持続可能な地域づくりに向けた若者の学び 

SDGsから考える地域づくりを話そう!in水島

★広い会場へ、変更しました★

水島愛あいサロンコミュニティフロアA・Bです。

「災害と環境問題 減災につながる環境教育」と題して、

島根大学大学院・教育学研究科の松本一郎教授にお話しいただきます!

tirashi.jpg

そのため若干、予定人数に余裕ができましたので、募集いたします。

ご希望の方はご連絡ください。

電話086-440-0121 みずしま財団

webmaster@mizushima-f.or.jp

今月の「みみみずしま財団 エコらぼFriday」(週刊くらしきハッピーレディオ内)は、
「防災とまちづくり」がテーマです。

第1週目の本日は、「台風と地球温暖化」についてお話してきました。

ちょうど今週末、非常に強力な台風10号が日本に接近していますが、
近年、台風が強力になっており、大きな被害をもたらすことが増えていると
感じませんか?

実は、地球温暖化による気温の上昇や海水温の上昇などが、台風の
大型化や勢いの強い台風の発生の原因になっているという研究データがあるそうです。

こういった災害の激甚化に対しては、ハード面での対応には
限界があり、やはり普段からの心がけや地域の人同士のコミュニケーションが、
重要となります。


そんな災害と環境問題について考えるセミナーのご案内です。

島根大学の松本一郎教授を講師にお迎えし、「災害と環境問題 減災につながる
環境教育」と題したセミナーを開催します。

上述の普段からの対策に向けて、高校生や大学生など若い世代と地域住民が
ともに学びあえる関係をつくり、持続可能な地域づくりを目指しませんか。


セミナー「持続可能な地域づくりに向けた若者の学び」
 日時:9月26日(土)13:30~16:00
 場所:水島愛あいサロン・コミュニティフロア
 対象:災害と環境問題に関心のある高校生・市民
 定員:30名(先着)
 

詳細は、みずしま財団にお問い合わせください。

「みみみずしま財団エコらぼFriday」は、毎週金曜日15:45頃より
エフエムくらしき(82.8MHz)にて放送中です。

ぜひ、お聞きください。

みずしま財団では、FMくらしきで毎週金曜日の15:45頃~15分間、
「みみみずしま財団 エコらぼFriday」(週刊くらしきハッピーレディオ内)という
コーナーで様々な情報提供を行っています。

毎月テーマを決めており、今月(8月)は、「夏こそ水環境」という
テーマでお話ししてきました。

最終週の今日は、8月23日(日)に実施した八間川調査隊の報告を行いました。

新型コロナウィルスの関係で、今年は6月の調査も今回の調査も
一般の参加者募集は行わず、スタッフのみでデータの継続的な蓄積を
目的に実施したのですが、その分、じっくりと観察や同定ができ、
新たな発見や気づきがあったことなどをご紹介しました。

来年度は、子どもさんたちに参加してもらい、身近な街中の川でも
いろんな発見があることをぜひ体験してもらいたいと思います。

P8230142.jpg

 写真は、今回の調査で見つかったカマツカ
 特徴的なお顔が分かりますでしょうか?

「みみみずしま財団エコらぼFriday」は、毎週金曜日15:45頃より
エフエムくらしき(82.8MHz)にて放送中です。

ぜひ、お聞きください。

今年は、新型コロナウィルスの影響で、大学生や企業職員の研修受入や、
環境問題について学ぶ体験学習やイベントが軒並み中止という状況が
続いています。

そのような中で、「世界一の環境学習のまち」を目指す水島地域として、
関係者との現状の共有と、今何をすべきかを話し合う会議を7月に開催しました。


「みずしま滞在型環境学習コンソーシアム」

7月3日(金)、倉敷市役所でコンソーシアム体制づくり検討会を
開催しました。

参加者からは、コロナウィルスの影響を受けつつも、まちの活性化に向けたイベントや
高校との連携、他県大学との連携といった取り組みを年度後半に向けて
進めている状況などの報告がありました。

思うように進んでいないところもありますが、動き出しているところもあり、
やるべきところは進めて、次のステージにつなげていきたいと
思いを新たにしました。


「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」

7月27日(月)、倉敷市環境学習センターで開催しました。

地域の若い人たちが、地域のことを学ぶ機会を支えていくことを
目標に、今年度に入り、水島地域内の小学校に出前授業の提案を行ったことや、
7月に、水島小学校で、5年生と3年生に地域の歴史や自然を学ぶ授業を行ったこと、
地元の高校と連携して防災に関する教育プログラムづくりを進めていることなどを
報告しました。

今後、さらに取り組みを広めていくために、広報用の素材を見直したり、
学習プログラムの内容を精査していくことなどを確認しました。


いずれの活動も、コロナウィルスの影響でいろいろな制約がありますが、
そんな時だからこそ、今できることを着実に取り組み、
「世界一の環境学習のまち みずしま」を目指していきたいと思います。

現在、倉敷市環境学習センターエコギャラリーで、
環境展示「海ごみと私たちの暮らしを考えよう」が本日から始まりました。

みずしま財団が設立以来取り組んでいる海ごみ問題について、
その実態や被害の現状、課題などをまとめており、ごみを無くすために
どうしたらいいのか、考えるきっかけにしていただけたらと思います。

P8120100.jpg

倉敷の海の基礎的な情報や、生きものにとって大切な浅海域(干潟、アマモ場)の
紹介もあります。

その他、みずしま財団が1999年から取り組んでいる八間川調査の展示もあります。
八間川での川ごみ調査の結果報告もあり、私たちの暮らしとのつながりを
感じていただけると思います。

P8120099.jpg


9月30日(水)まで展示しています。

ぜひ、足をお運びください。

昨年度仕事でお世話になった、環境再生保全機構の担当者の方から、情報提供いただきました。

新型コロナウイルス感染の収束が不透明の中、ぜん息及び慢性閉塞性肺疾患(COPD)の発症予防、発作や症状が出ないように保つための情報をお届けするために、環境再生保全機構が動画を作成されたそうです。

毎週金曜日に動画配信されるとのことで、以下、お伝えします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ERCA予防事業人材バンク」に登録の理学療法士の先生方に御協力を得て動画を制作しました。日頃のセルフコントロールに役立てていただきたいと存じます。

【全5回分の1回目】呼吸法について

8月7日公開、毎週金曜日にアップしていきたいと存じます。全5本を予定しております。

 https://www.erca.go.jp/yobou/ 最新情報をご覧ください。

 https://twitter.com/ERCA_yobou ツイッターからもご覧いただけます。

7月29日(水)に開催された「くらしきSDGsネットワーキングセミナー」で
みずしま財団の取り組みについて報告をしました。

本セミナーは、SDGs達成のためにセクターを超えて協働して取り組む組織と
人が繋がり合い、具体的な取り組みを進めることを目的に開催されたものです。

当日は、企業関係者、行政職員、高校の教員、大学生、地域で活動する市民団体の
関係者など様々な主体の方の参加がありました。

話題提供で、水島の大気汚染公害を様々な主体の努力で乗り越えてきた教訓や、
現在水島で取り組んでいる協働による学びを通じた地域づくりを報告し、
それをもとにしたフリップディスカッションでは、活発な意見交換が
行われました。

改めて、水島の教訓を未来に活かすことが、SDGsの達成につながるものだということを
お伝え出来たと思います。

みずしま財団では、研修の受け入れを行っております。
SDGsにつながる学びのできる水島に、ぜひお越しください。

7月22日付山陽新聞朝刊に、みずしま財団設立20年記念事業の
一環で作成した「2030年の水島、こうなったらいいな」に関する
記事が掲載されました。

SDGsを盛り込んで、「住み続けたいまち、水島」を目指した
みずしま財団からの提案です。

ぜひ、ご覧いただき、水島の将来を考えるきっかけに
していただければと思います。

IMG_1292.jpg

7月29日(水)19:00~ SDGsに
関するセミナーが水島のゆとろぎ館で開催されます。

主催は、倉敷市と岡山NPOセンターです。
SDGs達成のためにセクターを超えて協働して取り組む組織と
人が繋がり合い、具体的な取り組みを進めることを目的とする
「くらしきSDGsネットワーキング事業」の一環として開催されます。

みずしま財団の塩飽が、SDGsの取り組みとして話題提供をします。
当日は、SDGs達成に向けた「トレードオフの解消 カードゲーム」の体験ができます。
オンラインでの参加も可能です。

詳細は、倉敷市のHPをご覧ください。
倉敷市HP:https://www.city.kurashiki.okayama.jp/36485.htm


お申し込みは、岡山NPOセンターのHPからお願いいたします。
岡山NPOセンターHP:http://www.npokayama.org/sdgs_kurashiki/


ぜひ、ご参加ください。


くらしきSDGsネットワーキング 
第1回水島セミナー

日時:2020年7月29日(水)19:00~21:00
対象:SDGsに関心のある市民・団体
会場:ゆとろぎ館(倉敷市水島東常磐町10-8)
   オンライン配信も予定しています。
プログラム:
 ・SDGsとは
 ・SDGs達成に向けた「トレードオフの解消 カードゲーム」
 ・水島でのSDGsの取り組み紹介
  話題提供 公益財団法人 水島地域環境再生財団 塩飽 敏史
       ミズシマ・パークマネジメント Lab. 古川 明
参加費:500円(会場参加の場合)
主催/共催:
主催:倉敷市・特定非営利活動法人岡山NPOセンター
共催:公益財団法人水島地域環境再生財団・SDGsネットワークおかやま
お問い合わせ:
〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
TEL:086-224-0995 FAX:086-224-0997
E-mail:npokayama@gmail.com

20200729 水島セミナーチラシ.pdf

みずしま財団も加入している、公害資料館ネットワークの総会が、6月28日(土)にありました。オンラインでの総会という初めての試みでした。

大学・NPO・研究者等さまざまな立場の方が総会にあつまり、昨年度の事業報告・決算と、今年度の事業計画・予算が話し合われ、決定しました。公立の資料館の方もオブザーバー参加されました。

昨年度は、倉敷で、年に一度のこのフォーラムが開催され、全国から109名のかたがご参加、多くの深い学びが展開されました。事業報告にしっかりと書きこまれていました。

今年度は、新型コロナウィルスの影響から、フォーラム開催は行わず、別の形(たとえばオンラインでの研究会)で学び合いを行うことが確認されました。

・・・・・

公害資料館ネットワークとは、各地の公害資料館等が実践してきた「公害を伝える」取り組みを共有し、多様な主体と連携・協働しながら公害を学ぶ意義を全国、そして世界に発信することを目的としています。興味のある方は、下記のURLをご覧ください。

公害資料館ネットワーク

http://kougai.info/

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき