マスコミ掲載・出演情報の最近のブログ記事

日・中・韓の学生が共に学びあうキャンパスアジア。

岡山大学の授業として、水島と豊島の現場で体験して学ぶ1泊2日の学びです。今年2回目の実施となりますが、先生のご要望から今年はじめて、漁業体験をプログラムの中に入れました。

 

7月4日に実施した漁業体験の様子を写真にて、報告します。

小雨が降るなかでしたが、波は比較的穏やか、港を出発!

漁船に初めて乗る学生もいて、スピードの速さにびっくり。

平田組合長にとれた魚を見せてもらう.jpg

 

 

30名が4隻に分かれて、小型定置網を間近で見ます。

小型定置網.jpg

解説にも力が入ります.jpg

「網は2重になっていて、入った魚が出られないようになっています」

みずしま財団塩飽研究員の解説にも、力が入ります。

網はかなり重いそうです!!

 

1時間ほど海の上で体験した後、

漁協にもどって、魚と瀬戸内海の変化についてのお話を聞きます。

魚に歓声.jpg

平田晋也組合長に、お話を伺います。

ベイカ、マッコウイカ、スズキ、ママカリ、イシモチ・・・・

お魚の説明、食べ方詳しくお話しいただきました。

さらに、30年の間の漁場の変化や、干潟・藻場がなぜ大事なのか、というお話も。

  「干潟には浄化能力があるんだよ」

  「魚が卵を産み、小さいうちにまもられて育つ場、それが藻場。」

初めは「モバ??」ってなんだという顔つきの学生も、

平田さんのわかりやすい解説で次第に真剣なまなざしに。

平田組合長の話.jpg

魚を披露2.jpg

瀬戸内海の海の幸をどんなふうに、とっているのか、実際に見て、漁業者に話を聞く。

スーパーで見る魚も見る目が変わりそうですね!!

平田組合長さんをはじめ、

黒崎連島漁協の漁業者のみなさんには本当にお世話になりました。

ありがとうございました。

 

 

 

皆さんこんにちは。研究員の塩飽です。

みずしま財団は、今年の3月14日に設立から15周年を迎えましたが、
それに関連して山陽新聞に特集記事が掲載されました。

1面と4面にわたり、大きく取り上げられています。

「公害を語り、未来をつくる」をテーマに、水島での公害の歴史から
水島の教訓を活かす環境学習の取り組みを中心にみずしま財団の活動を
紹介しています。

また、岡山大学名誉教授 青山勳先生(財団評議員)へのインタビューも
掲載されています。

今年度は、新・中長期計画策定の年にもあたります。
みずしま財団でも、これまでの15年を振り返り、その成果と課題を
検証しながら、持続可能な地域づくりを目指していきたいと思います。

 

img-518180300-0001.jpg

 

img-518180336-0001.jpg

 

img-518180423-0001.jpg

今年度、「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」で
取り組んでいる「水島いいとこ百選」が3月7日(土)の山陽新聞に
掲載されました。

地域の魅力を掘り起こすことで、地域住民の方が水島の良さを
再発見し、水島地域への愛着を育んでもらう、そのことが地域の
活性化にもつながると考え、この取り組みを始めました。

これまで約130件以上の情報をお寄せいただき、
その一部をfacebookページに掲載しています。

「水島いいとこ百選」のページは、みずしま財団のHPから、
協議会のページに入っていただくとご覧いただくことができます。
協議会HP:http://esd.mizushima-f.or.jp/

いいとこ百選は、まだまだ募集しておりますので、
ぜひ、情報をお寄せください!

 

img-309085009-0001.jpg

皆さんこんにちは。研究員の塩飽です。

今度、テレビせとうちで海ごみに関する番組が3月23日(月)に

放送されますのでご案内です。

 

実は、すでに3月15日(日)に放送されているので、
ご覧になった方もおられるかもしれませんが、
見逃してしまった、という方のために、再放送があります。

私も、海ごみの専門家ということで登場しています。

ぜひ、ご覧ください。


番組案内

「海のごみってどこからくるの?
 ~私たちの海底ごみゼロ作戦~」

 日時:3月23日(月)14:45~15:15
 テレビせとうち(7ch)

 番組の宣伝HPもあります
 http://www.webtsc.com/prog/Pref_Okayama/Garbage_of_the_sea/

昨年12月、発行して大きな反響を呼んだ

冊子「倉敷市公害患者と家族の会 40周年を迎えて」。

みずしま財団は、公害患者さんや当時の支援者の原稿を集め、編集・発行をしました。

 

この冊子をもとに取材した記事が、今朝、掲載されました。

専務理事太田映知(患者会会長)の笑顔が印象的なこの記事。

丁寧なインタビューに基づいて書かれています。

よみうり記事.jpg

毎週金曜日の午後3時40分ごろからFMくらしきで放送中の「みみみみずしま財団 エコらぼFriday」(週刊くらしきハッピーレディオ内のコーナー)では、毎月テーマに沿った環境に関するお話を放送しています。

今月のテーマは、「エコな交通について考えよう!」ということで、エコドライブや公共交通について、ご紹介をしてきました。

5週目のある月は、最終週にみずしま財団と同じく公害地域である、大阪の西淀川区を中心に環境再生に取り組んでいる「あおぞら財団」に出演していただいています。
今月は、テーマに沿って、「タンデム自転車」の取り組みについてお話をいただきます。

タンデム自転車とは?
その活用による意外な波及効果とは?

あおぞら財団の鎗山善理子さんから、軽妙な語り口でわかりやすく解説していただきます。

ぜひ、お聞きください!

2013年3月31日付け山陽新聞に、

みずしま財団の研修ツアーの記事がのりました。

「大気汚染対策 母国で役立てて 留学生対象研修ツアー 2008年から8回計140人」

 

微小粒子状物質「PM2.5」が最近とくに、注目されていて、

関連記事、ということで、取材を受けました。

 

「豊かな地域をつくるには住民の健康が大前提であることを、

国内外を問わず多くの人に理解して欲しい」

という専務理事の思いも載っています。

 

みずしま財団では

FMくらしきで毎週金曜日、15:40~15:55に

ちょっとためになる環境のことについて、お話ししています。

 

今週は、

倉敷・総社温暖化対策協議会 省エネグループの取材をしてきました。

イオン倉敷での省エネキャンペーンの様子です。

(毎月第三水曜日に省エネグループが実施)

 

グループ代表の伊藤豊彦さんにインタビューした内容を

1月18日(金) 15時40分から、放送します。

省エネキャンペーン.JPG

省エネグループが語る内容は、

メンバー自らが、わが家のエネルギーの使用量・料金を使っていて、

非常に具体的!

削減するにはどうしたらいいか、の工夫が満載です!!

 

この内容は、講座で、じっくりと学ぶことが出来ます。

■ストップ温暖化講座  『データで納得 わが家の省エネ』

・2013年1月29日(火)10:00~11:30

・倉敷市環境学習センター(環境学習教室)

★わざと工夫が満載  ★家計の光熱費がぐんと、安くなるコツ有ります

  
 申込・問い合わせ: 倉敷市環境学習センターまで。
  TEL 086-440-5607
  mail keec@city.kurashiki.okayama.jp

 ぜひご参加下さい。

本日開催しました、エコ遠足で行こう!水江の渡し・船穂の様子がテレビで放送されます。

水江の渡しは、マスコミの方も注目されているようで、3社も取材に来られました。


放送局と時間帯は、以下のようになります。

・TSCテレビせとうち ニュース5(17:13~17:30)

・KSB瀬戸内海放送 superJチャンネル(6時台のニュース)

・倉敷ケーブルテレビ KCTワイド(午前1時まで、1時間ごとのリピート放送 毎時15分ごろ放送)

PB066776.JPG

 

RSKラジオで午後3:10すぎから ViViっと!エコライフに電話出演します。フードマイレージのお話しです。

1  2

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき