講師派遣の最近のブログ記事

2018年6月23日土曜日、吉備国際大学の第14回エデュカーレに講師として招かれ、

行ってまいりました。吉備国際大は岡山県高梁市にあります。会場の国際交流会館です。

エデュカーレとは、吉備国際大学社会科学部井勝研究室が主催するもので、
地域の題材を基にして、地域の先達・市民と学生・若者が参加するワークショップイベントです。

DSCF4856.JPG

看板がありました。

DSCF4857.JPG

まずは、学生さんたちから情報提供ということで、食品自給率のこと、食品廃棄のことを

データで紹介くださいました。

情報提供食品2.jpg

つづいて、アイスブレイク。様々な方法で試みられていました。

みずしま財団藤原が担当する、フードマイレージ買い物ゲームは90分。

5グループにわかれて、夕食のメニューを考え、ゲームで買い物をします。

今回は㈱吉備ケーブルテレビさんの取材がありました!

manabi.jpg

吉備国1.jpg

フードマイレージ買い物ゲームの後に、もっと深めるためにの時間がありました。

ワールドカフェの方法論で、「フードマイレージを減らすために」をお題に、意見交換が進んだようです。

manabi1.jpg

感想を共有し、学生さんたちと一緒に学び合うことができました。

吉備国際大学は文字通り、様々な国からの留学生がいて、ともに学び合う。

この企画運営を学生自身が担うことをつみかさね、国を超えて仲間ができている感じがしました。

井勝先生の研究室は雰囲気がとてもよかったです。

市民の方がお二人ほどいらっしゃいましたが、もっとたくさん参加くださるといいですね。

講師にお招きいただき、ありがとうございました。

36030308_1765837060161967_2885850090243620864_n.jpg

講師派遣の報告です。

2018年3月28日、イオン倉敷において開催された、小学生向けに実施された、「ESD・商品探検イベント」に、進行役・講師として参加しました。(主催倉敷市)

まずは、岡山フェアトレードの会の田仲さんが、コットン古都夢さんで販売されている商品を持ってきてくれ、コーヒーやチョコレート、ジュートという麻で作られた文具などを紹介。

つづいて、イオンリテール㈱の加藤さんが、有機マークや様々なエコマークを紹介、イオンで販売している商品も教えてくれました。

売り場でこの商品を探すという探検が、今回の内容でした。

チェックシートと探検マップを手に、3グループにわかれて、探す小学生たち、

「こっちにあった」「2つもマークがある!」と発見しながら結果を記入していきました。

ふりかえりでは、気づきや自分でできる行動などを話し合いました。

90分は、あっという間の時間でした!!

企画実施に当たって、イオンのご担当の方や倉敷市職員の方と、子どもたちにとって良い学びと経験になるようにと話し合えたのが良かったなと思います。

img-402144852-0001.jpgのサムネイル画像

DSCF3181.JPG

美咲町立旭中学校2年生の家庭科の授業で、先生が「今年度の最後の家庭科の授業です」

とお話され、授業がスタートしました。

参加型教材「フードマイレージ買い物ゲーム 岡山版」(作成あおぞら財団)を使った授業です。

45分授業が2コマで、しかも人数も、ゲーム参加が3グループで少なめということで、

グループでの話し合い・発表・たねあかし・地球温暖化の問題を考える・ふりかえりが丁寧にできました。

ふりかえりやまとめの中で、SDGSの話もしました。SDGSが2030年の目標とすれば、今日の授業のみんなは中学2年生、14歳の人たちが、26歳になる頃。誰かほかの人ではなく自分事になるように、つなげられるといいなと思います。公立高校入試の英語にも出題されたよとお話しました。

うれしそうに中2のみなさんが最後のあいさつをしてくれました。きっと参加型のゲームでの学びが、自分ならではの気づきがあって楽しかったのではないかと思います。

20180314 1.jpg

今年度も小学校・中学校・公民館等講座で実施させていただきました。

わたくしどもが講師に行かせていただく場合は有料なのですが、岡山県のかんきょうひろば(事務局アスエコ)というしくみを利用いただければ、学校側の負担はありません。

教材貸出もしています。(有料です)

興味のあるかたはぜひお声掛けください。

井原市が主催する、環境マイスター養成講座の最終回に、藤原が講師としてお招きいただきました。

「地産地消から環境について考えよう~フードマイレージ買い物ゲーム~」というテーマが頂いたお題ですが、会場が美星産直プラザ・星の郷観光センターなのでぴったりのようです。

8回連続講座の最終回ということで、修了式や認定式のある回でもあり、また講座の前には、「エコまちモデル事業 電気自動車急送充電器・太陽光発電型LED証明のオープニングセレモニー」もあり、担当の方は大変だったかな~と思います。

それにしても、食をテーマにした学習は、年代問わず、もりあがります。今回の環境マイスター養成講座の受講生の皆さんは比較的年配の方が多かったのですが、無駄を出さない調理方法について工夫や知恵をたくさんお持ちのようで、発表を聞いていて、その点も面白いなと思いました。

講座の写真がないので、エコまちモデル事業のオープニング式を3枚ほど掲載します。高速充電器の充電実演をていねいに説明し、それをみなさんが熱心に聞いている様子。市で購入された電気自動車は保健部局で使われるとのこと、地域を走り回って活躍するのでしょうね。1.jpg

2.jpg

3.jpg

おかやまかんきょうひろば出前授業(主催岡山県、事務局アスエコ)の一環で、岡山市立高島中学校3年生に授業をしてきました。

1.png

社会科「これからの経済と社会」の単元として、水島の公害から学ぶ環境学習です。この内容に加えてキャリア学習の側面もとのことで、今回50分授業内容を組み立てました。

ここ高島学区は公民館活動や町内会のみなさんが、地域固有の淡水魚を守っている地区です。中学生もボランティアで川掃除をするなどしているそうです。

写真集みずしま(みずしま財団2006年発行、写真森本二太郎、吉備人出版)を事前学習につかって、「好きな写真・文章」を選んでもらい、自分原風景・原体験を思い出しながら、環境への思いを掘り起こしてもらって、授業にのぞみました。

中学生向けの環境学習は少ないといわれていますが、今回、よい機会を現場の先生からお声掛けいただき、実施することができ、感謝しています。

ご要望があれば県内各地へおうかがいします。ぜひお声掛けください。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

1月16日(火)岡山県立倉敷南高校「キャリアⅠ仕事の達人講座」でお話をしてきました。

これは、倉敷南高校が取り組まれている「倉敷『町衆』プロジェクト」の一環として実施されたもので、13名の社会人講師が法律や教育、理工学といった分野に分かれて、仕事内容の紹介や、その中での喜びや苦しみ、国際社会とのつながりといった内容でお話をするというものです。 私は、環境の分野でお話をさせていただきました。

DSC09594.jpg

みずしま財団の現在の活動、水島の教訓を海外も含めて発信し、活かしていく取組や、大学生時代の専攻「地理学」と現在の仕事との関係などお話しました。理系(生物)専攻の生徒さんにとって、少し違った分野のお話として、将来の進路の参考や視野を広げるきっかけとなったなら幸いです。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

1月15日(月)に、公害患者さんお二人と一緒に、 水島小学校の5年生の授業で水島の公害について お話しをしてきました。

P1152222.jpg

まず、水島の成り立ちから公害の発生、公害裁判や 企業・行政の環境対策の取り組みなどについて 協議会とSTOP温暖化くらしき実行委員会で作成した 環境学習DVD「みずしま物語」を使って説明しました。 (環境学習DVD「みずしま物語」は、今後市内小学校に配布予定です)

P1152228.jpg

その後、患者さんから公害病の大変さ、当時の大気の様子、 これからの水島に対する思い といったことをお話しいただきました。

P1152230.jpg

今年で4回目となる授業ですが、今年の児童さんも とても熱心に話を聞き、積極的に質問をしてくれました。

身近な地域の歴史について学べる公害学習の出前授業を行っています。 ぜひ、お気軽にお声掛けください。

岡山県主催で、ライフパーク倉敷にて、海ゴミに関する展示会&講演会があります。講師のひとりに、みずしま財団理事・研究員塩飽敏史が登場。

午前の部は、小学生の親子の皆さん向けに、お話します。

午後の部は、専門家によるマイクロプラスチックのお話!

★展示会(2018年1月26~27日):ライフパーク倉敷 2階第3会議室 9:30~16:30

★講演会

11:00~12:00 塩飽敏史「海のごみのおはなし~みんなで守ろう私たちの美しい瀬戸内海~」

13:00~13:50 活動報告「山陽女子中学・高等学校地歴部の活動」オリジナル海ごみかるたの紹介も!!

14:00~16:00 東京農工大学農学環境資源科学科教授 高田秀重氏「海を汚染するマイクロプラスチック:3Rとプラゴミの現状」

詳しくはこちら

img-Z26114204-0001.jpg

img-Z26114204-0002.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

この11月25日(土)にライフパーク倉敷で開催される 「水がつかめる!? 不思議な容器作りと自然に還らないゴミのおはなし」講座で お話をさせていただきます。

自然に還らない物質でできたごみが、長年海や山に置き去りにされることで、 生態系や自然にどのような影響を与えるのか、実際のごみや写真を基に お話しします。

本講座では、ワカメから生成される成分でつくる不思議な水の容器作り体験も 行います。

楽しい体験とお話を通じて、ごみの減量化や環境保護について、 考えてみませんか?

詳細は、添付のチラシをご覧ください。

日時:11月25日(土)10:30~12:00 対象:小学4年生~6年生 定員:24名 材料費:100円程度 準備物:タオル 連携先:倉敷市一般廃棄物対策課 講師:塩飽敏史(みずしま財団理事・研究員)

本講座は、「平成29年度くらしき市民講座」として開催されます。

詳しいお問い合わせ、お申し込みは、ライフパーク倉敷市民学習センター (TEL:086-454-0011)までお願いします。

20171010165630-0001.jpg

20171010165630-0002.jpg

皆さんこんにちは。研究員の塩飽です。

2月18日(水)に、公害患者さんお二人と一緒に、
水島小学校の5年生の授業で水島の公害について
お話しをしてきました。

 

P2186189.jpg

まず、私が水島の成り立ちから公害の発生、公害裁判などについて
概要を説明しました。

 

P2186198.jpg

その後、患者さんから公害病の大変さ、当時の大気の様子、
そしてどのような思いで裁判を行うことになったのか
といったことをお話しいただきました。


今年で2回目となる授業ですが、今年の児童さんも
とても熱心に話を聞き、積極的に質問をしてくれました。

みずしま財団では、身近な地域の歴史について学べる公害学習の

出前授業も行っています。


ぜひ、お気軽にお声掛けください。

1  2  3  4  5

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき