開催報告の最近のブログ記事

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

6月17日(日)、第61回目となる八間川調査を実施しました。

まず、八間川大根洗い場で、倉敷市環境学習センター職員の解説により CODパックテストを使った水質調査を行いました。

P6170848.JPG

当日は、水量が少なかったこともあってか、農業排水路側でCODが10、 工業排水路側でCODが8という値でした。

P6170855.JPG

その後、実際に川に入って、生きものしらべを行いました。

P6170870.JPG

P6170879.JPG

生きものしらべでは、メダカをはじめ、6種類の魚と12種類の 水生昆虫等が確認されました。 見つかった生きものの解説は、田賀辰也先生にしていただきました。

今回も参加してくれた倉敷芸術科学大学の学生さんが全長70㎝オーバーの コイを捕まえるなど、活躍してくれました。P6170858.JPG

その後、東川町公民館に戻り、「倉敷市の水辺環境について」の お話を倉敷市環境学習センター中尾優さんにしていただきました。

P6170880.JPG

次回は、8月26日(土)に倉敷市環境学習センターと連携して、 エコサマースクールの一環として開催します。 こちらは、参加申込が必要ですので、関心のある方は、 倉敷市環境学習センターHPをご覧ください。

http://www.city.kurashiki.okayama.jp/item/107105.htm#itemid107105

2017年3月12日日曜日、水島いいとこ探し(海編)海からみずしまのまちを見てみよう・考えようを実施しました。

今回は観光船に載って、海からみずしまを再発見しようと呼びかけたところ、幼児・小学生14名、中・高生6名、大人24名の44名のご参加がありました。講師・スタッフの7名を合わせ51名、会場は満員御礼でスタート。

ファシリテーターは、嵯峨創平さん(岐阜県立森林文化アカデミー教授)と、岡亜希子さん(NPO法人体験学習協会)のお二人がご担当くださいました。

kaijyou2.jpg

まずは発見してほしいこと・ものの紹介。

「へぇ~」、「おもしろい」、「なんでだろう?」など、気になるところをグループで写真を撮影くださいと提示。

hakkennsitehosiimono.jpg

準備がOKとなって、歩いて15分の水島港へ出発します。船の中での解説は古川明さん(環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会/水島家守会社Nadia)。

kuru-zu.jpg

kuru-zu2.jpg

そのころ、会場では、机を整え、みなさんが帰ってくるところを待ちます。

matteruyo.jpg

みなさん、どんな発見があったのでしょう??

会場に戻られたみなさん、見つけた「みずしま」をグループで話し合います。

kaijyou.jpg

発見した視点を、文章にします。自分が気付かなかったところの視点に気づいたり、盛り上がります。

他のグループの視点も気になるところ・・・・

ファシリテーターの岡亜希子さんの進行で、みんながほかのグループを見に行きます。

shitenn1.jpg

shitenn2.jpg

shitenn3.jpg

これ、ステキ!!!

shitenn4.jpg

たくさん書いてくれたね!!

shitenn5.jpg

"船の病院"という表現はいいですね

shitenn6.jpg

全員のは掲載できていませんが、こどももおとなも、新しい発見がありました。

地元のパン屋エンゼルさんに地元産のレンコン・ごぼうを使ったパンセットを作ってもらい、軽食をたべながらの対話の時間。

大人も子どもも、みんなで水島を語り合う座談会となりました。

パンセットの写真を撮り忘れてしまい、残念です。

個人的は今回のチラシのデザインがとても好きでした。講師・解説をご担当いただいた3人をはじめ、準備から手伝ってくださった関係者のみなさん、参加くださったみなさん、ありがとうございました。

umitirashi.jpg

後日、エンゼルさんにパンを買いに行ったところ、「あのパンセット、どうだったかしら~」と尋ねられたので、みなさんに好評だったことをお伝えしました。色々な方の協力で、無事に終了しました。ありがとうございました。

2017年3月5日、第二回目のフライングディスク体験、今回もまた、笑顔あふれる呼吸リハ教室となりました。

egao.jpg

フライングディスク体験としては2回目の今回は、倉敷第一病院さんと共催での実施となり、会場提供をはじめ、医療スタッフのみなさんに大変お世話になりました。

参加者は、患者さん13名、ご家族1名、医療スタッフ等21名、合計35名、講師を含めて会場は37名の人数で実施しました。

まず初めに、倉敷第一病院 理学療法士の藤原耕三さんから、呼吸器患者さんの病気のこと、運動がなぜ大事なのかということをお話を伺いました。しんどいから動かないと筋力が落ち、食欲もなくなり、しんどくなってしまう負のスパイラルに陥ってしまう。

そうならないように運動は大事。継続するには、楽しみながら取り組めるのがいいですよね・・・ということで、注目されているのがフライングディスクです。

長野県の呼吸器内科医師大平峰子医師が長年取り組まれているそうで、学会での報告があり、徐々にひろがってきています。

rekutya.jpg

倉敷では、フライングディスクは今年度初めての試みです!

実施にあたって、岡山県障害者フライングディス協会に指導・助言、資材の貸し出し、レクチャーを依頼しています。

協会からお二人が来てくださいました。フライングディスクの扱い方を聞いて、準備体操をみんなで行います。

himenosennsei yosidasennsei.jpg

在宅酸素を使っている人も、医療従事者も、みんな体験。

キャッチ&スローで互いに投げ合う体験と、

輪にむかって投げるアキュラシー体験をしました。

akyurashi.jpg

わははと大笑い。

最後はみんなで集合写真。

受付の健康チェックをして、解散となりました。

syuugou.jpg

uketuke.jpg

(写真は始まりの時の健康チェックの様子)

満足感の高いこの講座、来年度も引き続き実施できるようにと考えています。一人でも多くの呼吸器の患者さんが、外出や交流の機会として、わははと笑って、利用してもらえればいいなと思います。

協会の講師のお話では、今回は協会認定のディスクを使いましたが、ご自宅や小グループで実施する場合は、紙皿3枚をセロハンテープ等でくっつけて、ペットボトルにめがけて投げる(点数をつけて競うとゲーム性が出る)など、お金をかけずに身近にある素材でもできるそうです!

みなさんもぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

2017年3月23日(木)14~16時、倉敷市環境学習センターにおいて、企業のCSR勉強会を開催しました。環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会(事務局みずしま財団)として、地域社会の未来をつくるパートナーとして、企業と地域のコミュニケーション力を高めることを目的としたもので、今回が初めての開催となります。

企業市民ワーキンググループのグループリーダー古川明さんに開会のごあいさつをいただきました。

具体的な学習の内容としては、昨年秋に、水島コンビナート企業のCSRの実施状況をアンケート調査させていただいた内容の結果をみずしま財団塩飽が報告しました。

houkoku1.jpg

続いて、講演「企業のCSRの概念と可能性」と題して、企業行動研究センター所長 菱山隆二氏のレクチャーです。

kouenn.jpg

今回はCSR(企業の社会的責任)を広く、深く考えてみることとし、お話します。

企業は社会的存在であり、社会・環境に責任を負う存在。世のため人のためという企業理念をどの社も持っている。CSRとは本業を生かして持続可能な社会を目指すこと。そのことにより企業自身の価値を高めることにつながる。まずは負の影響をただすこと、そして、社会的課題の解決という2点がある。

企業は現在、ESG(環境・社会・ガバナンス(企業統治))で評価される時代で、国連で「責任投資原則」(2006)で投資分析、意思決定、資金運用など投資家や地域社会へ見える化、適性開示が求められる時代となっている。

企業が直面する重要な3つの社会的責任として、1)人権、2)環境、3)地域社会への参画・社会貢献がある。(この3つを具体的な事例を基にお話されました。)

中小企業にとっては人的資源が少なく、厳しいが経営者自身が参画すればユニークに発展させる可能性があり、意義は大きい。地域社会との良好な関係は仕事や雇用面の重要な基盤となる。共存共栄の実現や、地域社会の多様な価値観、情報・知識、ノウハウが得られる。持続可能は発展を構築することができる。

rennkeiisoge.jpg

具体的な取り組み事例は色々あるが、社会研修にNPOの人を招き、話を聞くのはよい。企業OBが地域で活躍することもよいこと。過去には、日経新聞の「経済教室」に、"企業 NPOなどと連携いそげ"と執筆したことがある。 

CSRの取り組みを進めるためには、NPOなどとの連携をより広げていくことの重要性と、組織を構成する個々人にも社会に対する責任があり、私たち一人一人の志・行動にかかっている、とお話されました。

講演後の質疑応答では、「NPO側の立場として、企業と接点を持ちたいと思っているが、あやしい・・・と思われずに信頼をえられるにはどうしたらよいか?」の問いには、NPOは情報発信を進めるとともに企業側も臆することなく構えていればいいとの回答がありました。日頃からのコミュニケーションも大事とのことです。

今回初めて実施したアンケート調査や、勉強会がコミュニケーションの第一歩になるかな・・と期待して終了となりました。

講師の菱山さん、開会あいさつをご担当いただいた企業市民ワーキンググループ古川明さん、準備にご協力いただいた関係者のみなさん、参加者のみなさん、ありがとうございました。次年度もどのような形の勉強会がよいか考えていきます。

1月26日(木)、「地域資源を活かした教育旅行を考える勉強会」を開催しました。

午前中は、実際に水島で現在行っているフィールドワークを体験していただきました。

P1260574.jpg

午後は、講演とワークショップでした。

水俣・芦北で実際に教育旅行のプログラムを組み立てられた
吉永利夫氏(株式会社ミナコレ 代表取締役)による講演は、とても具体的で
分かりやすく、水島にも色々と示唆を与えていただきました。

P1260591.jpg

  吉永利夫氏による講演の様子

ワークショップは、川中大輔氏(シチズンシップ共育企画 代表)のコーディネートで
進められ、こちらも教育プログラムを組み立てる時の考え方を整理していただきながら
実際に水島でのプログラムを考えることができました。

P1260598.jpg

  川中大輔氏によるレクチャーの様子

P1260609.jpg

  ワークショップの様子

講師の先生方、参加者の皆さん、1日お疲れ様でした。

水島での具体的なプログラムづくりに向けて、いよいよ本格的に考えていきたいと思います。

12月19日から開催しておりました「高田昭雄写真展 水島の記録1968-2016 」を

12月24日正午にて、終了いたしました。約350名の方にご来場いただきました。

「新聞で見て、もっと早くに来るつもりが最終日になってしまった。でもこれてよかった・・・」

「うん、この回収作業、私もね協力したんだよ」

「この高炉で働いたよ」

「こんなところが今、あるんかな・・・」

最終日にもたくさんの対話がありました。

写真展開催中は、撮影した高田昭雄さんと来場者が語り合う姿が印象的でした。

懐かしい思い出が皆さんからたくさん聞くことができました。

高田昭雄さんの写真は、写真作品として素晴らしいだけでなく、歴史の記録としても貴重であり、地域の財産といえるものです。

この写真を見て思い出すお一人おひとりの思いが次世代につながって、これからの水島がよりよい地域になっていくこと、

過去に学び未来をつくりだしていこうとする若者が、水島に訪れることを今後も、期待しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なお、見逃してしまったという方!来年5月10~16日に、岡山市内で開催します。

ぜひ足をお運びください。

saisyuu4.jpg

saisyuubi 3.jpg

sisyuubi.jpg 

倉敷公害訴訟和解20周年の記念事業の一環として開催しました。

ごあいさつ.jpg

2016年12月23日、シンポジウム「世界一の環境学習のまちみずしまをめざして」が無事に終了しました。

130名の方々が集まってくださり、水島の可能性と未来について、考えることができました。総合司会ご担当三村聡先生をはじめ、リレー報告の発表者のみなさま、パネリストのみなさま、参加者のみなさま、本当にありがとうございました。来賓あいさつには倉敷市の伊東香織市長にご挨拶いただきました。

ムジカくらしき弦楽四重奏の皆様にはゲスト演奏いただきました。また、水島家守会社Nadiaのみなさんの出張カフェもがあり、人気でした。

詳細報告は後日とし、今回は発表された方のお名前と、写真でふりかえります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内容

◇リレー報告

・YKG60共同代表 室貴由輝氏

・かのさと体験観光協会事務局長 仲田芳人氏

・かさおか島づくり海社 石井洋平氏

・高梁川流域学校事務局長 岡野智博氏

・JFEスチール㈱西日本製鉄所(倉敷地区)総務部長 丹田史彦氏

・岡山市ESD推進課主幹 内藤元久氏

◇ムジカくらしき弦楽四重奏の演奏

◇パネルディスカッション 水島の可能性と将来展望

・高梁川流域学校代表理事 大久保憲作氏

・岡山大学理事・副学長 荒木勝氏

・三菱自動車工業株水島製作所副所長 野村泰弘氏

・倉敷市環境政策部次長 佐藤慶一氏

・みずしま財団理事・研究員 塩飽敏史

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

写真で様子を紹介します。

主催挨拶:太田映知(みずしま財団副理事長)

syusaiaisatu.jpg

来賓挨拶:伊東香織氏(倉敷市長)

raihinnaisatu.jpg

リレー報告

takahashigawaryuuiki.jpg

ムジカくらしき演奏

演奏.jpg

パネルディスカッション

kouenn2.jpg

非常に盛り沢山な内容でした。企業・行政・住民・大学など教育機関が、

一堂に会して水島の可能性と将来を語り合う貴重な機会となりました。

ここが出発点、発展・展開のために、今後も協働(パートナーシップ)で進めていきたいと思います。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

11月12日(土)に、今年2回目となる「海と日本プロジェクト 海をもっと知ろう!」(漁業体験)を
開催しました。

普段あまり見ることのない漁業を体験することで、海と私たちの
暮らしとの関わり、そして海ごみの問題を知ってもらい、
体験したことを周りの人に広げることを目的とした企画です。

参加者は、親子8組(19名)でした。

当日は、絵にかいたような秋晴れの空の下、寄島三郎島漁港に集合し、
簡単な注意事項等の説明を行った後、早速3隻の漁船に乗りこみました。

IMAG0615.jpg

今回も、小型底曳網漁業を体験してもらいました。
なかなか見ることのできない漁業の現場に、参加者の皆さんは興味津々でした。

網を漁師さんが空けると、シロシタビラメ(ゲタ)やシャコ、
ワタリガニ、エビなどが出てきました。
今回は、シャコやエビが特に多かったです。
参加者は、それらを選り分ける体験をしていただきました。

PB120106.jpg

何と、今回はスナメリもちょっとだけ顔をのぞかせていました(残念ながら、写真はありませんが...)。

また、魚介類と一緒に網にかかってくる海底ごみも一緒に回収し、
港に帰ってから、参加者の子どもさんに協力してもらい、
その重量を計測しました。

PB120118.jpg

身の回りにあるごみ(空き缶やポリ袋、魚焼き用の網など)が
海の底から上がってきていることに、皆さんおどろいた様子でした。


漁業体験後は、寄島町漁業協同組合の事務所に移動して、
瀬戸内の幸を活かしたお弁当を食べました。
この時期ならではのワタリガニやシャコに皆さん舌鼓を打っていました。

PB120141.jpg

食後は、福田富男先生(吉備国際大学)によるお魚の解説がありました。
ナマコやウニ、貝類など、普段食卓に上がらない魚介類の解説もあり、
海の生きものの多様性を感じることができました。

PB120149.jpg


最後は、今日の体験で感じたことや気づいたことを
大切な人に届けようということで、絵手紙づくりを行いました。

PB120164.jpg

PB120158.jpg


皆さん一生懸命思いを込めて描いていただきました。

とても素敵な作品ができました。

PB120165.jpg

PB120166.jpg

参加者からは、「子どもの目が輝いていた」、「帰った後もまわりの方に
こういうことがあったと話したい」といった感想をいただきました。

漁業体験や、絵手紙を通じて海に関心を持ってくれる人が
たくさん増えることを願っています。

※本イベントは、「海と日本プロジェクト2016」(日本財団)の一環で開催しました。

2016年10月30日10~12時、

在宅酸素・COPD患者さんのための呼吸リハビリ教室~フライングディスクを体験しよう~が

無事に終了しました。

((独法)環境再生保全機構 公害健康被害予防事業の一環として実施しました。)

集合写真3.jpg

「運動することはよいとわかっていても負担が大きいのは難しい」、

「外出の機会が極端にすくなく、家に閉じこもりがち」という呼吸器の患者さん。

今回は、フライングディスクを取り入れた運動で、

みなさんものすごくよい笑顔で、楽しいひと時となりました。

(患者さん9名、医療従事者・ご家族・講師・スタッフ27名、合計36名)

投げ方練習.jpg

佐藤雅昭氏(コープリハビリテーション病院理学療法士)から運動療法のお話を聞いた後、

岡山県障害者フライングディスク協会の講師おふたりから、ディスクの投げ方を教えてもらいます。

キャッチアンドスロー.jpg

キャッチ&スローとして、ペアになって、ディスクを投げ合います。

最初は近くで、だんだん椅子を話して離れても届くように・・

続いて、アキュラシ―競技といって、既定の輪のなかに投げ入れます。

「入った!!」

「上手~」

など、歓声があがりました。

アキュラシー競技.jpg

今回は、患者さんの健康チェックを万全にしながらの進行。

みんなが笑顔になった2時間の講習会となりました。

最後はがんばったみなさんへ表彰状をお渡しし、記念撮影で終了となりました。

表彰状をわたす.jpg

参加者の患者さん・付添いのご家族の方、

ボランティアで参加くださった医療従事者の方、在宅酸素メーカーの方、

本当にありがとうございました!

継続の声が多く聞かれました、ぜひ来年も実施できるようにしたいと思います。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

本日は、第60回目となる八間川調査を実施しました。

継続して行っている水質調査や生きものしらべに加えて、
今回は、「わたしが見つけた生きもの図鑑」づくりに
取り組んでもらいました。

まず、大根洗い場に移動して、CODパックテストによる
水質調査を行いました。

P8200059.JPG

P8200067.JPG
倉敷市環境学習センター中尾優氏による指導の下、
子どもさんがチャレンジしましたが、うまく水をパックの中に
入れるのにまずは一苦労のようでした。

その後、田賀辰也先生による生きもの探しの指導&注意事項の
説明を聞いて、いざ生きもの探しへ!

P8200072.JPG

今回は、天候の関係か、水草やアオミドロが多く発生しており、
なかなか網を入れるのも難しそうでした。

P8200077.JPG

P8200081.JPG

それでも、6種類の魚と12種類の水生昆虫や貝、ザリガニなどと、
8種類の水草が見つかりました。

P8200101.JPG

P8200087.JPG

東川町公民館に移動してからは、中尾氏による「倉敷市の水質について」の
お話しでCODの意味や水質環境を守るために何をすべきかを学びました。

その後、今回初めての試みとなる「わたしが見つけた生きもの図鑑」づくり
に取り組みました。

見つけた生きものの絵を描いてもらい、その特徴などを記録することで、
自分独自の図鑑をつくろうというものです。

P8200095.JPG

時間の関係で、完成させることはできませんでしたが、
お家で調査をふりかえり、また自分で調べて、自分だけの
図鑑をつくってくれると嬉しいです。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき