みずしまプロジェクトの最近のブログ記事

倉敷市水島地域に学ぶ 環境と経済の共生と題した、

岡山大学キャンパスアジアのサマースクール。

昨年に引き続き、今年も水島で受け入れました。

2014年8月7日木曜日に、日・中・韓の大学生・院生と教職員のみなさん40名が水島で学びました。

 

今年は初めて、通生(かよう)地区の宮の鼻で、レクチャーを岸本務さん(通生奥地区地区長)にお願いしました。

岸本さんレクチャー.jpg

かつての豊かな海と暮らしとのかかわり、コンビナート開発による暮らしと景観の変化を瀬戸内海の多島美が左手に、コンビナートを右手に一望できるこの場所で、お話をうかがいました。

塩生(しおなす)海岸が埋め立てられる以前の写真も持参いただき、感謝です。

岸本さんレクチャー2 昔の写真 .jpg

つづいて、

三菱自動車工業水島製作所の見学をしました。

生産の現場を見て、解説を聞きました。

 

三菱自工では、韓国の出身で、現在は三菱の社員として働く呉さんから、

ご自身の考えるグローバル人材についてのお話をいただきました。

P8074137.JPG

 

 

お昼には、玄米食堂 元気屋さんのお弁当!

材料は県内でとれたものを直接仕入れ、調味料も極力気を付けられているとのこと。

さわらのホイル焼き、とってもおいしかったです。

obenntou.jpg

 

昼食後、レクチャーの合間に、

「公害と子どもたちの暮らし」の展示をじっくりみる留学生の姿がありました。

感想:環境問題は自分だけでなく次世代につながるので大きく問題視しなければならないと思った。

 

展示を見学.jpg

午後のレクチャー、みずしま財団の塩飽研究員「経済発展に伴う環境問題」

地域開発と公害の歴史、克服のために努力してきた内容、さらに、

企業・行政・市民が協働してつくった未来ビジョンの説明もします。

塩飽さんレクチャー.jpg

続いてのレクチャーは、

倉敷市環境学習センター今田さん。

「倉敷市の環境学習・環境監視のとりくみ」をお話。

今田さんレクチャー.jpg

グループワークでは、

金美徳先生(多摩大学教授)による進行です。

「日中韓の経済発展と環境保護のあり方」をテーマに、

話し合いアイディアをまとめます。ぐっと短い時間に、集中して考える。

 

「こういう経験はとても大事、就職活動でもこういうのありますよ!」と、金先生から。

 

金先生.jpg

集中して、アイディアをひねりだして、コミュニケーションをとってまとめて、発表する。

みなさん集中して頑張りました!!

 

それぞれの国の抱える課題を共有し、よりよい環境を作っていくために

日・中・韓が"協力する"というキーワードがとても印象的でした。

教育が大事だの発言もありました。

 

発表への評価は、教職員とみずしま財団スタッフ。

もっとも評価の高かったグループには、「第2回キャンパスアジア・グループワーク最優秀賞」という"名誉"が送られました。

 

 

追記:個人的には、発表順をきめる金先生のあみだくじが、今年もだ!

とおもって、おもしろかったです。

あみだくじ.jpg

 

研修のお問い合わせは、いつでもどうぞ。

みずしま財団 電話 086-440-0121

2014年7月28日月曜日、倉敷南高校の1年生22名と先生1名が、

水島のフィールドワークに来られました。

(受け入れをみずしま財団が担当)

高校生1-1.jpg

倉敷市環境学習センターエコギャラリーで、

地域開発と公害の歴史のお話を藤原がしました。

 

インターネットにつないで、記録で見る大気汚染と公害のHP(環境再生保全機構)

を使い、映像をみてもらいました。

 

自由見学では、エコギャラリーに設置している「公害と子どもたちの暮らし」のパネルや、

県産材で内装されているエコライブラリーでは、環境展示パネルを見ていただきました。

 

その後は、バスで鴨が辻山の展望台に行きました。

高校生2.jpg

塩飽研究員の3択クイズが好評でした。

高校生のみなさんは、目に見える風景を楽しく学びながら、考えてもらえたようです。

6月10日(火)に、第4回環境学習を通じた人材育成・まちづくりを
考える協議会を開催しました。

DSCN4729.jpg

 

昨年度協議会を立ち上げ、水島の未来ビジョンと
具体的な目標を策定し、今年度はその基盤固めとプログラムの
実践を目指しています。

今回の協議会では、現在の進捗状況の報告と、今後の
スケジュールの確認を行いました。

詳細については、また後日報告いたします。

本日6月5日は環境の日と、環境基本法でさだめられ、

その日を中心とする6月の1か月間は環境月間となっています。

 

みずしま財団では、この環境月間に、

倉敷市と市民が倉敷市の環境について話し合う場を2003年から開いています。

 

その名も、「環境月間における倉敷市との懇談会」

そのまんまです・・・

今年は12回目。

2014年6月24日火曜日、13時から17時まで、倉敷市環境学習センターで実施します。

 

ただいま参加者募集中。

市内環境団体のみなさまには、火曜日に発送させていただきました~

すぐに4人のかたから早速にFAXが届いています、ありがたいことです。

 

今、求められる環境教育の可能性について学び、

話し合いの中から環境教育・学習プログラムをつくる、というところまで実施します。

西村仁志さんをお招きしています!ぜひ、ご参加ください。

 

20140624 懇談会.jpg

 

PDFのデータはこちら↓

2014懇談会チラシ案(最終版).pdf

2014年6月4日水曜日、

川崎医科大学4回生22名と先生が、見学実習にこられました。

みずしま財団スタッフによるフィールドワークと、

公害患者さん・公害医療に携わった医師との懇談が内容です。

 

いつもバスのなかで解説を担当する塩飽研究員が、

東京出張(総行動)なので、藤原が久しぶりに担当しました。

鴨が辻での展望では、あいにくの雨でした。

 

それでも、全体を見て、考える上では欠かせない場所で、

緩衝緑地帯を山の上から見ると、あまりにも細いグリーンベルト・・・

には学生さんたちも感じるところがあったようです。

 

今回お話しいただいた公害患者さんからは、

私自身もはじめて聞くお話もありました。

「つらい思いをしたことを思い出した・・・」

裁判の時にいわれたつらいことを思い出されたようです。

それでも、

「患者さんのこのお話をみなさんが医師になった時に活かしてほしい」

それは、

患者さんの生活背景や地域を想定して

診断や治療に活かしていただけるように、という思いがあります。

 

公害医療に携わった医師のお話も熱心に聞いてくれました。

病気が社会とかかわっていることを理解できる医師に。

 

医学生4回生のみなさんたち、ありがとう。

患者さんの思いが伝わった見学実習となりました。

 

写真を撮り忘れてしまいました。ごめんなさい!

今年度から、みずしま財団では、岡山大学実践型社会連携教育の
受け入れを行っています。

本講座は、4月から始まっており、3回目となる今回は、
フィールドワークということで、黒崎連島漁協の
協力により、「瀬戸内海の現状を知る」と題して、漁業体験&フード
マイレージ買いものゲームを行いました。

 

P5103167.jpg
当日は、お天気にも恵まれ、参加した学生さんは、
網にかかったイカやカニ、ママカリなどの
魚介類の種類の多さに驚くとともに、魚の習性を利用した
網の仕掛けなどに興味津々でした。

 

まとめ.jpg
午後は、フードマイレージ買いものゲームを通じて、
食と交通と環境について学びました。

 

P5103172.jpg
獲れたての魚介類をバーベキューで堪能し、
瀬戸内海の環境と美味しいお魚について学んだ1日となりました。

学生さんの感想など、詳細については、
後日改めてご報告します。

今年度も、川崎医科大学の見学実習受け入れを行っています。

昨年度に引き続き、川崎医科大学の見学実習の受け入れを行っています。
これは、川崎医科大学の医学・医療ユニット科目の見学実習(全7回)の
一環として実施されるもので、川崎医科大学の4年生約100人が
5回に分かれて、水島地域を訪ね、水島の歴史や公害問題について学びます。

4月16日に、今年度第1回目を行い、36名の参加(引率2名含む)がありました。

本見学実習は、「水島の経験を未来へ活かす」をテーマに、
鴨ヶ辻山からの視察、公害患者さんとの懇談、
公害医療に携わった医師のお話といったプログラムになっています。

 

P4163066.jpg
今回は、3名の患者さんに当時の様子や公害病の苦しさなどについて
お話をいただきました。

 

P4163068.jpg
公害医療に携わった医師のお話は、

水島協同病院院長の里見和彦先生にしていただきました。


鴨ヶ辻山の展望台からは、公害対策として設置された集合高煙突が
現在でもその役割を果たしているのか、といった質問がありました。
患者さんや里見先生との懇談でも、気管支ぜん息の苦しい時間帯や、
医師の裁判への関わりなど、熱心に質問をされていました。

水島地域の経験を基に、病気とその背景にある地域との関わりなどに
向き合って治療に取り組む、そのきっかけになったのではないかと思います。

次回は、5月14日です。

 

4月2日、新入職員研修のプログラムの一つとして、

倉敷医療生協に新しく入られた43名のみなさんに、

「水島探検の旅」を体験いただきました。

 

フィールドワーク途中で見える、宇野津からみえる1コマ

5宇野津からの風景.jpg

医療に携わるみなさんは、患者さんの生活背景を想定できる

診療や応対が必要。このプログラムでは、生活背景を考える視点を学べます。

そして何より、これから働く水島を知ること、それが「水島探検の旅」の目的です。

 

まずは、オリエンテーション。

地域のなりたち、歴史をみずしま財団藤原が解説。

・酒津で締め切られた東高梁川のお話

・三市合併のお話

・コンビナート開発と公害の歴史

1オリエンテーション.jpg

 

バスに乗って、いよいよ出発。塩飽研究員の解説。

・地形と公害被害のお話

・緩衝緑地帯のなりたち、役割

・干拓と埋め立て、高潮被害の過去の経験と今後

1-1バスでの解説.jpg

 

鷲羽山スカイライン水島展望台(鴨が辻山)でバスを降ります。

2水島展望台.jpg

水島コンビナートと住宅の位置関係、地形、南西の風、

レクチャーは福田広史さん(水島WGメンバー)

・水島コンビナート、水島港

・重油流出事故

・集合高煙突

3展望台.jpg

今日は本当によく見渡せます。

4水島コンビナート.jpg

 

水島探検の旅では、昼食を水島商店街のお店で食べることにしています。

これから働く皆さん、水島のおいしいお店を利用してね。

・ミルクラウン

・ココロ屋

・ときわ庵

3コースにわかれて「いただきます!」

 

ごちそうさまの後は、"地域の足"である水島臨海鉄道に乗車体験。

常磐駅から水島駅。1駅の旅です。

 

下車後は、水島愛あいサロンの中にある、倉敷市環境学習センターへ。

6水島愛あいサロン見学.jpg

 

倉敷市の環境行政・環境学習の取り組みを、職員の今田さんにお話いただきました。

7環境学習センター見学.jpg

8環境学習教室.jpg

 

フィールドワークが終わって、午後はふりかえりとグループワークです。

気付いたこと、発見したことを共有します。

9ふりかえり.jpg

グループワークは、

毎年恒例のクイズづくりに加えて、新聞づくりを今年度は新たに実施。

話し合いをもとに、グループごとに個性あふれる作品が完成。

10発表.jpg

発表&投票

13新聞.jpg

1位となったグループには、豪華 水島の特産品がプレゼント

(清正堂さんの和菓子です)

 

"お題"にあわせてクイズづくりをします。

フィールドワーク・資料・新聞づくりの中から、問題作り。

14話し合い.jpg

最後は、恒例の大クイズ大会。

15大クイズ大会.jpg

大変盛り上がった、楽しい学びとなりました。

3月6日(木)に、水島エコツアー「水島コンビナートと、地域再生を学ぶ旅」を開催しました。
参加者は、大学の研究者を中心に8名でした。

午前9時、倉敷駅を出発して、バスで鴨ヶ辻山展望台へ向かいました。

バスでの移動中、水島の成り立ちと、公害の歴史についてのレクチャ―。

P3062808.jpg


当日は、お天気にも恵まれ、展望台からは、水島地域から玉島まで
一望することができました。
展望台では、コンビナートと市街地との位置関係、大気汚染と地形との関係
公害対策として造られた集合高煙突や緩衝緑地などについて説明しました。
参加者からは、コンビナートの巨大さに驚くとともに「四日市に比べると
工場が集積していて一目で見える」といった感想も聞かれました。

P3062810.jpg

 

その後、宇野津、呼松を巡り、松江では、倉敷市の大気測定所を
見学しました。
松江地区では、依然ベンゼンの濃度が高いことなどを説明し、
大気汚染公害だけではない、新たな環境問題もあるということを

学んでいただきました。

P3062823.jpg

 

そして、三菱自動車工業(株)水島製作所を見学。
工場内で、実際に自動車が組み立てられるラインを直接目にする事で、
最先端の産業技術とともに環境対策の取り組みについても、学びました。

P3062833.jpg

 

 

P3062836.jpg
昼食は、水島商店街のこころ屋さんでいただきました。


その後、商店街を散策し、常磐町事務所で水島おかみさん会と懇談。
水島コンビナートの造成とともに発展してきた商店街の成り立ちから、
その後かつてのにぎわいを失っている商店街に活気を取り戻すために
行っている取り組みなどについてお話しをいただきました。
意見交換では、おかみさんの頑張りに、参加者も元気をもらえたようでした。

P3062842.jpg


最後に、行政による環境監視、環境学習の取り組みを学ぶために、
倉敷市環境学習センター・環境監視センターの見学を行いました。
参加者からは、現在の倉敷の大気環境の状況や、環境学習のための
教材は整備されているのかといった質問が出されていました。

P3062851.jpg


今回のエコツアーでは、水島の公害と、それに対する住民運動や
企業の環境対策、行政の環境監視の歴史、そして地域住民による
活性化の取り組みについて学びました。
水島の過去の経験を未来に活かす取り組みの現状について
学んでいただけたのではないかと思います。


みずしま財団では、水島の過去を学び、未来について考える水島エコツアーを
今後も定期的に開催していく予定です。
本ブログで、随時ご案内をしていきますので、ご関心のある方は、
ぜひご参加ください。


 

みずしま財団監修 

「水島コンビナートと、地域再生を学ぶ旅」

開催します!日帰りのバスツアーです。

 

内容は

三菱自工の工場見学、地域開発の歴史、

倉敷市の環境へのとりくみ(監視センター&学習センター)

水島商店街まち歩き (協力水島おかみさん会)

 

3月6日(木)9:00~16:30

日帰りバスツアー

5,800円(バス第、昼食代、ガイド・レクチャー代込)

旅行企画・実施 全観トラベルネットワーク

 

水島もおひなめぐり開催中で、まち歩きで立ち寄ります!

 

お気軽にお問い合わせください。

みずしま財団

電話:086-440-0121  

Eメール:webmaster@mizushima-f.or.jp

 

20140306 ちらし.jpg

 

 

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき