みなさま、こんにちは。

昨年10月に、宮本憲一先生にお話しいただいた講演「公害克服の歴史と環境再生の課題」が、ブックレットとして完成しました。

みずしま財団20年記念事業の一環として作成いたしました。

寄付を頂いた皆様に、本日発送いたします。

IMG_0344.JPG

なお、

「ぜひ読みたい」というかたには、頒価500円でお譲りできますので、

事務局までお問い合わせください。

みずしま財団事務局:電話086-440-0121, webmaster@mizushima-f.or.jp

「呼吸リハビリテーションの重要性をお伝えする動画ができましたのでPRに使ってください」と、千住秀明先生(複十字病院 呼吸ケアリハビリセンター部長)から、お知らせがありました。

女優の杉田かおるさんとの対談です!

杉田さんのお母様が千住先生の患者さんでいらっしゃったそうで、ご自身が家族として呼吸リハビリテーションのすばらしさを実感されてきたそう。

動くとしんどいから動かない、すると筋力が弱ってますますしんどい。

「呼吸器の悪い人は、動かしたほうがいい。家の中に閉じこもらないで地域の中、社会の中で生きていける。そういう方法があるということを一人でも多くの患者さんに知っていただくと、助かる人もたくさんいる。」

ぜひご覧ください。

【杉田かおるのオーガニックリテラシー】

前半 https://www.youtube.com/watch?v=T4rQxLF-9bs&t=419s

後半 https://www.youtube.com/watch?v=KHZ3B7xPuXQ

千住先生の言葉がすてきです。

「リハビリテーションは、自分の残された能力を見直して、もう一度自信を取り戻す。復権の医学ともいわれています。

残された能力の中で自分の生活を再び取り戻しましょう」

「リハビリテーションは失われたものに固執しないで、残されたものでどうこれから社会へ関わっていくか、自分たちの人生を全うしていくか、そういうのがリハビリテーションの基本なのです。」

身体をほぐして、酸素を送ってあげる。息切れをとってあげる。

そして、薬とリハビリテーションの併用していく。正確な呼吸法を身につけていく。

千住先生のやさしさがにじみ出ている動画です!

公益財団法人結核予防会 複十字病院 呼吸ケアリハビリセンター部長の千住秀明先生が、COPD(慢性閉そく性肺疾患)のPR動画を

作成されたとのご連絡がありました。

ぜひご案内してほしいとのことでしたので、ご紹介します。

千住先生と杉田かおるさんの対談のYouTube動画です。

呼吸リハビリテーションの効果についても、ご家族として経験された杉田さんの声が直接聞けます!

https://www.youtube.com/watch?v=T4rQxLF-9bs&t=419s

みなさまへ

みずしま財団設立20年記念パネル展ですが、倉敷市役所ロビーでの展示につきまして、

延期することになりました。

会期が決まりましたらご案内いたします。

何卒ご理解くださいますよう、お願いいたします。

皆様へ 市役所展示延期.jpg

皆様へ 市役所展示延期.pdf

みなさまにお知らせです。

新型コロナウィルス感染拡大を防止するため、3月14日(土)に開催予定していました下記行事を延期することを決定しました。

・記念講演会:新しい環境文化の創造のために~みんなで水島の未来を想像してみよう~(京都府立大学副学長:宗田好史氏)

・記念レセプション

申し込みをいただいた皆様には個別にお伝えしてまいります。今後の日程等につきましては改めて検討します。

記念行事開催延期のお知らせ 各位(公印省略)20200227.pdf

記念行事開催延期のお知らせ 各位(公印省略)1 20200227.jpg

みずしま財団設立20年記念事業の一環として、

パネル展「水島の過去・現在・これから」を

倉敷市水島支所1階ロビーで開催しています。

IMG_0923.jpg

展示内容は、みずしま財団がこの20年間で取り組んできた 八間川調査、

海ごみ調査、呼吸リハビリ、環境学習による まちづくりの取り組みになります。

IMG_0924.jpg

みずしま財団のシンボルマークの原画と その由来についても展示しています。

展示期間は、2月10日(月)までとなっております。 ぜひ、お越し下さい。

IMG_0925.jpg

※パネル展は、今後以下の日程、会場で開催予定です。

・水島協同病院1階ホール  3月2日(月)~3月9日(月)

・倉敷市役所本庁1階ロビー  3月23日(月)~3月30日(月)8:30~17:15(土日祝日を除く)

 私ども水島地域環境再生財団(略称みずしま財団)は、

平成12(2000)年3月14日に岡山県の許可を得て設立してから、今年で20年になります。

設立以来、パートナーシップの拠点として、環境再生にむけた調査研究をはじめ、

若い世代の学びの支援やまちづくり活動を展開して参りました。

これもひとえに皆様のご支援・ご協力の賜物と感謝申し上げます。

本日(2020年1月29日)付けの山陽新聞で20年を迎えることを記事に掲載されました。

img-129161054.jpg

このたび、設立からの20年をふりかえり、今後を考える機会とする記念行事として、

3月14日に記念講演会&レセプションを開催いたします。

皆様のご参加をお待ちしています。参加ご希望のかたはお電話・FAX・メール等でお申し込みいただけますと幸いです。

2020年3月14日(土)

10~12時 記念講演会  くらしき健康福祉プラザ プラザホール(無料)

12:30~14:00記念レセプション 倉敷夢工房チャレンジド(有料)

詳細は添付資料をご覧ください。

宗田先生講演会&パネル展ちらし_修正1213_ページ_1.jpg

宗田先生講演会&パネル展ちらし_修正1213_ページ_2.jpg

体験型環境学習に興味のある方、水辺での調査・体験・教育に関心ある方、

ぜひご参加ください。2020年2月24日(月・祝)に講座を開きます。

子どもたちへの教材の提示の仕方や、指導方法、自然観察会での注意点について、学び合いましょう。

参加者募集、スタートしました!

とてもお勧めの講座です。お問い合わせもすでに、いただいています。

田賀辰也先生の著書「小田川流域の魚類と水辺の生物」をテキストに使います。

田賀先生は八間川調査でも20年近くお世話になっている先生です。

平成30年西日本豪雨災害で、小田川流域も被害を受け、

この災害をきっかけに長年の生物と内水面漁労の記録をまとめ、

多くの方に知っていただこうと思われたそうです。

興味のある方は、ぜひ申し込みください。

1220_最終.jpg

皆様こんにちは。

来年2月に、倉敷市・水島で学生向けのセミナーを開催します。

「自然・環境・地域」をテーマに、大人・大学生・高校生が、

お互いの考えや想いを共有することで、多様な生き方や価値観を学びます。

★申し込みはこちら↓  申し込みフォームから、倉敷市環境政策課★

https://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=12492

みなさまのまわりに興味のある学生さんがいらっしゃれば、ぜひ、お声がけなどよろしくお願いします。

2月セミナーチラシ(修正版)_ページ_1.jpg

学生のみなさんのご参加をお待ちしています!

2月セミナーチラシ(修正版)_ページ_2.jpg

●イベント名「教えて、先輩! 〜自然・環境×地域〜」

●日時 2020年2月2日(日) 13:30〜16:45

●会場 水島公民館(倉敷市水島北幸町1ー2)

 ※水島臨海鉄道「栄駅」から徒歩5分

●定員  高校生・大学生 30名(先着順)

 ※参加費無料

 ※ 申し込み締切り:1月24日(金)

●進行・コーディネーター:日置三津子さん(共育コーディネーター)

詳細はチラシをご覧ください。(PDFデータ 2月セミナーチラシ(修正版).pdf

●お申込み

 ※下記の申込フォームまたは、みずしま財団E-mail、電話でお申し込みください。

  https://www.city.kurashiki.okayama.jp/dd.aspx?menuid=12492

問い合わせ:みずしま財団 電話086-440-0121、webmaster@mizushima-f.or.jp

主催 倉敷市環境政策課

運営 みずしま財団

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき