みずしまプロジェクトの最近のブログ記事

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

8月7日(日)、自転車で水島のいいところを探そう!というイベントを
開催しました。

今回は連島編ということで、身近でありながら、意外と知らない
ハス畑や昔ながらの町並み、歴史を改めて見つめなおす機会となりました。

本イベントは、環境省中国四国地方環境事務所bikebiz協賛事業として実施しました。

水島地域内の親子10名(子ども5名)の参加がありました。


最初に、水島愛あいサロン談話室で開会し、
倉敷・総社温暖化対策協議会 交通システムグループリーダーの
文箭誠さんから挨拶をいただきました。

P8070381.JPG


自転車に乗って早速出発。

P8070404.JPG

亀島山遊水地では、干拓の歴史などについて解説をしました。


連島特産のハス畑では、皆さん写真撮影に熱中していました。
ハスというと、池に葉っぱが浮かぶイメージでしたが、大人の背に届くぐらい
伸びている葉っぱに驚きでした。

P8070413.JPG

P8070422.JPG

公民館に移動し、ここからは館長の小河原公平さんに同行していただいて
亀島神社や船着き場跡などの歴史について解説をしていただきました。

P8070428.JPG


その後、連島の中でも由緒ある宝島寺で記念撮影。

P8070437.JPG


最後は、薄田泣菫の生家から水島商店街を回って、水島愛あいサロンに戻りました。

参加者からは、「自転車ならではのコースで、このイベントに参加しなければ
多分一生いかないところもあったと思う」「青空の下のハスがきれいだった」
という感想もあり、熱い中でのイベントでしたが、皆さんしっかり水島の
いいところを学んでいただけたと思います。


今回のイベントでは、参加者が撮影した写真のベストショットを臨海鉄道や
公民館などで展示を予定しています。
また日程等決まりましたらご案内いたします。

※本ベントは平成28年度地球環境基金助成事業として実施しました。

皆さんこんにちは。研究員の塩飽です。

いよいよ夏休みも中盤となりました。
自由研究をどうしようか、考えている方も多いのではないでしょうか。
そんな夏休みの自由研究のテーマにぴったりの展示のご案内です。

P8080451.JPG

テーマは、「公害と子どもたちの暮らし」

水島の大気汚染公害では、子どもたちも被害者になり、
そして裁判の原告にもなりました。

そんな子どもたちの視点から公害問題を見ることで
同年代の今の子どもさんたちに身近に考えてもらいたい
と考えています。

場所は、倉敷市環境学習センターエコギャラリーで、
8月31日(水)まで展示しています。
※土・日・祝日は、休館日となります。

P8080455.JPG
子どもさんに人気の水島の成り立ちを楽しくパズルで
体験できるコーナーもあります。

P8080458.JPG
子どもたちも参加した裁判の様子を
当時の資料や写真で紹介しています。

P8080459.JPG
最後に、「あさがお調査」(市民参加型の大気環境調査)に
ちなんだ展示もあります。
ぜひみんなで一緒にあさがおを咲かせてね。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

8月2日(火)、倉敷商業高校の生徒3名と先生がみずしま財団にヒアリングに来られました。

瀬戸内をフィールドにした教育旅行のプログラムづくりをしており、そのための調査ということでした。彼女たちは、現在「子どもと海、命を育む瀬戸内の旅」プランコンテスト(主催:海洋観光大学 瀬戸内キャンパス)にエントリーをしているそうです。

3人ともパワフルな感じで、積極的に質問や自分たちの考えたアイデアの相談もされて、思わず一緒に考えたりして楽しく過ごしました。

...

大学生が対象のコンテストで唯一の高校生の参加だそうです。

きっと、素敵なプランをつくってくれると楽しみにしています!

20160802-4.jpg

20160802-3.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

自転車で水島地域のいいところを探そうというイベントを
開催します。

昨年11月に福田編を開催しましたが、今回は連島編を
開催します。

ちょうど見ごろのハスの花や、宝島寺などをめぐり、
連島のいいところを再発見しませんか。
歴史に詳しい地元の方にご案内いただきます。

また、途中のポイントで写真を取っていただき、
水島のいいところとして臨海鉄道や各種イベントなどで
ご紹介させていただく予定です。

まだ定員に余裕がございますので、ぜひお申し込みください。

詳しくは、添付のチラシをご覧ください。


※本イベントは、地球環境基金助成事業として実施します。

 20160730175736-0001.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

7月24日(日)に、「海と日本プロジェクト 海をもっと知ろう!」(漁業体験)を
開催しました。

普段あまり見ることのない漁業を体験することで、海と私たちの
暮らしとの関わり、そして海ごみの問題を知ってもらうことを目的に開催しました。

参加者は、親子13組(38名)でした。

当日は、寄島三郎島漁港に集合し、簡単な注意事項等の説明を
行った後、早速3隻の漁船に乗りこみました。

P7240117.JPG

今回は、小型底曳網漁業を体験してもらいました。
なかなか見ることのできない漁業の現場に、参加者の皆さんは興味津々でした。

IMAG0457.jpg

P7240135.JPG

網を漁師さんが空けると、シロシタビラメ(ゲタ)やシャコ、
イシモチなどの魚やカニ、エビなどが出てきました。
参加者は、それらを選り分ける体験をしていただきました。


漁業体験後は、浅口市ふれあい交流館サンパレアに移動して、
瀬戸内の幸を活かしたお弁当を食べました。

P7240152.JPG

食後は、福田富男先生(吉備国際大学)によるお魚の解説がありました。
ヒラメは、生まれてすぐは普通の魚と同じように体の左右に眼があるという
お話しやワタリガニの説明などを熱心に聞いていました。

P7240161.JPG

その後は、塩飽から海底ごみの測定をしたり、海ごみの問題の
解説などを行いました。

最後は、今日の体験で感じたことや気づいたことを
大切な人に届けようということで、絵手紙づくりを行いました。

P7240164.JPG

P7240166.JPG

中にはとれた魚をスケッチしながら絵手紙を作成する子どもさんもいて
皆さん一生懸命思いを込めて描いていただきました。

とても素敵な作品ができました。

P7240170.JPG

漁業体験や、絵手紙を通じて海に関心を持ってくれる人が
たくさん増えることを願っています。

※本イベントは、日本財団「海と日本プロジェクト2016」の一環として開催しました。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

7月19日(火)に、岡山大学グローバルパートナーズ
2016年度日本サマースクールツアーの研修受け入れを行いました。

本ツアーは、岡山大学が受け入れをしている中国の上海理工大学の
30日間のプログラムで、その最初の研修である水島・豊島ツアーを
みずしま財団が企画・運営しました。

参加者は、39名(学生36名、引率3名)でした。

本プログラムは、経済発展の光と影ということで、日本の産業発展と
その負の側面として発生した水島の大気汚染公害と豊島の産廃不法投棄事件
について現場から学び、未来について考えるきっかけとなることを目指しました。

P7190059.JPG

当日は、宇野港から豊島にチャーター船で渡り、産業廃棄物の
不法投棄事件について、廃棄物対策豊島住民会議の方から
レクチャーをしていただきました。

P7190074.JPG

P7190084.JPG

その後、船で水島まで瀬戸内海クルーズをしながら、水島の
公害問題、海の環境問題、そして現在の水島での協働の取組み
などについてレクチャーをしました。

最後に、JFEスチールの工場見学をして、水島コンビナートの
産業力・技術力について学んでいただきました。

学生さんたちは、それぞれのレクチャーを熱心に聴き、
質問をしていました。
この経験が、将来に活かされることを願っています。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

6月は、環境月間です。

様々なイベントなどが取り組まれていますが、みずしま財団では、
6月といえば、「環境月間における倉敷市との懇談会」です!

2003年から継続して開催し、14回目となる今年は、高梁川流域
に着目し、海ごみ対策について考えます。

海ごみの多くは、陸域で発生し、川を伝って海域へ流入している
ことから、内陸部も含めた流域での対策が欠かせません。

そこで、海に面していないにもかかわらず、海ごみ対策を
市民・行政等の協働で取り組んでいる京都府亀岡市の取組みを
ご存知でしょうか?

今回は、この亀岡市での取組みを主導している「NPO法人プロジェクト保津川」の
代表理事であり、大阪商業大学准教授の原田禎夫氏を講師にお迎えします。

保津川での事例を学び、倉敷ではどのような取組ができるのか、
「流域思考」で課題解決を考えたいと思います。

環境問題だけではなく、「流域」での取り組みを考えておられる方、
また若い人や企業を巻き込みながら社会を動かしていくことに
関心のある方、きっと有意義な学びになること請け合いです。

ぜひ、ご参加ください。


~~~環境月間における倉敷市との懇談会~~~

日時:6月29日(水)13:00~16:00
場所:倉敷消防署 講堂
   (倉敷市白楽町162番地5)
   ※駐車場に限りがあるため、公共交通機関、あるいは乗り合わせて
    ご参加ください。
主催:公財)みずしま財団
定員:40名程度
対象:NPO・環境団体、関心のある一般市民の方、企業の方、倉敷市職員

【お問い合わせ・お申し込み先】
 公益財団法人 水島地域環境再生財団(みずしま財団)
 TEL:086-440-0121  FAX:086-446-4620
 e-mail:webmaster@mizushima-f.or.jp

20160614171221-0001.jpg

20160614171221-0002.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

少し、日が過ぎてしまいましたが、5月11日(水)に倉敷市環境学習センターで
今年度最初となる「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」を開催しました。

P5111361.JPG

昨年度までの環境省協働取組事業から一区切りとなり、
今年度から新たなステージに向けて取り組む、キックオフの会議となりました。

まずは、今年度からメンバーに加わった方もおられるので、自己紹介と
この間の活動などの情報共有を行いました。

その後、昨年立ち上げた3つのワーキンググループ(環境学習推進、企業市民、地域交流)から、
この間の取組報告と今年の予定の提案があり、今年の進め方等について議論しました。

また、当日は、香川大学大学院地域マネジメント研究科 中務浩子氏から、
修士論文「八間川にホタルの舞う日プロジェクト -情緒的アプローチで人びとの
八間川に対する評価・関心を高める-」を発表していただきました。

P5111370.JPG

水島での取り組みに関する研究ということで、参加者の皆さん刺激をうけたようでした。


これからも、「世界一の環境学習のまち みずしま」を目指して、取組を進めていきます。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

この度、岡山大学地域総合研究センター(AGORA)が、水島での取り組みを紹介した英語版の
パネルを作成され、5月13-15日にかけて倉敷市で開催される「G7倉敷教育大臣会合」の会場で
展示されます。

内容は、
・水島における地域開発と公害の歴史
・「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」の取り組み
・平成26年度から実施している実践型社会連携授業の内容
・これらの協働による成果 
となっています。

地域総合研究センターとは、協議会や実践型社会連携授業等で連携して取り組ませて
いただいており、その取り組みが今回パネル展示としてサミットで報告されます。

パネルの作成にあたっては、昨年8月に日本大学(東京)で開催された

ISTR(第三セクターに関する国際学会)での
発表内容も活用されており、活動がつながってきています。

水島での取り組みが、ますます世界に発信されていきます!

img-506210922-0001.jpg

img-506210922-0002.jpg

こんにちは。理事・研究員の塩飽です。
 
 平成21年度から実施している川崎医科大学の医学・医療ユニット科目の見学実習受入の
第1回目を4月6日(水)に実施しました。

 内容は、水島をバスで巡り、鴨ヶ辻山の展望台から水島を眺望しながら、
地域開発と公害の歴史の概要を解説します。

 展望台では、ちょうど桜が春の風に吹かれて桜吹雪のように舞い、
とてもいい雰囲気の中でお話しすることができました。

 その後、あさがお会館で公害患者さんとの懇談、公害医療に携わった医師によるお話を
通じて、患者さんの生活背景も考えながら治療にあたることの大切さや
患者さんに寄り添う姿勢などについて学んでいただきました。

 今年は、この後、4月20日、5月18日、6月8日、22日の計5回実施します。

 毎回、公害患者さんのお話しや里見和彦水島協同病院院長のお話しは、
普段なかなかできない体験ということで皆さん真剣に聞き入っています。

 本実習を通じて学んだ医学生さんが、患者さんやその背景にある地域との関わりに向き合って
治療に取り組むお医者さんになってくれることを願っています。

P4061231(1).JPG

  公害患者さんによるお話の様子

P4061242.JPG

 水島協同病院院長 里見和彦氏によるお話の様子

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき