環境NGOと市民のつどいの最近のブログ記事

 1月10日(土)に、岡山コンベンションセンター2F展示ホールにて、「環境NGOと市民のつどい」(主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金、企画・運営:みずしま財団)を開催しました。

 早いもので、もう1週間以上経ってしまいましたが、そのときの様子のご報告です。

 もう何度かこのブログでもご紹介しましたが、このイベントは、「地球環境基金からの助成金を受けている中国・四国地方の団体が、市民の皆さんにその活動報告をする」というのが主目的です。
 ただ報告だけではつまらないということで、この中四国ブロックではちょっとした工夫をしています。ちなみに昨年は、マイチケットという旅行会社の山田和生さんを講師ににお迎えし、各団体の活動を元にエコツアーやイベントのプランを考えました。

 今年は、また趣向を変えて、広告プランナーの中西紹一さん((有)プラス・サーキュレーション・ジャパン代表)を講師にお迎えして、「環境保全活動を伝え、共感を得るためのコミュニケーション術」について学び、思い出と活動をつなぐ、「オモイダス装置」をみんなで創りました。
 コーディネーターは、もうこの「つどい」ではおなじみ、高田研さん(都留文科大学教授)です。
 報告団体は、全部で10団体。参加者は、90名でした。それぞれグループに分かれて、ワークを行っていただきました。

総勢90名以上の方にご参加頂き、開催いたしました「環境NGOと市民のつどい」。

中四国各地から、ご参加くださいまして、本当にありがとうございました。

どんな会になるのか、期待と不安が入り交じっていたのは、私たちスタッフだけでなく、進行役・各活動団体の皆様もそうだったのではないかと思います。

でも、全体進行役の高田研さんが、「結果の見えているワークショップなんかおもしろくない。どうなるかわからないから楽しいんだ」ということを言われていたのが、ほんとうにそうだと思える、充実した会だったかと思います。

いろいろ至らない点もあったかと思いますが、まずは無事、楽しく開催できたこと感謝して、参加者の皆様、講師・進行役・各団体の皆様、全員にお礼もうしあげます。

当日の様子は、写真ふくめ、後日アップいたしますので、おまちください。

いよいよ、明日は環境NGOと市民のつどいの開催です。

少し天気がよくないようで、雪かも!という予報もありますので、
お気を付けて、少しだけ早めのおでかけをおすすめします。

場所は、岡山コンベンションセンター(ままかりフォーラム)
受付は、9時半からです。

岡山駅の西口、駅に直結していますのでぜひ公共交通機関でお越し下さい!

会場の詳細は、岡山コンベンションセンターのHPをご覧下さい。
http://www.mamakari.net/map/index.html

それでは、お待ちしています!

-環境NGOと市民のつどい- 参加団体:


以下の中国・四国地区の環境団体、10団体が参加します。
自転車や、skype(スカイプ)、エコトイレなどなど、気になるキーワードが並びます!

簡単ですが、ご紹介します。各団体のHPも参考にしてください。


「環境NGOと市民のつどい 中国・四国ブロック」

つくる・つながる・参加する
環境保全活動を伝え、共感を得るためのコミュニケーション術

日時:2009年1月10日(土)  10:00〜16:30 (9:30〜 受付開始・ポスターセッション)
場所:岡山コンベンションセンター (ままかりフォーラム) 2F 展示ホール

参加費:無料
定員:100名

申込み:12/26までにみずしま財団へ下記の内容を記載してお申し込みください。
メール:webmaster@mizushima-f.or.jp
・氏名(ふりがな)
・連絡先(住所・電話・メール)
・参加希望団体(なければ「無し」と)(参照
・お弁当の申込みの要不要(800円)

----------------------------------
申込み・問い合わせ先:
財団法人水島地域環境再生財団(みずしま財団) 担当:塩飽・白神
 〒712-8034 岡山県倉敷市水島西栄町13-23
TEL:086-440-0121   FAX:086-446-4620
e-mail:webmaster@mizushima-f.or.jp

1月に開催した、「環境NGOと市民のつどい」
講師できてくださった、山田和生さんが、ご自身の旅行会社のメールマガジンで、つどいの報告をしてくださっています。

ぜひ、メールマガジンが届いてない方にも読んで頂きたい!とおもって、転載させていただきました。



このメールマガジン「メール イカロス」は、今週のひとことが、興味深く、へぇ〜 とか、そうそう、そうなんだよねぇと、おもわず、口に出てしまうぐらいなのですが

困ったことが1つあります。

「今週のひとこと」の下には、
ツアー情報とか、イベント案内などがもちろん載っているわけでして、これを見てしまうと・・・。

「うおっ、行きたい・・・。」

「10泊12日か・・・。えーっと、いけるかなぁ〜。この仕事を○○にふって〜」

なぁんて、旅に思いをめぐらして、あぁ、でもやっぱり無理だなぁ・・・。
というのを繰り返してしまう・・・。



そんなメールマガジンを読んでみたいとおもったら、
マイチケットのHP  http://www.myticket.jp へ。

けっして、マイチケットの回し者ではありませんよ(笑)。


【メール イカロス No.446 から転載】
======================================================================
■□■ 今週のひとこと ■□■ 【山田】
======================================================================
 昨年の9月、メールイカロスのNo.439の「ひとこと」でエコツアー作りのワークショップの話しを書いた。
これは、その話しの続き、1月に実施した本番の話しである。
 地球環境基金の助成を受けている団体は、助成を受けた活動の説明責任を果たさなければならない。「他団体の報告を聞くだけになりがちな、この集まりをなんとか面白いものにしたいのだが・・・」という相談がマイチケットに持ち込まれたのが、2年前。

四国中国地区で助成を受ける9団体が参加する「エコツアー作り」のワークショップを企画したところ、予想以上に盛り上がった。
盛り上がる理由は実に明快である。
「絵空事のワークショップ」ではなくて、参加者の投票によるコンペで一位になった企画は本当に実現させる、というガチンコ勝負だったのだ。

「早明浦ダムと共に生きる日本一小さな村〜ブナの巨木に出会い、緑のダムをつくる旅〜」
これがワークショップから生まれた企画である。
予告通り、このツアーを実現させたのが昨年の10月。実現まで少々時間を要したが、ツアーはたいへん好評であった。

 「2年前の企画を、さらに面白いものにしたいのだが・・・」というのが今年の相談である。
「ワークショップで企画を作り、コンペで一位になったグループのホームページを実際に中国語に翻訳して発信しよう。」イベントやエコツアーを企画し、中国語のホームページで公開する、というのが今回の計画である。

そんなことをしたら、本当に中国からの訪問者が来てしまうではないか。

ガチンコ勝負のワークショップは、一位になるとたいへんなことになる。

 当日の会場ではまず、私が講演をした。お話しのテーマは「外からの視線で意識する環境保全運動」。
急速な経済発展を続けるアジア各国の人々は、日本の環境問題への取り組みに大きな関心を持っている」という内容の退屈な話しを、参加者は居眠りもしないで聞いてくれた。
環境を守ろうとする人々は、ほんとうに心優しい良い人たちだ。

次にワークショップが始まると、助成を受けた13団体が企画を作り始める。
企画はエコツアーでもいいし、イベントでもいい。対象はアジアの人々。
といっても、漠然と「アジア」では企画の焦点がぼけるので今回は日本への渡航者数が激増している「中国」に絞り込んだ。
リアルな議論が進むように、会場には中国からの留学生が数多く参加している。

 幸か不幸か、コンペの結果一位になったのが「高知県の生態系トラスト協会」。

この協会はヤイロチョウの保護活動をしている。ヤイロチョウは漢字で書くと「八色鳥」。「森の妖精」、「幻の鳥」とも呼ばれる渡り鳥だ。南の国で冬を過ごし、5月の終わりごろ日本にやって来て子育てをする。世界的な絶滅危惧種にも指定されている。

 ツアーのタイトルは「自然体験大学ツアー」
初めのステージは四万十ヤイロチョウの森。露天風呂づくり、ハチミツづくり、柚子ジュースづくりなどを体験する。
次のステージはアジア横断の旅。ヤイロチョウの渡りのルート探訪の「渡り鳥ツアー」へと続く壮大なプランである。

 この企画を台湾の中国語である繁体字にしてホームページで呼びかけると、いったいどんな反応があるのだろうか。ご期待いただきたい。

 もう一つの賞が「留学生賞」。こちらはホームページ化されないので少々残念ではあるが、コンペで留学生の票を集めた企画に贈られた。企画のアイデアは深刻な大気汚染が問題となっている四川省重慶出身の留学生から生まれた。

ツアータイトルは、「太陽の見えるまち」に来んしゃい。彼女の経験に基づいた話しが、このワークショップを締めくくるものとなった。

 日本に留学して初めて太陽が見えることに驚きました。中国の人にもコンビナートの公害を克服した、山口県の環境NGO「水環境ネットワーク」の活動を見に来て欲しい。

-----転載 ここまで-----

「太陽の見えるまち」の話は、まさしく水島でもいえる話。
もっとも、まだまだ公害・環境問題はおわっていませんが。

いろんな地域と一緒になって、活動していけたらと思います。

まずは、高知県の生態系トラスト さん、一緒にがんばりましょう〜♪

1月27日(日)に、倉敷市芸文館で「環境NGOと市民のつどい」(主催:独立行政法人 環境再生保全機構 地球環境基金、企画運営:みずしま財団)を開催しました。

地球環境基金から助成を受けている環境NGOが、市民の皆さんに活動を報告するのがこの「環境NGOと市民のつどい」。
ただ報告するだけじゃおもしろくないということで、一工夫。

今回は「残したい環境 伝えたい保全活動 〜発信と交流のプラン作り〜」と題し、環境NGOが活動を海外に発信していくためのエコツアーやイベントのプランを市民の皆さんと一緒に考えました。

中四国ブロックで助成を受けている団体は13団体。
参加者は総勢120名。

13の班に分かれてワークショップを通じてプランを考えました。

海外に情報を発信していくということで、日本に環境問題を学びにきている中国・台湾の留学生も参加し、各班に入ってくれました。
それから、未来の日本をしょって立つ中学生の参加もありました。

外からの視点、さらには若者の視点を加え、白熱した議論が交わされ、会場は熱気に包まれていました。

それもそのはず、各班で作られたプランはプレゼンテーションを行った後、参加者がいいと思うプランに投票しますが、一番多く票を集めたところは、そのプランを来年度実施することになっており、しかも海外への情報発信ということでそのプランを翻訳してHPに掲載するというプレゼント付きなのです。

気になる結果は…。

チラシの裏面に載せていますが
1月27日(日)に開催する「環境NGOと市民のつどい」の参加団体について、テキストでご紹介します。
ホームページのある団体はリンクをはっていますので、よかったらそちらもご覧ください。

楽しみだっ♪


第1グループ
【21世紀国際協力活動しまね実行委員会】(島根県)
中国寧夏におけて、砂漠緑化活動および環境意識啓発活動をおこなっています。



第2グループ
【(財)宍道湖・中海汽水湖研究所 】 (島根県)
http://www1.biz.biglobe.ne.jp/~kisuiko/
中海再生の目標の1つに「サルボウガイ」の復活を掲げ、堤防開削により激変が予想される水域環境のモニタリング調査を継続しています。


第3グループ
【(財)島根県文化振興財団】 (島根県)
http://www.civichall.pref.shimane.jp/zaidan/
ミュージカル「あいと地球と競売人」2007の東京公演を実施しました。


第4グループ
【晴れの国野生生物研究会】 (鳥取県)
http://www.net626.co.jp/sougenhp/
東中国山地においてオオサンショウウオの棲息環境再生事業をおこなっています。


第5グループ
【特定)シャンティ山口】 (山口県)
http://www.shanti-yamaguchi.com/
タイ国・北タイ地域において エコトイレの普及に併せた家庭用燃料製造装置の開発実践をおこなっています。


第6グループ
【(特定)水環境地域ネットワーク】 (山口県)
http://www.wfen.jp/
外来植物の進入状況調査の実施と自然環境保全についての啓蒙活動をおこなっています。


第7グループ
【(特定)日本ツキノワグマ研究所】 (広島県)
西中国3県(広島・島根・山口)におけるツキノワグマの絶滅回避のための緊急事業をおこなっています。
http://ha3.seikyou.ne.jp/home/kmaita/


第8グループ
【(特定)ひろしま生涯教育研究所】 (広島県)
広島市太田川の自然環境保全の意識向上のための啓発活動をおこなっています。


第9グループ
【(財)水島地域環境再生財団】 (岡山県)
http://www.mizushima-f.or.jp/
瀬戸内海の環境再生を目指し、アマモ場を活用した環境教育の実践をおこなっています


第10グループ
【よみがえれ四万十源流の会】 (高知県)
四万十川源流域における総合環境保全活動としての地域マップづくりをおこなっています。


第11グループ
【(社)生態系トラスト協会 】 (高知県)
http://www.h7.dion.ne.jp/~ecokochi/
夏鳥の保全に配慮した森林生態系保全マニュアルの策定をおこなっています。


第12グループ
【(社)大川村ふるさとむら公社】 (高知県)
http://www.sirataki.or.jp/
日本一人口の少ない村、大川村でどんぐりランドプロジェクトをおこなっています。


第13グループ
【おららの炭小屋】 (徳島県)
http://www.olala.jp/
過疎地における人工林の持続可能な利用方法に関する知識と技術の普及啓発を行っています

柚子といえば,木頭村!!

「木頭柚子」は,おいしい! 
あの柚子をしぼったので,なべを食べたり,おすしを作ったりすると,もぉ絶品。

って,食べ物の話だけではなくて

木頭といえば,「おららの炭小屋」


「ガロの棲む奥木頭で山里の生活技術(ART OF LIVING)を未来につなげる「炭焼き集団」

って,表現をされていますが,木頭にすむすごいおっちゃんたちが集まって,山での生活の知恵や技術をつかって,いろんなことをしている会です。

みずしま財団でも,2年前に,木頭村に体験にいくツアーをしましたが,その時に受け入れをしてくださったのが,この「おららの炭小屋」の皆さんでした。

丸太の一本のりや,竹をとってきてその場でそうめん流しをしたり,魚をとったり,川と山の自然や生活・文化を満喫しました。

その「おららの炭小屋」の活動を知る機会が倉敷であります!!

そう環境NGOと市民のつどい」「においでになりますので,ぜひ1月27日は芸文館へ。

「おららの炭小屋」の活動をもっと知りたい方はこちらへ。
気刊「おららの炭小屋」
おららの炭小屋2006

■「環境NGOと市民のつどい」に参加する団体を随時ご紹介していきます。

今年度の「環境NGOと市民のつどい 2007年度地球環境市民大学校中国・四国ブロック」は倉敷で行います。

昨年、岡山市で行い好評をいただいた
山田和生&高田研 コンビで行います.


山田和生さんは、オルタナティブツアーを企画する旅行社、。マイチケットを設立し、現在その会長をされている方です。
趣味、餃子づくり、世界地図の収集。家にはテレビも車もコタツもないそうで、

そんな山田さんをお迎えして、環境からの異文化交流・情報発信!
伝えるから、伝わるへ。異なる視線を意識してみたいと思います。


そして、もう1つの目玉は、中国四国地区で環境問題に取り組む13団体の活動を知ることができます。 さらにその活動をもとに、活動紹介の方法や内容を参加者がつくりあげるというワークショップをします。

なんとこのワークショップの成果物は活用されます!!

ぜひご参加ください。


気になった方は ↓ をみてくださいね

1  2

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき