みずしまプロジェクトの最近のブログ記事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
本日のテーマは、「日中韓三国の経済協力と東アジア」です。日本(岡山大学)、中国(吉林大学)、韓国(成均館(ソンギョンガン)大学)から26名の学生と岡山大学国際センターの教職員3名のみなさまが水島に来られました。
サマースクール:http://campus-asia.ccsv.okayama-u.ac.jp/student-exchange-programs/seminar-workshop?lang=ja


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

8月15日、今日はたくさんの方が犠牲となった第二次世界大戦が68年前に終わった日。慰霊の日であり、未来の平和を築く日です。東アジアの未来を築くには若い世代が、直に顔をあわせ、対話をすることがとても重要。岡山大学のキャンパスアジアはそれを実践しています。

日中韓3国の学生が、環境と経済をかんがえ、ともに未来の話をすることが、水島というフィールドで、体験していただく日となりました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

岡山大学を出発して、まず向かったのは、水島コンビナートにある、JFEスチール株式会社西日本製鉄所。鉄が生まれる瞬間や圧延の工程を見学、水循環の環境技術について説明を受けました。

 

 

P8159978.jpg
JFE担当者に話を聞く

 

 

P8159984.jpg
工場見学後、環境学習センターに移動。

 

 

P8159996.jpg
倉敷市環境学習センターでは、「倉敷市の環境監視の体制・環境学習について」今田吉信氏から、お話を聞きました。

 

経済発展に伴う環境問題として、みずしま財団専務理事が、水島の経験をお話ししました。


 P8159999.jpg
「経済発展に伴う環境問題を学ぶ」太田映知みずしま財団専務理事

 

 

多摩大学の金美徳教授の進行で、ディスカッションの時間。
テーマは「アジアの経済、企業と環境のあり方」

 

金教授は、
「今の時代は、環境を考えない人は、ビジネスをまったくわからない人」
「環境対策をする企業には、投資家が判断して投資する。反対に環境を考えない人は、投資を受けられない、今の時代は当然です」
「就職するときには、こういう集中したグループワークがいるよ。」
と、びしびし時間を進行。
こういう集中した感じ、いいですね!

 

日中韓の学生は、4つのグループに分かれて "超"集中した議論を展開。
フィールドワーク・工場見学・講演を聞いた内容を生かし、どんどん意見だしをします。

  P8150018.jpg

 

campus asia1.jpg


グループの発表順は、
金教授曰く、「日本式の決定法」あみだくじで。
審査員は、金教授、岡大学の白准教授、みずしま財団の太田、藤原、塩飽の5名です。

 

P8150030.jpg

 

プレゼン時間は、2分
各グループ一生懸命に自分たちの意見をアピールします
 

P8150059.jpg


審査の結果、何と同点で2グループが優勝。みなさんお疲れ様でした。

 

campus asia2.jpg
 

日中韓3国の学生が、環境と経済をかんがえ、ともに未来の話をすることが、水島というフィールドでできたこと、大変貴重な機会で、こちらも勉強となりました。ありがとうございました。明日は、倉敷町家トラストの中村泰典さんに案内していただき、美観地区でのフィールドワークがあります。こちらも楽しみです!

過去に学び、持続可能な社会を考えるエコツアーを開催します。

今回は、企業や行政の環境への取り組みや、瀬戸内海の環境再生について漁業の現場から学びます。
定置網漁業を間近で見られるまたとないチャンスです。

一般の方も、ぜひご参加ください。

 
 
【開催概要】
 日時:2013年9月6日(金)9:30~16:00頃
 集合場所:倉敷市環境学習センター
 定員:27名(最小催行人数10名)
 参加費:5,800円  
 
 お申込み・お問い合わせ

 電話:086-440-0121 
 メール:webmaster@mizushima-f.or.jp

 詳しくは、案内のチラシをご覧ください。
img-730192657-0001.JPG

1月18日(金)に実施した、岡山大学キャンパスアジア まちなかキャンパス(第3弾)のご報告です。
今回のテーマは、「幸せな発展とは~高度経済成長が伝統的な暮らしに与えた影響~」として、水島の呼松・松江地区と倉敷の伝統的な町家を巡り、「対話の時間」としてグループワークを行いました。

午前9時に岡山大学を出発して、一路水島・呼松地区へ

かつて漁業で栄えた町の名残と、水島コンビナートの開発によって、地域がどのように変化したのかを学びました。
P1107774.JPG

呼松漁港(かつては目の前に海が広がっていた)

 

 

P1107783.JPG

往時の名残を残す呼松郵便局

 

松江地区は、果樹栽培など農業の盛んな地域でしたが、周りを工場に囲まれて生活の変化と、倉敷市の大気汚染測定所を実際に見学しました。

水島地域では、昔ながらの地域の生活が、コンビナートの建設とそれに伴う社会の発展によってどのように変わっていったのかを、実際に町を歩きながら見学してもらいました。


その後、NPO法人倉敷町家トラストに移動し、元気屋さんの昼食を食べて、地産地消の取り組みについて美味しく学びました。

 

午後からは、理事の中村泰典さんに「まちに灯りをともすとりくみ」と題してお話をしていただきました。


お話を伺った後、実際に倉敷の伝統的建造物群保存地区を、その現状と課題について中村さんから解説を聞きながら散策しました。


P1187821(1).JPG

伝建地区を眺めながらの解説

 

最後は、倉敷物語館で対話の時間。
皆さん今日1日の学びを元に、それぞれテーマを決めて熱心に議論を行い、グループごとに発表を行いました。

 

P1187841.JPG

グループワークの様子

 

各グループのテーマは、
①調和とプライド
②経済文化と伝統文化のバランス
③文化を守る心を伝える。

それぞれ学生さんらしいユニークな視点で1日の学びをまとめられており、我々にも新たな発見がありました。

 


P1187874.JPG

キャンパスアジアプログラムリーダー田口先生による総括

 

今年度の倉敷・水島での研修は、これで終了で、今後はとりまとめをされるということで、今回の企画で、日中韓の学生さんが学びをどのように活かしていかれるかが楽しみです。

 

2013年1月18日(金)

今日は、岡山大学のキャンパスアジアの受入をしています!

 

テーマは、

「幸せな発展とは~高度経済成長が伝統的な暮らしに与えた影響~」

 

フィールドワークとして、水島・倉敷を歩いた後に、

日本・中国・韓国の大学生が

「対話の時間」で、じっくりと語り合います!

 

新しいみずしま財団のパンフレットが完成しました。

 

子どもたちに手渡したい まち・そら・うみ

  健康で、幸せく暮らせる社会づくりに取り組んでいます。

パンフ表 裏 1.JPG

(B4版 3つ折り 裏表)

 

みずしまプロジェクト

 環境再生の実践 ~ずっと住みたい水島に~

    &

 学びの場の提供 ~未来をつくる人を育てる~

パンフ中1.JPG

水島の過去を活かし、未来をつくる。

 

パンフレットをご希望のかたは、下記までご連絡下さい。

みずしま財団

 電話086-440-0121、FAX.086-446-4620

 webmaster@mizushima-f.or.jp

 

 

 

 

 

12月13日に実施した岡山大学キャンパスアジアの視察研修受入で、とってもいい写真がありましたので、改めてご紹介です。

 

190160_511808865519998_1297926408_n.JPG

環境学習センターでの記念写真ですが、皆さんとってもいい笑顔ですよね。
専務理事の太田も、未来を担う学生さんたちととてもいい交流ができてニコニコです!

次回は、2013年1月18日(金)です。
水島コンビナートと町家の暮らしの対比がテーマです。

12月13日(木)に岡山大学国際センターキャンパスアジアの「まちなかキャンパス」第2弾、みずしま見学「環境再生の視点から地域開発を学ぶ」の視察受け入れを行いました。

参加者は、学生・留学生19名、教員4名の23名でした。

 

これは、日中韓の3カ国の学生・留学生が東アジアに共通の課題を共有して、連帯感をもって取り組む意識を育てることを目的としたプログラムの一環として開催されたものです。
水島地域では、今回のコンビナートと瀬戸内海を学ぶツアーと、倉敷の町家について学ぶツアーの2回開催されます。


当日は、岡山大学に集合し、水島への移動のバスの中で、ビデオ「ひとりからはじまる~海底ごみをめぐる協働~」を視聴した後、水島の概要について私が説明をしました。

222135_511794135521471_251938852_n.JPG 

 

鷲羽山スカイラインから鴨ヶ辻山の展望台にのぼり、水島の地形的特徴、工場と市街地の配置・近さなどを実感しました。

543930_511794175521467_479804195_n.JPG 

 

JFEスチール株式会社西日本製鉄所では、世界有数の規模を誇る工場と企業による環境への取り組みなどを学びました。

PC137669.JPG

JFEスチール見学センター S所長による解説

 

工場見学の後は、倉敷市環境学習センターに移動
そこで、地元の食材を活かしたお弁当を食べ、地産地消について説明をしました。

227068_511808105520074_37632880_n.JPG

玄米食堂元気屋さんのお弁当

 

環境学習センターでは、倉敷における大気汚染公害の歴史の概要とそれをなくすための行政や企業の取り組みについて説明を聞きました。

196425_511808178853400_1102383991_n.JPG 

 

393371_511808235520061_1756342702_n.JPG

倉敷市公害患者と家族の会 太田会長

 

これまで見てきたことを元に、「東アジアにおける共生社会の創生」をテーマにグループディスカッション
皆さん、熱心に議論をしていました。


PC137708.JPG

 

その後、船で水島コンビナートから瀬戸内海をクルーズする予定だったのですが、手違いにより急遽予定を変更してバスで与島へ

73061_511808925519992_1531915771_n.jpg

 

与島では、瀬戸内海の環境や海底ごみの問題などについて解説を行いました。
316668_511808892186662_6323247_n.JPG

 

グループワークでは、留学生さんは水島の経験を学び、それを自分達の国の状況と照らし合わせて考えていたようです。


少し予定を変更したところなどありましたが、参加した留学生・学生さんは、非常に熱心に話を聞いていただき、活発な意見交換が行われてしました。
今回のツアーが東アジアにおける環境問題への日中韓を中心とした国々の連携のきっかけとなるような機会になったなら幸いです。


次回は、町家トラストを中心としたツアー。
どんな学びになるか、今から楽しみです。

本日(11月20日)は、吉備国際大学「自然環境保全論」学外実習の受け入れを行いました。

参加者は、23名(教員2名を含む)でした。

朝8時に高梁の大学を出発して、倉敷駅からの参加者と一緒に私も倉敷から合流しました。

まず、鴨ヶ辻山の展望台までの間に、水島の成り立ちや、公害問題について簡単にレクチャー。


山の上からは、工場と市街地の位置関係、公害問題と地形とのかかわり、集合高煙突などについて説明。


松江地区では、バスを降りて松江の大気測定所や、工場に囲まれた集落を、歩いて実感してもらいました。


その後、環境監視センターの見学を行い、環境学習センターについて岡本所長から解説していただきました。
PB207171.jpg

 

最後に、公害患者さんのお話を伺いましたが、時々咳き込みながらも公害被害の実態、大変だった裁判についてお話しする患者さんの様子に、皆さん熱心に聞き入っていました。

PB207179.jpg

 

今回は、普段バスで通過する松江地区の散策を行い、工場と住宅地の近さを体感し、患者さんのお話と合わせて、公害というものをより実感してもらえたのではないかと思います。

川崎医科大学の4年生約100人が5回に分かれて、水島地域を訪ね、水島の歴史や公害問題について学ぶ見学実習。
今回は、第5回目ということで、今年度の最終回となりました。

本見学実習は、「水島の経験を未来へ活かす」をテーマに、鴨ヶ辻山からの視察、公害患者さんとの懇談、公害医療に携わった医師のお話といったプログラムになっています。

まずは、バスに乗り、鴨ヶ辻山展望台から水島地域を一望。その後呼松や松江を巡りました。
ここでは、コンビナートの巨大さや、市街地との位置関係など、公害の地理的な影響について学びました。


その後、あさがお会館に移動し、水島の歴史と公害についてのレクチャー。

水島の成り立ちや公害の歴史、公害経験を活かした呼吸器リハビリの取り組みなどについて説明しました。


PA316649.JPG

公害患者さんとの懇談は、公害病の症状のお話や、家族への影響、薬によってだいぶ楽にはなったが副作用の問題がある、といったお話に学生さんは聞き入っていました。


里見和彦医師(水島協同病院院長、みずしま財団理事)からは、「公害医療に携わって」と題してお話をいただきました。

 

 

PA316661.JPG

お話のポイントは、以下の3点。
・公害は終わっていない
・公害反対から地域再生
・現代を見る視点・現場を見る視点

「患者・地域に向き合う」、「病気の背景を知る」姿勢の大切さについて話されました。

学生さんからは、「現在新たな患者は発生しているのか」、「呼吸器リハビリの効果」などについての質問があり、熱心に意見交換がされました。

本見学実習は、来年度も予定されており、今後も医学生さんに水島の経験を活かした学びの機会を提供していきたいと思っています。

9月23-24日(日-月)にかけて、島根大学法文学部法経学科の3研究室の学生と先生、合せて19名が、水島地域でフィールドワーク研修を行い、その受入を行いました。

そのテーマは、「都市と農村が直面する政策課題」となっていて、2泊3日の研修の中で、水島で日本の経済を支えてきた製造業の現場とその影で発生した公害問題について学び、鳥取県日南町で中山間地の課題とその対策としてのバイオマス利用・グリーンツーリズムについて学ぶというものでした。
みずしま財団では、前半2日間の倉敷市での研修のコーディネートをしました。

倉敷市水島では、まず環境学習センターの岡本規利所長に、施設の紹介と、環境政策について話を伺いました。

SH3E0341.JPG

 

その後、塩飽から水島の公害の歴史と、その後の環境再生の取り組みについて概要を説明した後、公害患者さんから直接当時の様子や現在の症状、生活上での課題などについてお話を伺いました。


SH3E0343.JPG

2日目は、三菱自工とJFEスチールで工場見学をし、日本の産業の抱える課題や、今後の展望、環境対策の取り組みなどについてのヒアリングを行いました。

P9246177.JPG

 

その間の時間に、水島の商店街を散策し、地方の商店街の抱える課題を実感するとともに、頑張って取り組みをしているお店などの見学も行いました。バスに乗って、鴨ヶ辻山の上から水島地域を展望し、地理的な条件と公害との関係、まちづくりの課題などについても学びました。

 

やはり、若い学生さんたちにとっては、患者さんのお話がインパクトがあり、皆さん真剣に聞かれていました。
中には、自分もぜん息持ちという学生さんも数人いて、他人事ではないと、憤りを感じたという意見もありました。


今回の研修の目的の一つは、産業発展を追い求めた結果、公害患者さんがたくさん発生したように、例えば自分が何かした場合にそれが他人にどういう影響を与えるかをきちんと考えて行動する力を身につけることを目指したものでした。
また、今回の経験が、環境問題に限らず、様々な角度から問題を分析し、自分なりの意見を持つきっかけとなり、今後に活かされることを願っています。

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき