お知らせの最近のブログ記事

 水島いいとこ探し(海編)として、観光船に乗って、海から水島を再発見します。

 お父さん、お母さんと一緒に水島コンビナートを海から見てみよう!

 「船に乗って、気になるところ」を写真にとって、みんなでワイワイ話し合おう!

 皆様のご参加をお待ちしています。


日時:2017年3月12日(日)9:00~12:30
場所:水島愛あいサロン会議室、水島港周辺
定員:40名程度
対象:小学生以上の親子など
参加費:500円(軽食、保険代として)

※その他、詳細はチラシをご覧ください。

詳しいお問い合わせは、みずしま財団までお願いいたします。

20170217171944-0001.jpg

昨年8月7日(日)に水島連島地区で開催した「バイクビズ・みずしま
親子で水島のいいところを探そう!」イベント(主催:環境学習を通じた
人材育成・まちづくりを考える協議会)で参加者が撮影した写真を
水島臨海鉄道車内で展示します。

本イベントは、「水島いいとこ探し」で地域住民から挙げられたいいところを
実際に訪れることで、地域の魅力を再発見し、地域への愛着を育むことを目的に開催しました。

ぜひ、水島臨海鉄道に乗って、参加者のユニークな視点で撮影された水島(連島)の写真をご覧下さい。

展示期間:2月10日(金)~20日(月)までの11日間。

1両の車両の中吊りに作品を展示しています。
展示車両の運行時間は、以下の通りです。

倉敷方面(上り)        水島方面(下り)
 水島駅 10:31発        倉敷市駅 11:00発
      11:31発              12:00発
      13:51発              14:20発
     14:51発              15:26発
        
 ※運行時間は変更になる場合があります。水島臨海鉄道のHPでご確認ください。

PC210417.jpg

PC210422.jpg

※写真は、2014年に実施した時の様子です。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

先日来ご案内をさせていただいておりました、
シンポジウム「世界一の環境学習のまち みずしまを目指して」が、
いよいよ明後日に迫ってきました。

お申し込みをいただいている皆様に、最終のご確認です。

【概要】
 日時:2016年12月23日(金・祝) 13:00~16:30
 場所:水島愛あいサロン コミュニティホールA~C
    (アクセス http://mizushima-ii.com/access-2/
 対象:水島の将来に関心のある市民、水島コンビナート・地元企業関係者、行政関係者など
 定員:120人
 後援:環境省中国四国地方環境事務所、岡山県、倉敷市、岡山大学

また、多少お席に余裕がありますので、当日受付もさせていただきますが、
できれば事前にお申し込みをいただけるとありがたいです。

水島の未来を考える第一歩となるシンポジウム、
ぜひ一緒に語り合いましょう。

20161223 shinnpo omote.jpg

20161223 shinnpo ura.jpg

岡山県では、環境に関するパブリックコメントを募集中です。

◆第四次岡山県廃棄物処理計画(素案)への意見

http://www.pref.okayama.jp/page/456744.html

◆新岡山県環境基本計画」の見直し素案に対する意見募集

http://www.pref.okayama.jp/page/493570.html

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

水島地域では、2013年度に市民・企業・行政・大学等の教育機関が集まって
「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」を立ち上げ、協働による
「世界一の環境学習のまち みずしま」を目指した取組みを進めています。

この度、「学び」をキーワードに高梁川流域との連携を進め、
水島における学びの取組の可能性や展望、さらには水島の未来について
ともに考えるシンポジウムを開催します。

水島において、市民・企業・行政・大学等が一堂に会し、水島の未来について
語り合う初めての試みとなります。
ぜひ、水島の未来について、一緒に語り合いましょう。

皆さまのご参加をお待ちしています。


【概要】
 日時:2016年12月23日(金・祝) 13:00~16:30
 場所:水島愛あいサロン コミュニティホールA~C
 対象:水島の将来に関心のある市民、水島コンビナート・地元企業関係者、行政関係者など
 定員:120人
 後援:環境省中国四国地方環境事務所、岡山県、倉敷市、岡山大学

 スケジュール:
  13:00  開会 あいさつ:
  13:00~13:05 来賓あいさつ:伊東香織倉敷市長
  13:05~13:10 趣旨説明
  13:10~14:35 リレー報告:「学び」を通じて高梁川流域の未来をつくる 
           ①矢掛での取組み(室貴由輝氏 YKG60共同代表)
           ②新見での取組み(仲田芳人氏 かのさと体験観光協会事務局長)
           ③笠岡での取組み(石井洋平氏 かさおか島づくり海社事務局長)
           ④高梁川流域学校の取り組み(岡野智博氏 高梁川流域学校事務局長)
           ⑤水島企業の取組み(丹田史彦氏 JFEスチール株式会社西日本製鉄所(倉敷地区)総務部長)
           ⑥岡山市ESDの取り組み(内藤元久氏 岡山市ESD推進課主幹)
  14:35~14:45 休憩
  14:45~15:05 特別ゲスト演奏
         ムジカくらしき弦楽四重奏
  15:10~16:30 パネルディスカッション
         テーマ:水島の可能性と将来展望 ~協働による学びが拓く未来~
         パネリスト:①高梁川流域学校関係者(大久保憲作氏 高梁川流域学校代表理事)
               ②大学など教育研究機関関係者(荒木勝氏 岡山大学副学長)
               ③産業経済界関係者(野村泰弘氏 三菱自動車工業(株)水島製作所副所長)
               ④行政関係者(佐藤慶一氏 倉敷市環境政策部次長)
               ⑤みずしま財団(塩飽敏史 みずしま財団理事・研究員)
         コーディネーター:三村聡氏(岡山大学地域総合研究センター)
  16:30  閉会

お問い合わせ・お申し込み先
 環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会
 事務局:みずしま財団
 〒712-8034 倉敷市水島西栄町13-23 電話086-440-0121 FAX.086-446-4620
  webmaster@mizushima-f.or.jp http://www.mizushima-f.or.jp/  

※平成28年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金助成事業として実施します。

20161223 shinnpo omote.jpg

20161223 shinnpo ura.jpg

こんにちは。理事・研究員の塩飽です。

11月29日(火)、水島について学び、水島の学びを支える人材育成を目指した連続講座の第2回を開催します。

今回は、第1回目に続き、郷土史家の国守卓史さんに福田・連島の新田開発のその後から
東高梁川の廃川地化、水島の中心地域の成り立ちについてお話しいただきます。


地域の歴史に興味のある方、水島での学びを支えてくださる方のご参加をお待ちしています。

詳細は、添付のチラシをご覧ください。


3回連続講座 水島学講座(初級編)
 第2回 みずしまの歴史を学ぶ

 日時:11月29日(火)13:30~15:30
 場所:倉敷市環境学習センター 環境学習教室
 内容:第2回 郷土史話②  
     水島の生い立ち
      講師:国守卓史氏(郷土史家、元倉敷市市史編纂室室長、水島支所長)
 参加費:300円
 対象:環境学習や地域の歴史に興味のある方
    水島の環境学習を支えてくださる方  
    留学生、大学生など

 申し込み方法:参加希望の方は、お名前、住所、連絡先、所属をご記入の上
        みずしま財団までFAXまたはメールにてお申し込みください。

 問合せ・申込先:公益財団法人 水島地域環境再生財団(みずしま財団)担当:塩飽
         〒712‐8034 倉敷市水島西栄町13‐23
         TEL:086‐440‐0121 FAX:086‐446‐4620
          e-mail:webmaster@mizushima-f.or.jp

※本講座は、平成28年度地球環境基金の助成を受けて開催します。

mizushimagaku-2.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

いよいよ直前のご案内ですが、11月12日(土)は、
水島で夕暮れガーデンが開催されます。

ジャズやダブなど、県内外からアーティストが集結し、
催されるライブをソファーに座りながら満喫できる
何とも贅沢な企画です。

その他、スペシャルなカクテルやスペシャルコーヒー、
スペシャルフードと何ともスペシャルな企画です。

水島の夜をまったりと過ごしてみませんか。

ぜひ、ご参加ください。


時間:15:00~21:00
会場:倉敷市水島西常盤町第2公園
主催:水島商店街振興連盟
お問い合わせ先:090-7994-8823(担当:オザキさん)

※詳細は、チラシをご覧ください。

20161111203212-0001.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

7月に開催した「海をもっと知ろう!漁業体験」の
第2回目(11/12)の申し込み締め切りが、10/28となっております。

30名定員に現在23名のお申し込みをいただいておりますので、
もう7名分定員に余裕があります。

どうしようか、まだ迷っておられる方、ぜひこの機会に
親子で海の思いでづくりをしませんか。

皆さんのご参加をお待ちしています。


本イベントは、日本財団「海と日本プロジェクト2016」の一環として開催します。

20160624115248_ページ_1.jpg

20160624115248_ページ_2.jpg

こんにちは。理事・研究員の塩飽です。

この度、みずしま財団が事務局を務める「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」の主催で、
水島について学び、水島の学びを支える人材育成を目指した連続講座を開催します。

第1回は、江戸時代以前から始まる干拓の歴史について、福田町を中心に郷土史家の国守卓史さんに
お話しいただきます。

かつて水島は、海だった!?

豊臣秀吉の備中高松城の水攻めとのつながり!?

福田新田と大岡越前!?

地域の歴史に興味のある方、水島での学びを支えてくださる方のご参加をお待ちしています。

詳細は、添付のチラシをご覧ください。


3回連続講座 水島学講座(初級編)
 第1回 みずしまの歴史を学ぶ

 日時:10月25日(火)13:30~15:30
 場所:倉敷市環境学習センター 環境学習教室
 内容:第1回 郷土史話①  
     福田新田開発史
      講師:国守卓史氏(郷土史家、元倉敷市市史編纂室室長、水島支所長)
 参加費:300円
 対象:環境学習や地域の歴史に興味のある方
    水島の環境学習を支えてくださる方  
    留学生、大学生など

 申し込み方法:参加希望の方は、お名前、住所、連絡先、所属をご記入の上
        みずしま財団までFAXまたはメールにてお申し込みください。

 問合せ・申込先:公益財団法人 水島地域環境再生財団(みずしま財団)担当:塩飽
         〒712‐8034 倉敷市水島西栄町13‐23
         TEL:086‐440‐0121 FAX:086‐446‐4620
          e-mail:webmaster@mizushima-f.or.jp

20161025 chirashi.jpg

9月も最終週となり、秋の季節になりましたね。

秋と言えば・・・・スポーツの秋!

でも、「運動を続けるのが難しい」

「ハードな運動は無理」

「でもなにかしないと健康が保てない」というかた、フライングディスクという運動負荷の少ないスポーツがあります!!

みずしま財団では、今年ははじめて、

在宅酸素患者さん・COPD患者さんのための呼吸リハビリ教室として、

フライングディスクを取り入れました。

どうぞ、ご家族やご友人とお誘いあわせで、ご参加ください。

tirashi kannjyamuke 2016 1030_ページ_1.jpg

参加費は無料です。

岡山県障害者フライングディスク協会の講師の方がご指導くださいますので、はじめてのかた大歓迎です。

■日時:10月30日(日)10~12時

■場所:水島愛あいサロン コミュニティフロアD(倉敷市水島東チドリ町1-50)

■対象:患者さん10~15名 (ご家族や医療スタッフを同字くらいの人数、募集します)

■主催:(公財)みずしま財団 

■後援:倉敷市・(公社)倉敷市連合医師会(申請中)・(一社)岡山県病院協会倉敷支部

※(独)環境再生保全機構地域におけるCOPD対策推進事業(NPO法人等との協働)として実施

■ちらしPDFデータ

tirashi kannjyamuke 2016 1030.pdf

■申込み欄 (ちらし裏)

tirashi kannjyamuke 2016 1030_ページ_2.jpg

詳しくはチラシをご覧いただくか、みずしま財団までお電話ください(電話086-440-0121)

1  2  3  4  5  6  7

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき