呼吸リハの最近のブログ記事

地域で取り組むCOPD対策 講演会を下記の通り開催します。

ご参加お待ちしています。

【第7回講演会 COPDのチーム医療】

・講師:松永和人先生(山口大学大学院医学系研究科 呼吸器・感染症内科学講座教授)

・日時:2018年7月19日(木)18:30~20:00

・場所:水島愛あいサロンコミュニティフロア(A~D)

・PDFちらしデータ→第7回講演会COPDのチーム医療(完成).pdf

・参加費無料

・主催 みずしま財団

・後援 (公社)倉敷市連合医師会、倉敷市、(一社)岡山県病院協会倉敷支部、(一社)岡山県薬剤師会、岡山県病院薬剤師会、(公社)岡山県看護協会、(一社)岡山県理学療法士会、(一社)岡山県臨床工学技士会、(一社)岡山県作業療法士会

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

申込みはみずしま財団まで(電話086-440-0121、FAX086-446-4620、webmaster@mizushima-f.or.jp

環境再生保全機構公害健康被害予防事業の一環として開催します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

tirashi20180719_ページ_1.jpg

tirashi20180719_ページ_2.jpg

2018年3月4日(日)14~16時、水島愛あいサロンコミュニティフロア(A~Cにて、)呼吸リハビリ教室を実施します。

内容は、フライングディスク体験です!

第4回目となりました。毎回とても好評で人気の講座です。医師・看護師・理学療法士さんがスタッフとして参加くださっているので、在宅酸素の患者さんも安心して参加してください。お子さんやお孫さんなどご家族や、ご友人の方も参加できます。

楽しみながら、呼吸リハビリについて、学びませんか?

参加ご希望のかたは、みずしま財団事務局へお申し込みください。

電話086-440-0121、FAX086-446-4620、webmaster@mizushima-f.or.jp

img-214162556-0001.jpg

img-214162556-0002.jpg

第1回、第2回と大変好評だったフライングディスクを取り入れた呼吸リハ教室。

第3回の開催が決定しました。

呼吸リハビリ教室 フライングディスクを体験しよう

  • 2017年11月12日(日)14~16時
  • 倉敷第一病院北館6階ISAMホール(倉敷市老松町5-3-10)

呼吸器疾患の患者さんご自身だけでなく、ご家族の方や、

この取り組みに関心のある医療・介護・福祉・健康づくりに係る分野の参加も募集しています。

どうぞご参加ください。 ★参加費無料です★

img-913165619_ 1.jpg

img-913165619_ページ_2.jpg

チラシデータはこちら↓

img-913165619.pdf

岡山県障害者フライングディスク協会の指導者のお二人のトークが面白く、

楽しく運動にとりくむことができます。

ぜひご一緒にフライングディスクを体験してみませんか?


申込み・お問い合わせ先

(公財)みずしま財団 担当 藤原

電話086-440-0121 FAX.086-446-4620

webmaster@mizushima-f.or.jp

連続講座 地域で取り組むCOPD対策のご案内です。 ~参加費無料~

第6回実践編 呼吸リハビリテーション体験の参加者を募集しています。

img-913165634_ページ_1.jpg

img-913165634_ページ_2.jpg

↓ PDFのちらしデータ 

img-913165634.pdf

■日時:2017年11月4日(土)14~16時

■場所:くらしき健康福祉プラザ3階 和室研修室

■対象:医療従事者(医師、薬剤師、保健師、看護師、理学療法士、作業療法士等)30名

※会場の都合上、一医療機関から上限3名でお願いします※

■講師 

佐藤雅昭氏(倉敷医療生活協同組合コープリハビリテーション病院理学療法士、岡山県呼吸ケア研究会理事)

藤原耕三氏(医療法人誠和会倉敷第一病院理学療法士、岡山県呼吸ケア研究会理事、呼吸ケア・リハビリテーション指導      者養成研修(環境再生保全機構)修了生)

■内容 呼吸器疾患患者への身体診察(フィジカルアセスメント)と呼吸介助


主催:みずしま財団、共催:岡山県呼吸ケア研究会(ORCA)

後援:倉敷市、(公社)倉敷市連合医師会、(一社)岡山県病院協会倉敷支部

【お問い合わせ・申込】

みずしま財団 担当藤原  電話086-440-0121 FAX086-446-4620、webmaster@mizushima-f.or.jp

倉敷市水島学区の愛育委員さんと保健師さんが実施されているミニ健康展で、

肺年齢測定のブースを出しています。

今年度は希望のあった10学区で実施、本日6回目の会場となる、神亀ふれあい会館で実施してきました。

始まる前の会場の様子です。

zenntai.jpg

sokuteibasyo.jpg

測定者2名で、50名の方を対象に、ハイチェッカーで肺年齢を測定しました。

測定を通じて、地域の皆さんとお話しでき、

COPDのことや、口すぼめ呼吸のことを紹介できました。

神亀学区の愛育委員さん大変お世話になりました。

「呼吸リハビリの課題と展望 地域で取り組むCOPD対策」と題した千住秀明先生の講演会が、

7月27日に無事終了しました。

千住先生講演会2(20170727).jpg

医療従事者を中心に、参加者137名という大きな講演会。

みなさん、熱心にメモを取られ、聞かれていました。

東京と長崎の事例を詳細に、裏側まで(!)お話しくださり、

非常に参考になるものでした。千住先生ありがとうございました!!!

千住先生講演会 (20170727).jpg

座長 里見和彦先生(水島協同病院院長)

くらしきCOPDネットワークの紹介 藤原耕三先生(倉敷第一病院理学療法士)

呼吸リハビリ実践編の案内とよびかけ 佐藤雅昭先生(コープリハビリテーション病院 理学療法士)

第5回講演会 COPDと呼吸リハビリ課題と展望のご案内です

地域で取り組むCOPD対策の第一人者、千住秀明先生が来られます。

長崎や東京の事例など、最新の情報をお話しいただけます。ぜひ、ご参加ください。

           みずしま財団 086-440-0121、webmaster@mizushima-f.or.jp

第5回講演会(20170727).jpgのサムネイル画像

PDFデータ はこちらです ↓

第5回講演会(20170727).pdf

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇

連続講座:地域で取り組むCOPD対策

第5回 講演会 COPDと呼吸リハビリ 課題と展望

講師:千住秀明氏(結核予防会複十字病院呼吸ケアリハビリセンター部長、長崎大学大学院教授)

講演タイトル:地域で取り組むCOPD対策 ~長崎・東京での取組からの提言~

  • 日時:2017年7月27日(木)18:30~20:00
  • 場所:水島愛あいサロンコミュニティフロア
  • 定員:医療従事者、健康づくりに携わる方 100名
  • 参加費:無料
  • 主催:(公財)みずしま財団
  • 後援:(公社)倉敷市連合医師会、倉敷市、(一社)岡山県病院協会倉敷支部、(一社)岡山県薬剤師会、岡山県病院薬剤師会、(公社)岡山県看護協会、(一社)岡山県理学療法士会、(一社)岡山県臨床工学技士会、(一社)岡山県作業療法士会、岡山県呼吸ケア研究会

本講座は日医生涯教育講座の単位取得ができます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇

連続講座として、11月4日(土)に実践編 呼吸リハビリ体験を行います。30名です。ご希望のかたはご連絡ください。

(独法)環境再生保全機構公害健康被害予防事業の一環として実施しています。

倉敷市の保健師さん・愛育委員さんが中心となって、学区ごとに実施されている「ミニ健康展」。

水島地区のなかで希望のあった10学区で今年度、肺年齢測定を実施させていただいています。

5/28の連南学区(連島南公民館)につづいて、本日2回目、三福学区(広江公民館)で実施しました。

みずしま財団から2名と愛育委員さん1名で、ハイチェッカーによる簡易測定で実施しています。

61名の方に体験してもらいました。

健康のこと、人生のこと、いろいろなお話をしてくださる方のお話を聞くのも、勉強になり、楽しい時間でした。

くらしきCOPDネットワークとして、このとりくみは進めています。

連合医師会、保健所、医療給付課、呼吸器内科医師、理学療法士のみなさんと話し合いながら、

COPDの予防と早期発見をすすめています。

次回は6月15日です。

2016年10月30日10~12時、

在宅酸素・COPD患者さんのための呼吸リハビリ教室~フライングディスクを体験しよう~が

無事に終了しました。

((独法)環境再生保全機構 公害健康被害予防事業の一環として実施しました。)

集合写真3.jpg

「運動することはよいとわかっていても負担が大きいのは難しい」、

「外出の機会が極端にすくなく、家に閉じこもりがち」という呼吸器の患者さん。

今回は、フライングディスクを取り入れた運動で、

みなさんものすごくよい笑顔で、楽しいひと時となりました。

(患者さん9名、医療従事者・ご家族・講師・スタッフ27名、合計36名)

投げ方練習.jpg

佐藤雅昭氏(コープリハビリテーション病院理学療法士)から運動療法のお話を聞いた後、

岡山県障害者フライングディスク協会の講師おふたりから、ディスクの投げ方を教えてもらいます。

キャッチアンドスロー.jpg

キャッチ&スローとして、ペアになって、ディスクを投げ合います。

最初は近くで、だんだん椅子を話して離れても届くように・・

続いて、アキュラシ―競技といって、既定の輪のなかに投げ入れます。

「入った!!」

「上手~」

など、歓声があがりました。

アキュラシー競技.jpg

今回は、患者さんの健康チェックを万全にしながらの進行。

みんなが笑顔になった2時間の講習会となりました。

最後はがんばったみなさんへ表彰状をお渡しし、記念撮影で終了となりました。

表彰状をわたす.jpg

参加者の患者さん・付添いのご家族の方、

ボランティアで参加くださった医療従事者の方、在宅酸素メーカーの方、

本当にありがとうございました!

継続の声が多く聞かれました、ぜひ来年も実施できるようにしたいと思います。

連続講座:地域でとりくむCOPD対策の第4回として、

昨年も非常に人気があったこの岡山県呼吸ケア研究会との共催企画、「実践編 呼吸リハビリ体験」今年も開催します。

※事前申し込みが必要です。※

■2016年11月26日(土)14~16時

■くらしき健康福祉プラザ和室研究室、30名、参加無料

■講師

佐藤雅昭氏(倉敷医療生活協同組合コープリハビリテーション病院 理学療法士、岡山県呼吸ケア研究会理事)

藤原耕三氏((一財)淳風会 倉敷第一病院 理学療法士、岡山県呼吸ケア研究会理事)

dai4kai  iryoujyuujisyamuke 20161126.jpg

■主催(公財)みずしま財団/共催岡山県呼吸ケア研究会/後援倉敷市、(公財)倉敷市連合医師会(申請中)、(一社)岡山県病院協会倉敷支部

会場の都合で、大変恐縮ですが、一つの医療機関から3名のかたを限度に、お申し込みください。どうぞよろしくお願いします。

チラシPDFデータ

dai4kai iryoujyuujisyamuke 20161126.pdf

お問い合わせは、(公財)みずしま財団までお願いします。

電話 086-440-0121

1  2  3  4

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき