資料保存の日の最近の記事

資料保存のとりくみが水島で進んでいます。

現在目録作成中。

ためしにこちらの資料保存ブログも書いてみます。

(事務局)

明日(4日)は水曜日ですが、担当スタッフがお休みのため

 

資料保存の日もお休みします!

 

11日は実施する予定です。

よろしくお願いします。

6月にはいって更新が滞っていましたが

一応、総行動があった6日以外は

細々ながら毎週水曜日、資料保存の日をしていました。

 

今日は、資料保存というよりも

片づけ!

 

患者さん達が集まる交流スペース「あさがお会館」の一部に資料を置かせていただいているのですが

 

一部どころか、邪魔になる状態にあるので

少しでも、どうにかならんかと片づけをしてみました。

 

そしたら、でてきました、このポスター!!

 

120627_115252.jpg

 

1994年3月23日の

裁判の判決がでる日の行動

「もも太郎行動」のポスター!!

 

ちゃんと保存しなければっ

 

-------------------------------------------------

来週も、片づけになるかもですが

資料保存の日、10時から行います!!

-------------------------------------------------

 

片づけすると痒いんだなー。イロイロいるんだろうな・・・・。

DSCN1162.jpg

 

はい、今日も、資料保存の日でした。

 

今日は、「重要写真」!と書かれている

紙袋の中を整理。

 

新旧様々な写真が入っていたので

まず似たもので集めるという作業から。

 

そうしたら

「あ!、○○の△△さんだー」という声が・・・。

(全然わかんないですね)

 

今、エコツアーでお世話になっている

コンビナート企業の総務の方の若いころの姿が写った写真を発見したのです。

 

歴史を感じますねー。

 

 

さらに、全国にある大気汚染関係の患者会があつまってつくった

「全国公害患者の会連合会(発足時は、連絡会)」関係の写真もあって

 

「1億円募金運動」という文字が・・・。

 

臨調(第二次臨時行政調査会:土光臨調とも)の際に

活動のための資金 1億円を集めたそうなんです。

そんな話や、その時代のもろもろについて

太田さんが話してくださいました。

 

その中で、そうかーと思った話

「患者の救済とか、患者の問題だけでやったらこの運動はつぶれる。

臨調の不合理を訴えて、国民の運動として、国民の支持を得られる運動として行ったんだ」という点。

(公害問題と臨調のつながりがわかんないと、なにがなんだかですね。すみません。それはまたおいおい。)

 

社会をかえるために活動する

そのために、共感をしてもらい、

信じて託してもらう「お金」。

 

まさに、ファンドレイジングではないですか。

 

 30年以上前の運動に、

今はやりの(というと語弊がありますが)ファンドレイジングの姿をみた資料保存の日でした。

 

 

今日の参加者は、

・太田さん(患者会会長)

・藤本さん(患者さん)

・藤原さん、塩飽さん、白神(みずしま財団)の5名でした。

水曜日!資料保存の日です。

 

今日は、11時から患者会の三役会があるってことで

10-11時の1時間、短期集中でおこないました。

 

今日は、裁判提訴時の写真を整理。

 

120509_102513.jpg

 

少し早めに会議のためにきていた患者さんと一緒に写真を見ました。

(写真では3人しか写っていませんが、この後にぞくぞくと人が集まる・・・)

 

「私うつっとる?」

「○○弁護士、若いなぁ」

「これ、あの人じゃが」

 

と、わいわい、写真をみていました。

 

「うちにもいっぱい、写真あるよー」

「新聞の切り抜きもあるよ」と患者さんから声をかけていただきうれしかったです。

 

が、それらを受け入れられる体制、ちゃんと整えなければですね♪

 

ありがとうございました。

今年度からはじまった資料保存の日

第3回目!

 

雨の中、がんばりました!!

(って室内の作業なのであまり関係ないのですが)

 

今日の参加者は

 

太田さん(倉敷市公害患者と家族の会会長)

藤本さん、小夜さん(患者さん)

そして、白神の4人でした。

 

今日は、ずいぶん前に見た記憶はあるのに

どこにいったのか記憶のなかった写真の箱を

事務所の隅から見つけ出し、その中の写真を眺めてみました。

 

すると、貴重な写真がかたまって入っている箱を発見!

(太田さんが整理されていた箱なんで、ほんとはあるのが当然なのですが・・・)

 

その中には、患者会友の会結成時の写真や

呼松エピソードとよばれる、水島で初めての公害反対運動の写真

裁判判決や和解の時の写真がありました。

 

120502_120030.jpg

 

今後の作業のために

どこにあるのかちゃんとわかるようにして

本日の作業は終了。

 

120502_105434.jpg

 

ご協力ありがとうございました!

今日は、お昼から、川崎医科大学の学生さんの受け入れがあるために

 

患者会の定例会議が午前にスライド。

 

よって、資料保存の作業は1時間だけ。

 

今日の作業は、新聞記事の切り抜き作業!

 

海底トンネル事故関連の記事が

最近、少し載っていたのですが

不覚にも切り抜くのを忘れ・・。

 

膨大な新聞の束のなかから

見つけ出して、切り抜く作業をすることになったのでした・・・。

 

しかし、幸いにも

患者さんたちが会議より早めに集まってくださったので

大人数で、取り組むことができ、

とても早く作業が終わりました。

 

ありがとうございました。

 

日ごろの積み重ねが大事ですね。

新聞の切り抜きはその度にすべきです。ハイ。

2012年4月から、毎週水曜日は「資料保存の日」ということで、設定してみました。

 

きょうは、その第1回目。パチパチパチ

 

今日の参加者は

 

太田さん(倉敷市公害患者と家族の会会長)

藤本さん(患者さん)

そして、白神の3人でした。

 

120411_113456.jpg

 

今日、整理したのは、写真。

 

独立行政法人環境再生保全機構の「記録で見る大気汚染と裁判」

http://nihon-taikiosen.erca.go.jp/taiki/index.html

のサイト充実事業が進んでいるので

 

今後、使えるように、写真の整理から取りかかっています。

 

だいたい、いつの時代の写真なのか

誰が写っているのか

1枚1枚、聞きながら

当時の裏話もききながら作業するので

今日見ることができたのは1袋分だけ。

 

気が遠くなる作業です。

 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれた記事のうち資料保存の日カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは登録図書です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。