昼読会の最近のブログ記事

ランチをたべながら、論文等を読み合う会「昼読会」

毎月第2,4火曜日に行っています。

今日は水島商店街の中のミルクラウンさんにて開催しました。

お題は「自治に人あり 倉敷の町並み保存と助役室山貴義」

(自治総研ブックレット 公人社 2008)

東大の金井利之先生が室山さんにインタビューする形の内容。

 

「町並みを守ることに必死だった」

伝建地区の背景保全条例へたどり着くまでの話、具体的でかなり興味深いです。

まちづくり検証研究会(主査:今村都南雄中央大学教授)の調査研究から

発展した本だそうですが、率直な語り口で、一見の価値ありですよ~

色々と話が発展しました・・・・センスと行動力。大事ですね。。。

 

第41回 昼読会

| コメント(0) | トラックバック(0)

水島、コンビナートに関する論文をランチを食べながら読んでみよう!
そして、水島に関する論文を蓄積していこうという「昼読会」。

毎月、第2、第4火曜日のお昼におこなっています。

*************************************

第41回のご案内

 9月の第1週の「昼読会」では、『海はゴミ箱じゃない!』を取り上げます。

 本書は、現在日本のみならず世界各地で問題となっている、海ゴミの問題について、子どもたちにもわかりやすく解説した書となっております。
著者とは、海底ゴミ問題を通じてお会いする機会がありまして、そのご縁で執筆のための取材にもご協力をしました。

 今回は、水島直接というわけではありませんが、みずしま財団関連ということで、本書の中から海底ゴミに関する部分を中心に読んでみたいと思います。

ご関心のある方は、ぜひご参加ください。


 
■取り上げる文献:『海はゴミ箱じゃない!』(岩波ジュニア文庫  眞 淳平著 2008年)

■担当:塩飽 研究員

■日時:9月8日(火)13:00〜14:00

■場所:水島周辺(携帯までお問い合わせください)

■参加費:無料(昼食代はご負担ください。)

 

参加を希望される方は、財団までご連絡下さい。
(当日は090-4102-7859 財団携帯まで)

昼読会(39)

| コメント(0) | トラックバック(0)

水島、コンビナートに関する論文をランチを食べながら読んでみよう!
そして、水島に関する論文を蓄積していこうという「昼読会」。

毎月、第2、第4火曜日のお昼におこなっています。

*************************************

第39回のご案内

今回は、イタイイタイ病をテーマにおこないたいと思います。

8月4−6日におこなわれた、「公害地域のいまを伝える」(主催:あおぞら財団)に参加してきた報告と
みずしま財団の図書室(?)にあったイタイイタイ病に関する書籍
■「公害被害放置の社会学」飯島伸子・渡辺信一・藤川賢(東信堂 2007)
■「イタイイタイ病およびカドミウム中毒問題の被害・加害構造に関する環境社会学的研究」研究代表者 渡辺信一(2007 科研報告書)
(ともに、藤川賢さんに寄贈いただきました。)
これら書籍のご紹介もしたいと思います。

ご関心のある方は、ぜひご参加ください。


■担当:白神 研究員

■日時:8月11日(火)13:00〜14:00

■場所:水島周辺(携帯までお問い合わせください)

■参加費:無料(昼食代はご負担ください。)

 

参加を希望される方は、財団までご連絡下さい。
(当日は090-4102-7859 財団携帯まで)

第38回 昼読会

| コメント(0) | トラックバック(0)

水島、コンビナートに関する論文をランチを食べながら読んでみよう!
そして、水島に関する論文を蓄積していこうという「昼読会」。

毎月、第2、第4火曜日のお昼におこなっています。

*************************************

第38回のご案内

 7月の第4週の「昼読会」では、『公害にいどむ瀬戸内住民』を取り上げます。

 本書は、日本科学者会議 瀬戸内委員会を中心に、1972年1月に開催された「第1回瀬戸内シンポジウム」の記録であり、当時の瀬戸内海での公害問題と住民運動を伝える

ものです。
 今回は、その中から水島に関連する部分を読んでみたいと思います。

ご関心のある方は、ぜひご参加ください。


 
■取り上げる文献:『公害にいどむ瀬戸内住民 −第1回瀬戸内シンポジウムの記録−』(日本科学者会議瀬戸内委員会 1972)

■担当:塩飽 研究員

■日時:7月28日(火)13:00〜14:00

■場所:水島周辺(携帯までお問い合わせください)

■参加費:無料(昼食代はご負担ください。)

 

参加を希望される方は、財団までご連絡下さい。
(当日は090-4102-7859 財団携帯まで)

第37回 昼読会

| コメント(0) | トラックバック(0)

水島、コンビナートに関する論文をランチを食べながら読んでみよう!
そして、水島に関する論文を蓄積していこうという「昼読会」。

毎月、第2、第4火曜日のお昼におこなっています。

*************************************

第37回のご案内

今回の昼読会は、
『図説 倉敷・総社の歴史』(郷土出版社、2009)を取り上げます。

本書は倉敷市・総社市・早島町の歴史を、あっと驚くエピソード、図版400点で解説したもの。
100のキーワードを1話1項目の読みきりでまとめてあります。

100のキーワードとその歴史の中には、「へー」というものが多々あり、その中のいくつかを紹介します。

もちろん、水島の歴史、コンビナート開発なども出てきます。
どのようにまとめられているのでしょうか!?

関心のある方は、ご参加下さい。


■日時:7月14日(火)13:00〜14:00

■場所:水島周辺(携帯までお問い合わせください)

■担当:難波田 研究員

■参加費:無料(昼食代はご負担ください。)
 

参加を希望される方は、財団までご連絡下さい。
(当日は090-4102-7859 財団携帯まで)

第36回 昼読会

| コメント(0) | トラックバック(0)

水島、コンビナートに関する論文をランチを食べながら読んでみよう!
そして、水島に関する論文を蓄積していこうという「昼読会」。

毎月、第2、第4火曜日のお昼におこなっています。

*************************************

第36回のご案内

今回の昼読回は、
「国土形成計画」についてです。

現在、国交省がパブリックコメントを募集している
「広域地方計画及び地方ブロックの社会資本の重点整備方針」

これは、今後の日本の国土利用の計画がきまる大事な計画だとおもうのですが
なかなか読むのは大変。

しかも、そもそも、これはなんなのだ?ということもあって
知恵をあわせて、読んでみたいと思います。

関心のある方は、ご参加下さい。

あとパブコメ募集は↓ から
http://www.mlit.go.jp/appli/pubcom/kokudo05_pc_000007.html 

■日時:6月23日(火)13:00〜14:00

■場所:水島周辺(携帯までお問い合わせください)

■担当:白神 研究員

■参加費:無料(昼食代はご負担ください。)

 

参加を希望される方は、財団までご連絡下さい。
(当日は090-4102-7859 財団携帯まで)

第35回昼読会

| コメント(0) | トラックバック(0)

水島、コンビナートに関する論文をランチを食べながら読んでみよう!
そして、水島に関する論文を蓄積していこうという「昼読会」。

毎月、第2、第4火曜日のお昼におこなっています。

*************************************

第35回のご案内

 5月の第4週の「昼読会」は、戦時中の水島についてです。

 今回取り上げる資料は、「岡山の15年戦争を考える集会報告レジュメ ⑥続・軍都水島」(土屋篤典著 2005)です。

 戦時中の水島、特に三菱重工水島航空機製作所について、当時実際にそこで働いていた人々へのインタビューを中心に水島航空機製作所、亀島山地下工場など疎開工場の実状に迫るレポートです。

ご関心のある方は、ぜひご参加ください。


 
■取り上げる文献:「岡山の15年戦争を考える集会報告レジュメ ⑥続・軍都水島」(土屋篤典著 2005)

■担当:塩飽 研究員

■日時:5月26日(火)13:00〜14:00

■場所:水島周辺(携帯までお問い合わせください)

■参加費:無料(昼食代はご負担ください。)

 

参加を希望される方は、財団までご連絡下さい。
(当日は090-4102-7859 財団携帯まで)

第33回 昼読会

| コメント(0) | トラックバック(0)

水島、コンビナートに関する論文をランチを食べながら読んでみよう!
そして、水島に関する論文を蓄積していこうという「昼読会」。

毎月、第2、第4火曜日のお昼におこなっています。

*************************************

第33回のご案内

 3月の第2週の「昼読会」は、水島臨海鉄道についてです。

 今回取り上げる資料は、『レイルNo.29 私鉄紀行 瀬戸の駅から(上)』(湯口透著 1992)です。

 「みずしま財団たより」でも連載をしている水島臨海鉄道について、その歴史を使用車両の変遷を中心に紹介しています。

ご関心のある方は、ぜひご参加ください。


 
■取り上げる文献:『レイルNo.29 私鉄紀行 瀬戸の駅から(上)』(湯口透著 1992)

■担当:塩飽 研究員

■日時:3月10日(火)13:00〜14:00

■場所:水島周辺(携帯までお問い合わせください)

■参加費:無料(昼食代はご負担ください。)

 

参加を希望される方は、財団までご連絡下さい。
(当日は090-4102-7859 財団携帯まで)

昼読会(31)

| コメント(0) | トラックバック(0)

水島、コンビナートに関する論文をランチを食べながら読んでみよう!
そして、水島に関する論文を蓄積していこうという「昼読会」。

毎月、第2、第4火曜日のお昼におこなっています。

*************************************

第31回のご案内

12月の第2週の「昼読会」は、何と今年最後の昼読会です。

というのも第4週の火曜日(祝日です)は、「和解成立日記念イベント 講演会&クリスマスコンサート」があり、お休みとさせていただくためです。

しかし、講演会では公害反対運動のリーダーであった栗本泰治さんにその経験談を語ってもらうことにしているため、水島の歴史を学ぶ上ではこれ以上ない機会だと思います。ぜひご参加ください。詳しくは下記ブログをご覧ください。

さて、明日は何を読もうかなと思い、図書館の郷土資料コーナーをうろうろ。いくつか興味深い文献に遭遇しました。それらはおいおい紹介していくとして、明日は亀島の区画整理事業をまとめた文献を取り上げます。コンビナート開発に伴い、いろいろと問題が発生しましたが、それに対応するため、この地域においては、どのような区画の整理が行われたのか…。

何かおもしろそうって思われた方は、ぜひご参加ください。


■取り上げる文献:『水島第二亀島土地区画整理事業誌』(岡山県、1982(昭和57)年)

■担当:難波田 研究員

■日時:12月9日(火)13:00〜14:00

■場所:水島周辺(携帯までお問い合わせください)

■参加費:無料(昼食代はご負担ください。)


参加を希望される方は、財団までご連絡下さい。
(当日は090-4102-7859 財団携帯まで)


なにわだ(急に寒くなりましたね!?最近自転車通勤をしていますが、最初の10分くらいは寒いのですが、だんだん体が温まってきて、汗でべたべたになります。汗をちゃんと拭かないと風邪を引きそうで怖いです。皆さんも風邪には気をつけてくださいね。)

昼読会(第30回)

| コメント(0) | トラックバック(0)

水島、コンビナートに関する論文をランチを食べながら読んでみよう!
そして、水島に関する論文を蓄積していこうという「昼読会」。

毎月、第2、第4火曜日のお昼におこなっています。

*************************************

第30回のご案内

 11月の第4週の「昼読会」では、岡山県の製鉄業についてです。。

 水島コンビナートの主要業種のひとつである製鉄業ですが、大きく分けて2種類あるのをご存知でしたか。
それは、高炉による製鉄と電気炉に分けられます。そして水島には、そのいずれもが存在しているのです。

 製鉄の方式から、水島における製鉄業の現状と課題・展望について解説しています。

ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

 また、当日は、おまけも予定しています(これは、当日参加してのお楽しみ・・・)

 
■取り上げる文献:「岡山県の鉄鋼関連産業① 製鉄業」岡山県立西大寺高等学校教諭 梶原由紀子(『岡山経済』2008.11)

■担当:塩飽 研究員

■日時:11月25日(火)13:00〜14:00

■場所:水島周辺(携帯までお問い合わせください)

■参加費:無料(昼食代はご負担ください。)

 

参加を希望される方は、財団までご連絡下さい。
(当日は090-4102-7859 財団携帯まで)

1  2  3  4

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき