Topicsの最近のブログ記事

事務局藤原です。 みずしま財団事務局は、昨年度と同じメンバーで、

今年度スタートしました!

新年度いちばんの視察研修の受け入れは、倉敷医療生活協同組合の新入職員研修。

「みずしま探検の旅」の1日をご紹介します。

9:00研修の目的とガイダンスでスタート。

医療スタッフは、患者さんの生活背景を想定しながら、患者さんの声に耳を傾け、

診察や応対が必要ですね。その「生活背景を想定する」ことをこのフィールドワークでは体験してもらいます。まずは「地域を知る」体験からスタート!

バスに乗り込みます。緩衝緑地帯のサクラも満開

緩衝緑地帯のさくら.jpg

鴨が辻展望台で、レクチャーを聞きます。

バス.jpg

よいお天気!!レクチャーは福田広史さん。

水島まちづくりWGとして一緒に地域のことを調べています。

地形や、工場地帯と住宅地の位置関係など俯瞰します。

鴨が辻展望台.jpg

バスで山から下りてきて、水島商店街を散策。

昼食は、商店街周辺のお店3つに分かれて、体験!!

 ・ボリューム満点の中華 とらや

 ・おいしさと安さのハンバーグランチ こころ屋

 ・お上品なそば定食 ときわ庵

↓こころ屋さんグループの様子

ココロ屋さん.jpg

今度は、水島臨海鉄道に乗車体験 通称ピーポーと言います。

「患者さんが「ピーポーに乗ってきたんよ」、ともし言われたら、このことだってわかりますね~」

と話していた研修生がいました。なるほどそうだ。

臨海鉄道の車窓から.jpg

水島愛あいサロンでこの施設の経緯を聞きます。

また

地域医療に力を注いできた、倉敷医療生協の南診療所も目の前なので、

レクチャーを聞きました。名物医師のお名前が出てきました。

あいあいサロン前.jpg

みずしま財団塩飽研究員のレクチャー

 

塩飽レクチャー.jpg

倉敷市環境学習センターでは、倉敷市の大気監視の歴史と大気汚染概況について、

お話をうかがいました。医療スタッフとして、環境と健康の関係をぜひ知ってほしいですね。

環境学習センターレクチャー.jpg

 

さぁ、会場に戻ってからは、グループワーク。

総勢38名が6グループに分かれて新聞づくり&みずしまクイズづくりにチャレンジ。

新聞づくり.jpg

 

発表と投票。最後は、豪華景品付きの大クイズ大会も例年通り開催しました。

新聞発表水島デーとスポット.jpg

盛り沢山な1日でした。

医療スタッフ向け研修は、今年の秋に、大きな大会が岡山であるとのことで、

秋にも開催されます~。

みずしま財団事務局の藤原です。

2015年1月25日日曜日、倉敷市環境学習センターで、

38名の参加者があつまり、

熱気あふれる会となる地域報告会を開催しました。

 

(写真:全員参加型ディスカッションの一場面)

対話2.jpg

 

◆地域報告会 みんなでつくろう!世界一の環境学習のまち みずしま◆ 

~持続可能な地域づくりと人材育成を考える~

 

開会あいさつ:みずしま財団専務理事太田映知

「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」を2013年からスタートしました。

企業・行政・住民・NPOがひとつのテーブルにつき、未来を語り合う、画期的な協議会。

環境省の協働取組として、設定し、みずしま財団が事務局を担いました。

太田さん開会あいさつ.jpg

 

活動報告 本事業の内容 塩飽敏史みずしま財団理事・研究員

今年のとりくみをテーマ別に報告しました。

(テーマ)

◆協働の土台を固める

◆対話を進める

◆若者が学ぶ地域の確立

 

商店街や臨海鉄道を使った作品展示など、

具体的なとりくみを通じて、取り組みを地域へ広げていることを報告しました。

 

企業・行政・住民・NPOのそれぞれの力を活かして、学習資源をつなぎ、

学びを提供していく。この新しい学びしくみが、水島の特徴です。

塩飽さん発表.jpg

 

特別報告:水島で得られた実践知(自ら体験し、考える能力)

岡山大学地域総合研究センター非常勤研究員鷹野郁子さん

 

岡山大学で今年度始まった、実践型社会連携授業「倉敷市水島から学ぶ地域社会と環境」

前期15コマ、毎週金曜日の授業です。

大学生たちが、座学とフィールドワークで学んだことを詳細に報告いただきました。

次年度(H27年度)も継続が決定

鷹野さん発表.jpg

 

全員参加型ディスカッション 持続可能な地域づくりと人材育成

対話.jpg

4人がひとつのグループになってディスカッションをしました。

 

協議会メンバーは前に並んでいただき、同じ内容について回答

パネルディスカッション.jpg

ディスカッションの内容

◆自己紹介

出身地や今取り組んでいることなどを紙に書いてからグループで話し合い。

 

◆私が思う水島地域の特徴とは?

・工場が多い。

・懐かしい街並みと無機質な存在のコントラスト・共存。

・新しい生活、流域を考え行動していくチャレンジのまち。

フロアーからは「水島という地域のなりたちは当時軍需工場だった三菱の社宅で形成されたまち。航空機の地下工場もあり在日コリアンが集結させられた。戦争・平和の視点、地域づくりの視点を忘れてはいけない」という発言もありました。

◆水島だからできる「環境学習」とは?

・対比:大規模なコンビナートと住民の暮らしぶり

・ともにとりくむということ

・両面が学べる

・コンビナートと住宅が共存するための学びづくり

・水素社会のデザイン

◆期待したい「人材」とは?

・人材は地域(地元から)祭りをヒントに。

・いろんな人、思いが同じ方向にある人。

・能動的に考えて垣根を軽く飛び越えられる人。

・流域の未来と向き合って協働して地域を創る。

 

◆この協議会を発展させていくために私が貢献できそうなことは?

フロアーからの発言

「水島では生き物に直接触れることのできる場所もある。子どもたちが小さなころからそういう自然体験が必要。大学生として体験学習の協力をしていきたい。」

参加者発表.jpg

土地の力、自然の力、技術の力、人の力、いろんな力を合わせ、

新しい学びを提供し、次世代を育てていく。

この水島の動きを呼びかけるツール・仕組みができました。

パンフレットは加筆・修正を加えて印刷、ホームページは2月末にはお披露目します。

 

(参加者の声)

・「開発」とは何か、を江戸期から未来まで学べる場所なので期待しています。今後とも連携よろしく。

・和気あいあいとした雰囲気で行われ、かたい会場にならなかったことが良かったと思います。

・水島についていろいろと知れた、内外問わず、いろんな人に聞いてもらいたい。

・沢山の収穫があった会だと感じました。これをもっと市民をはじめ多くの人に知ってほしいと思います。

 

環境省 地域活性化を担う協働取組加速化事業として開催しました。

事務局藤原です。いつもお世話になっています。

「世界一の環境学習のまちみずしま」をめざしたとりくみがスタートしています。

 

環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会で話し合ってきた内容を

パンフレットしてまとめました。

 

私たちの環境学習のとらえ方●

環境学習とは、地域のいきいきとした未来を開いていくための「学び」の実践です。

そのために私たち水島地域の多様な主体が協働し、地域内のさまざまな学習資源をつなぎ、

地域住民、若い世代、地域外からの来訪者など、様々な人々を対象に多様な学びの機会の創出に取り組んでいきます。

 

●体制 企業・行政・市民・地域団体・NPOが協議会を設置します。(事務局:みずしま財団)

 

表ページ

パンフレット表.jpg

 

中ページ

パンフレット中.jpg

 

裏ページ

パンフレット裏.jpg

2014年12月26日(金)岡山県立岡山城東高校2年生22名と先生2名が、

校外学習に水島に来られました。

 

午前中にJFEの工場見学をして、お昼に倉敷市環境学習センターに到着。

持参の昼食後には、エコギャラリーで現在、展示中の「ハンズオン展示」を体験。

エコライブラリーの環境展示パネルも見学しました。

展示をみる.jpg

 

午後いちばんのレクチャーは、みずしま財団塩飽敏史研究員。

地域開発と大気汚染公害の歴史を解説。

塩飽研究員レクチャー.jpg

 

公害患者さんのお二人に、1970年代の水島の様子、病気についてお話しいただきました。

子や孫に自分たちのような苦しみを味あわせたくないとの思いで裁判を闘ったことなどを克明に話していただきました

夜に咳がとまらなく寝られない状態は今も続いているというお話もありました。

患者さんの語り.jpg

高校生が来た12月26日は、18年前に、裁判が和解が成立した、

ちょうどその日。患者さんにとって、感慨深い日です。

 

つづいて、倉敷市環境学習センター職員の方に、

大気汚染を防ぐ法律や、監視の仕組みについて解説いただきました。

データを継続的にとりつづけることの重要性や、

新たな課題についても気づきがありました。

 

バスに乗っての鷲羽山スカイライン鴨が辻展望台へ。

鴨が辻展望台からは、海が光る様子が!!

こんな風景はめったに見られません。

 

瀬戸内海が国立公園に指定されて80周年の記念の年であることも、

お話しました。

金波.JPG

高校生たちも撮影!

撮影隊.jpg

汚染を減らす技術開発に努力した人、

監視体制をつくり、調査をした人、

なんとかよい空気にと、住民運動で訴えた人、

たくさんの人の努力で今の環境がつくられていることを学んでいただきました。

 

現場をみて、当事者の声を聞く。

そして環境と経済について考えるフィールドワーク。

高校生のみなさんは盛りだくさんの内容で、いっぱいいっぱいかもしれません。

少しずつ消化しながら深めていって欲しいなと思います。

 

2015年12月26日(金)最終日、

岡山城東高校2年生のフィールドワークを受け入れています。

今回は、公害患者さんのお話をぜひ聞きたいとのご要望。

のちほどまた、報告します!

 

昨年からスタートした環境学習を通じた人材育成、まちづくりを考える協議会。

11月17日(月)第6回を開催しました。

  第6回協議会.jpg

協議会でのすすめようとしていることを明文化しようと、対話を進めています(下記参照)。

 

また、協働でものごとを進めていく上では、お互いの取り組みを情報することが重要ですね。「え?そういうことしてたの?一緒にできそうだね」という話題も。

 

具体的取組は、各所でスタートしています。

対話と共有、さらには実践を積み重ねながら、水島の魅力を再構成し、

未来ビジョンに向けて、進めていきます。

 

 

【話し合っている文書案】

倉敷市水島地域に暮し、働き、学び合う人たちが環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会をつくり、話し合いを重ね、未来ビジョンを作成しました。(2014年2月)

 

未来ビジョン

豊かな自然と歴史、そして健やかな暮らしと活力ある産業が育む

世界一の環境学習のまち、みずしま

 

<具体的な目標>

水島の持つ資源や要素を活かした、新しい学びのしくみをつくります。

新しい学びとは、

市民と企業で未来をつくる機会や場をつくること

地域の内外から人々が集い、とくに若い世代が集まる機会や場をつくること

そのことを通じて、末永く住み続けたい"水島スタイル"の暮らしがつくられることをめざします。

 

<私たちの環境学習のとらえかた>

この協議会につどう私たちは、環境学習を「水島地域の多様な主体が協働し、水島地域のさまざまな学習資源(自然、歴史、文化、産業、農漁業、人など)をつないで、いきいきとした未来を拓いていく実践からの学び」ととらえ、地域住民、若い世代、地域外からの来訪者など様々な人々を対象に、多様な学びの機会の創出に取り組んでいきます。

 

<体制>

・企業、行政、市民、地域団体、NPOが協議会を設置します。事務局をみずしま財団が担います。

・協議会のメンバーが呼びかけ人となり、協力や賛同を広く呼びかけ、実現させていきます。

 

<具体的に実施したいこと>

・水島地域の持つ産業力、環境力を環境学習や教育旅行に活かし、水島地域の活性化につながることを実施します。

・水島地域での環境学習やまちづくりの取り組みの情報を収集し、目に見えるようにします。

・実際に動いていくための推進の方針と課題を明確にします。

倉敷市水島地域に学ぶ 環境と経済の共生と題した、

岡山大学キャンパスアジアのサマースクール。

昨年に引き続き、今年も水島で受け入れました。

2014年8月7日木曜日に、日・中・韓の大学生・院生と教職員のみなさん40名が水島で学びました。

 

今年は初めて、通生(かよう)地区の宮の鼻で、レクチャーを岸本務さん(通生奥地区地区長)にお願いしました。

岸本さんレクチャー.jpg

かつての豊かな海と暮らしとのかかわり、コンビナート開発による暮らしと景観の変化を瀬戸内海の多島美が左手に、コンビナートを右手に一望できるこの場所で、お話をうかがいました。

塩生(しおなす)海岸が埋め立てられる以前の写真も持参いただき、感謝です。

岸本さんレクチャー2 昔の写真 .jpg

つづいて、

三菱自動車工業水島製作所の見学をしました。

生産の現場を見て、解説を聞きました。

 

三菱自工では、韓国の出身で、現在は三菱の社員として働く呉さんから、

ご自身の考えるグローバル人材についてのお話をいただきました。

P8074137.JPG

 

 

お昼には、玄米食堂 元気屋さんのお弁当!

材料は県内でとれたものを直接仕入れ、調味料も極力気を付けられているとのこと。

さわらのホイル焼き、とってもおいしかったです。

obenntou.jpg

 

昼食後、レクチャーの合間に、

「公害と子どもたちの暮らし」の展示をじっくりみる留学生の姿がありました。

感想:環境問題は自分だけでなく次世代につながるので大きく問題視しなければならないと思った。

 

展示を見学.jpg

午後のレクチャー、みずしま財団の塩飽研究員「経済発展に伴う環境問題」

地域開発と公害の歴史、克服のために努力してきた内容、さらに、

企業・行政・市民が協働してつくった未来ビジョンの説明もします。

塩飽さんレクチャー.jpg

続いてのレクチャーは、

倉敷市環境学習センター今田さん。

「倉敷市の環境学習・環境監視のとりくみ」をお話。

今田さんレクチャー.jpg

グループワークでは、

金美徳先生(多摩大学教授)による進行です。

「日中韓の経済発展と環境保護のあり方」をテーマに、

話し合いアイディアをまとめます。ぐっと短い時間に、集中して考える。

 

「こういう経験はとても大事、就職活動でもこういうのありますよ!」と、金先生から。

 

金先生.jpg

集中して、アイディアをひねりだして、コミュニケーションをとってまとめて、発表する。

みなさん集中して頑張りました!!

 

それぞれの国の抱える課題を共有し、よりよい環境を作っていくために

日・中・韓が"協力する"というキーワードがとても印象的でした。

教育が大事だの発言もありました。

 

発表への評価は、教職員とみずしま財団スタッフ。

もっとも評価の高かったグループには、「第2回キャンパスアジア・グループワーク最優秀賞」という"名誉"が送られました。

 

 

追記:個人的には、発表順をきめる金先生のあみだくじが、今年もだ!

とおもって、おもしろかったです。

あみだくじ.jpg

 

研修のお問い合わせは、いつでもどうぞ。

みずしま財団 電話 086-440-0121

2014年7月28日月曜日、倉敷南高校の1年生22名と先生1名が、

水島のフィールドワークに来られました。

(受け入れをみずしま財団が担当)

高校生1-1.jpg

倉敷市環境学習センターエコギャラリーで、

地域開発と公害の歴史のお話を藤原がしました。

 

インターネットにつないで、記録で見る大気汚染と公害のHP(環境再生保全機構)

を使い、映像をみてもらいました。

 

自由見学では、エコギャラリーに設置している「公害と子どもたちの暮らし」のパネルや、

県産材で内装されているエコライブラリーでは、環境展示パネルを見ていただきました。

 

その後は、バスで鴨が辻山の展望台に行きました。

高校生2.jpg

塩飽研究員の3択クイズが好評でした。

高校生のみなさんは、目に見える風景を楽しく学びながら、考えてもらえたようです。

6月10日(火)に、第4回環境学習を通じた人材育成・まちづくりを
考える協議会を開催しました。

DSCN4729.jpg

 

昨年度協議会を立ち上げ、水島の未来ビジョンと
具体的な目標を策定し、今年度はその基盤固めとプログラムの
実践を目指しています。

今回の協議会では、現在の進捗状況の報告と、今後の
スケジュールの確認を行いました。

詳細については、また後日報告いたします。

本日6月5日は環境の日と、環境基本法でさだめられ、

その日を中心とする6月の1か月間は環境月間となっています。

 

みずしま財団では、この環境月間に、

倉敷市と市民が倉敷市の環境について話し合う場を2003年から開いています。

 

その名も、「環境月間における倉敷市との懇談会」

そのまんまです・・・

今年は12回目。

2014年6月24日火曜日、13時から17時まで、倉敷市環境学習センターで実施します。

 

ただいま参加者募集中。

市内環境団体のみなさまには、火曜日に発送させていただきました~

すぐに4人のかたから早速にFAXが届いています、ありがたいことです。

 

今、求められる環境教育の可能性について学び、

話し合いの中から環境教育・学習プログラムをつくる、というところまで実施します。

西村仁志さんをお招きしています!ぜひ、ご参加ください。

 

20140624 懇談会.jpg

 

PDFのデータはこちら↓

2014懇談会チラシ案(最終版).pdf

1  2  3  4

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき