みずしまプロジェクトの最近のブログ記事

環境学習を通じて人材育成・まちづくりを考える第三回協議会では、

水島の未来ビジョンを文章化すべく、話し合いました。

西村仁志先生の進行のもと、

実現すべき最終の目標(ゴール)とその具体目標ととりくみの話し合い。

西村先生は

「1月25日のパネルディスカッションの中でたくさんの意見や、

これまで2回かさねた協議会の中で、

すでに具材はそろっている。

お鍋の中にはおいしそうな具材がそろっている感じですね。

そこから、何をとるのか、抽出してビジョンとするのか、

そういう作業です」

的確で分かりやすい、

協議会メンバー・事務局・支援スタッフ15名で、だした結論はいかに?!

 

パネルディスカッションの際に、最も印象的といわれた

"世界一の環境学習都市"

このキーワードも使いながら、

前文・副題があったほうがわかりやすいというご意見。

 

水島というところはコンビナートとお古い歴史のまちが共存して、

同時に学べるところに価値がある。

高梁川流域の河口でもあり、地域の連続性がここでしか学べない。

これをうまく表現したい。

みんなで考え出したのが、この言葉。

実現すべき最終の目標(ゴール).jpgのサムネール画像

それは、

ビジョン全文.jpgのサムネール画像 ビジョン.jpgのサムネール画像

参加メンバー15人の合意で、この文章にまとまり、

次のステップへ。

 

次は、まちづくりの目標を文章化 グループで3~5つ

3つのグループに分かれて作業しました。

 

その目標から、具体的な取り組みを考えあいます。

 

最終的にみんなで共有、来年度実施できるもの、

手をあげて、わたしこれします!とまで話がもりあがりました。

 

提案を聞く.jpg

<ご意見から印象深かったもの>

グローバルな視野は一つの側面だけでは学べない。

いろいろな要素があるからこそ学べる。

水、空気、作物、歴史(古墳だってある)、

目をそむけずに知恵を出し合ってのりこえてきた事実。

ダイナミクスなまちづくりそのもの。

次を見る、未来の環境をまなべるのが、水島のまちだ。

来年度の夢を大きく.jpg

広がる具体的取り組み.jpg

まちづくりの目標

 若者が主役のまち

 市民と企業で未来をつくる機会や場をつくろう

 地域を超えて人々がつどう機会をつくる

 水島の持つ資源や要素を活かした新しい学びのしくみづくり

 末永く住み続けたいみずしまスタイルの暮らしをつくろう

 

具体的な取り組みも含めて、最終的な整理をし、

世の中のみなさんに知っていただくために、

発信します。

しばらくおまちくださいませ!!!

水島地域の未来ビジョンについて

様々な主体とともに考えるパネルディスカッションを開催しました。

  全体像.JPG

日時:2014125日(土)13301630

場所:倉敷市環境学習センター

参加者:56

 

特別報告「みずしまへの旅」

岡山県立倉敷南高校生 町衆プロジェクト5名のみなさんの発表

昨年8月に実施したみずしま財団へのヒアリングと、

倉敷市環境学習センター見学から彼女たちの視点でまとめた

とても素敵なパンフレットが完成!

 高校生の発表.jpg

基調講演「地域が変わる環境学習とは何か」船木成記氏

船木さん.jpg

 

「子どもに何かを教え込むのではなく、大人がまちのことを本気で考えることが大事。その背中を子どもにどれだけ見せることができるのか」

「水島には、財産がある。暮らし・生活はあるのか」

「若い人が地域で学ぶと人生にスイッチが入る瞬間がある」

 といったお話しがありました。

 

パネルディスカッションでは、

西村仁志氏の進行で企業、大学、環境NGO、行政、住民団体のかたがパネラーです。

パネラ-1.jpg

 

まずは、日ごろの活動も含めて自己紹介

古川明さん(()新水マリン代表取締役社長)

 中平徹也さん((公財)岡山県環境保全事業団環境学習センターアスエコ所長)

 三村聡さん(岡山大学地域総合研究センター教授)

 中原誠二さん(倉敷市環境リサイクル局環境政策部長)

尾崎浩子さん(水島おかみさん会会長)

 尾崎さん.JPG

続いて、1つめの問い

「これからの水島のまちづくりに大切な思いや考え方は?」、

 

パネラーの回答の中には、

「同じ思いを持った人と力を合わせる」

「世界一の環境学習都市を目指す」

「関係者全員の"歩み寄り"と"意識"の共有化」

パネラー3.jpg

 

2つ目の問いは

「水島のまちづくりに大学・企業・行政・住民・団体が協力してできること・できそうなことは?」

 

参加者からもグループに分かれて考えます。「芸術との融合」、「高校生が参加できるイベント」といった意見が!

 

対話.jpg

 

「全員参加でつくる世界一の環境学習都市」というパネラー意見には賛同者多数!

 

高校生をはじめとした若い人たちの参加もあり、

水島の未来に向けて明るい展望の見える会になりました。

今後は、出された意見などを基に、未来ビジョンの取りまとめを進めていきます。

 

 

過去に学び、持続可能な社会を考えるエコツアーのご案内です。

今回は、企業や行政の環境への取り組みや、水島商店街でのまちづくりの取り組みについて学びます。
水島の美味しいお店のご紹介もあります。

ぜひ、ご参加ください。

【開催概要】
 日時:2014年3月6日(木)9:00~16:30
 集合場所:倉敷駅西ビル横
 定員27名

 参加費:5,800円

 お申込み・お問い合わせ
 
 電話:086-440-0121
 メール:webmaster@mizushima-f.or.jp

 詳しくは、案内のチラシをご覧ください。

 

みずしま財団版下2014改訂版.jpg

2014年1月25日土曜日、13:30~16:30

水島で、パネルディスカッション「環境学習で、人とまちと未来をつくる」

を開催します。

 

ぜひ、みなさまのご参加を おまちしています

 

tirasi 表.jpg

tirasi.jpg

環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会

の第二回目を2013年12月2日月曜日、10時から実施しました。

 

今日は、「みずしまでひらかれる新しい学び」について、

一緒に考えあいました。

 

まずは、事務局みずしま財団から、9/6実施のエコツアー報告、

環境学習の現状ヒアリング、まちを好きになるワークショップ報告をしました。

 

大学生や留学生が日常では体験できない学びができ、高評価でした。

「もうすこし公害のはなしを聞きたかった」という大学の先生からのコメントもありました。

 

続いて、座長の西村仁志先生から、広義の環境学習についてお話

 

環境学習って、

自然体験、省エネルギー、ごみべらしにとどまっていない?

 

①環境持続性  子どもの世代も孫の世代もつづく

②社会的公正  みんなが良い環境を享受できるように

③存在の豊かさ 自然にささえられて、私がある。沖縄の「ゆがふ(世果報)」のイメージ

 

これらを目指す教育実践が、広い意味でも環境学習。 

 

その後は、ワークショップスタイルで、話し合い。

  「2030年のみずしまが~だったらいいのにな」

  「みずしまならではの学び」

  「活用できる人・もの・場所」

ワークショップ.jpg

 

詳細は追ってまた、報告します!

 

 

9月29日(日)、「水島・倉敷で環境と暮らしについて考えるツアー」を開催しました。

これは、香川県にある多度津町自治連合会が主催の研修ツアーで、香川県の旅行業者が実施したのですが、水島・倉敷における研修の部分の企画運営をみずしま財団が担当しました。

参加者は、48名でした。

 

まず、水島では、水島港内をクルーズしながら、地域開発と大気汚染公害、その経験と教訓を途上国や後世に伝えるための活動が始まっていることなどをお話ししました。

P9291113.jpg

 

P9291115.jpg

 

その後、倉敷美観地区に移動し、NPO法人倉敷町家トラストの中村泰典代表理事に伝統的な暮らしを守るための活動について、美観地区を散策しながら解説していただきました。

P9291122.jpg

 

参加者は、自治会の会長さんなどが中心でしたが、水島と倉敷の対比から、「幸せな発展とは」について考えるきっかけになったのではないかと思います。

 

みずしま財団では、自治会等の研修ツアーにも対応いたしております。
ご関心のある方は、ぜひ、お気軽にお問い合わせください。

9月6日(金)、大学生のための社会見学&エコツアー「水島コンビナートと、海の環境再生を学ぶ旅」を開催しました。
台風17号の影響も心配されましたが、みなさんの日ごろの行いがよほどいいのでしょう、絶好の研修日和となりました。

参加者は、岡山大学、倉敷芸術科学大学の学生さんを中心に41名でした。
今回は、環境省「地域活性化を担う環境保全活動の協働取組推進事業」の一環として開催しましたので、協議会のメンバーの方や、一般参加の方もおられました。


朝9時30分に倉敷市環境学習センターを出発し、まずは鴨ヶ辻山の展望台へ。

P9060525.jpg

 


数日前の雨のおかげで、非常にきれいに水島地域を一望することができました。

水島の地理的特徴、コンビナートと市街地の位置関係、海風にのって市街地に流れた汚染物質が山に遮られたために、多くの公害被害者が発生したという話や、公害対策として造られた集合高煙突、緩衝緑地の話などに、皆さん熱心に聞き入っていました。

P9060534.jpg

その後は、宇野津、呼松、松江を経てJFEスチールの工場見学。
解説のビデオを見た後、実際に工場内を案内していただき、出滓の様子や厚板工場で、鉄の生産現場を実体験することができました。

P9060581.jpg
環境対策では、工業用水の約97%が再利用されているお話や、生成ガスを発電に利用されているなどの説明がありました。


JFEスチールのあとは、倉敷市環境学習センターへ。
ここでは、環境監視センターも合わせて見学し、大気や水質の監視体制の説明や、環境学習センターの取り組みなどを説明していただきました。

P9060604.jpg


お昼ご飯を食べた後は、「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」のメンバーでもある新水マリン(株)社長の古川明氏に、「水島港重油流出事故」と題してレクチャーをしていただきました。

 

P9060619.jpg
入社してすぐに発生した事故の、当時の様子、その後同じような事故に3度も遭遇し、その中で水島の経験を活かして対応することができたというお話から、日常的な防災意識の高揚の重要性などをお話しいただきました。
実際に経験をした人のお話は、皆さんにも訴えるものが大きかったと思います。


その後、バスで黒崎連島漁協に移動し、小型定置網漁を体験しました。
数日前に降った雨の影響で、網には多くの草の切れ端やペットボトルなどのごみが絡んでいましたが、魚もたくさん捕れており、参加者は、みんな驚きの声を上げていました。
飛び跳ねるお魚にはしゃいだり、魚についての漁師さんの話を熱心に聞いていました。

P9060649.jpg

 

雨の影響か、大きなアユがかかっていたのはさらにびっくり!

漁師さんとの交流では、昔と比べてとれる魚の種類や量が変わってきているか、埋め立ての影響はあったのか、といった質問が出され、漁師さんは一つずつ丁寧に答えていただきました。

P9060660.jpg

 

多くの学生さんが、とれたお魚をお土産に持ち帰っていましたので、しっかり瀬戸内海のおいしいお魚を堪能していただきたいと思います。


今回のツアーでは、水島の工業地帯の最先端の技術と、昔ながらの漁業の対比、公害や重油流出事故の経験を活かした市民、行政、企業の取り組みから、過去の経験をどう活かすべきかといったことを考えていただくきっかけになったのではないかと思います。

ご協力いただいた関係者の皆さん、また参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした! 

水島においでよ!

| コメント(0) | トラックバック(0)

img-905154826-0001.jpg

子どもの自然体験を支え、まちへの愛着を育む人づくり・まちづくり

(倉敷市 水島中心地域まちづくり研修事業)

コンセプト.jpg

子どもの自然体験を通じて まちへの愛着をはぐくむ人づくり・まちづくり

(倉敷市 水島中心地域まちづくり研修事業)

がスタートしました。

 

水島地域で、環境学習や教育旅行をテーマに、市民団体・大学・企業・行政など様々な主体が集まって将来ビジョンについて話し合う協議会のキックオフ会議を8月19日(月)に開催しました。

これは、環境省の「平成25年度 地域活性化を担う環境保全活動の協働取組推進事業」として取り組むものです。

協議会には、市民団体・大学・企業・行政の関係者のほか、オブザーバー、事務局も含めて19名の出席がありました。

zenntai.JPG

協議会の座長は、西村仁志氏(広島修道大学准教授)です。

 

nisimurasennsei.JPG

座長の進行の下、第1回目ということで、自己紹介と水島に対する各自の想いを共有するために以下の3点を紙に書きだすワークを行いました。

①みずしまの好きなこと、ものを3つ
②私が思うみずしまの価値
③私がこの協議会に期待すること

①は、コンビナートの技術や夜景をあげる方が多かったですが、

緑が多いといった意見や、蓮の花、そのなかを抜ける道もありました。

(水島では鶴新田という地区でれんこんがたくさん作られていますので、今の時期花がきれいです。)

 

また水島は安くておいしいお店がたくさんあるなど、「食」を挙げられた方もいて、改めていろんな見方に気づかされました。

②では、公害の克服や、環境最先端都市、監視体制の充実など環境面での価値が中心ですが、その他、人材の集積や新しい創造のできるまちといった意見もありました。


その後、みずしま財団から「水島が持っている環境学習・教育の効果と可能性」について提案を行い、メンバー間での意見交換を行いました。

メンバーからは、
「水島での被害者救済や企業の技術は、重要な学びのポイントになるが、工場見学だけでは学べない」
「水の循環の視点が大事だ。高梁川の上流、中流域にも創造力を発揮できるように」
「しっかりしたビジョン作りのためには、それぞれの立場での努力が必要」
「漁協では、保育園や小・中学校の受け入れをしているが、先生が一番喜んでいる」
といった意見が出されました。

今後は、環境学習や工場見学、研修、エコツアーの実施状況の情報収集をして、協議会メンバーと共有、組み合わせによって新たに生まれる効果と可能性について検討しながら、水島の新たな将来ビジョンについて議論を進めていきたいと思います。
 
次回は11月19日(火)です。

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき