって、海のゆりかごとも言われる、アマモ場の存在を少しでも多くの人に伝えることができたらいいですね。

海辺の生き物
調べてみませんか?inくらしき

海や海岸の健康度を、イボニシ、カメノテといった海岸生物によって調べます。
皆さんの近くの海岸の健康度をチェックしませんか?

★日時:2007年10月8日(月・祝)午後1:00〜5:00 
★調査地点:児島通生の海岸、高梁川河口干潟

★集合場所と時間:みずしま財団事務所に、午後1:00

★持ち物・服装:動きやすい服装・長靴・筆記用具 
★講師:環瀬戸内海会議 生物調査担当 小西良平
★参加費:無料

★申し込み方法:みずしま財団事務局(塩飽)までご連絡ください
★申し込み締め切り:10月5日(金) 午後5時まで

申し込み・連絡先 みずしま財団 塩飽(しわく)
〒712-8034 倉敷市水島西栄町13-23
TEL.086-440-0121 FAX.086-446-4620
Eメールwebmaster@mizushima-f.or.jp

主催:環瀬戸内海会議 
協力:(財)水島地域環境再生財団(みずしま財団)

※この調査は、「全労災環境活動助成」、「高木仁三郎市民化学基金」の助成を受けて実施しています。

堅そうなタイトルですが
平成18年度地球環境基金の助成をうけ、おこなった瀬戸内海の環境再生にむけた報告書ができあがっています。
(3月にはできていたのに、いまごろのご案内になりスミマセン)

先日、ブログでも報告しました、
「海底ゴミ調査活動報告会「『海のゆりかご』アマモ場について考える―瀬戸内海の再生のために―」
という報告会の内容を紹介したり、環境学習検討会の実施内容をご紹介しています。

報告書の中に
   基調講演「体験学習を通じてアマモ場の重要性を学ぶ」
     特定非営利活動法人 国際湿地保全連合 顧問 相生啓子さん

という項目がありますが、アマモについて詳しくわかり、おすすめです。

よかったら、ご覧ください。

みずしま財団HPからも注文できます。ご利用ください。
このページを参照
(無料ですが、郵送の場合は送料を頂戴します)

『倉敷の海』を知っていますか?

ご案内が遅くなりましたが
平成18年度「ひと、輝くまち 倉敷。」市民企画提案事業 活動報告書ができあがっています!

倉敷の漁業の概要からはじまり、シンポジウムの様子や
ききとり調査の結果など
倉敷の海を海底ゴミという視点からみた現状と課題がわかるような報告書になっています。

ぜひ、ご覧ください!

必要な方は、みずしま財団までお知らせください。
HPからも注文できるようになっています。
(無料です。ただし、郵送の場合は、送料を頂戴いたします。)

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき