参加者募集中です。(1月29日締め切り、先着順)

高校生・大学生15名限定 

2021年2月7日(日)13:30~15:30 

※感染予防対策として3密を避け、換気します。マスクを着用してご参加ください。

2月セミナーチラシ(2020年度版)20210119版.pdf

2月セミナーチラシ(2020年度版)20210119版.jpg

主催:倉敷市環境政策課 / 企画運営:(公財)みずしま財団

【申込み・問い合わせ】 

倉敷市環境政策課自然保護係担当宗田・植田 (℡086-426-3391、eptc-np@city.kurashiki.okayama.jp)

みずしま財団 (℡086-440-0121、webmaster@mizushima-f.or.jp)

参加希望の方は、下記QRコード、あるいは上記メール・電話宛に、申し込みください。

その際に「氏名・学校名・学年・電話番号(中止の場合の連絡のため)」をお知らせください。  

昨年12月に完成した動画「地域からの発信 高校生と
生物多様性をつなぐプロジェクト」(令和2年度高梁川流域
地域づくり連携推進事業により作成)。

これまで限定公開でしたが、この度、どなたでも
ご覧いただけるようになりました。

生物多様性ユースアンバサダーの高校生と矢掛町で活動する
日妻クリーンクラブの皆さんや「川の達人」との交流を通じて、
生物多様性について考えます。

コロナで活動が制限されている今だからこそ、身近な自然を
見つめ直すきっかけとして、ぜひ視聴いただきたいと思います。

20210108 shashin.jpg


【動画】地域からの発信 高校生と生物多様性をつなぐプロジェクト

YouTubeで公開

https://youtu.be/biuH_mzfVqk

動画.jpg

あけましておめでとうございます。

2020年は、新型コロナウィルスにより、当財団の活動も
環境学習などで大きな影響を受けました。

その一方で、今できることを考えながら、新たな取り組みを
進めることもできました。

コロナ禍の今だからこそ、できること、やるべきことを
しっかり考えながら今年も取り組んでいきたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


まずは、若者の学びの場づくりの取り組みのご案内です。

昨年も開催したセミナー「教えて先輩!」を今年は、
生物多様性をテーマに開催します。

この分野で活躍する人生の先輩から話を聞き、
お互いの考えや想いを共有することで、
多様な生き方や価値観を学ぶことのできるまたとない機会です。

ぜひ、高校生、大学生の皆さん、ご参加ください。

※今回は、高校生・大学生対象に15名定員の限定募集となりますので、
ご了承ください。

※また、参加希望者は、事前に「高校生と生物多様性をつなぐプロジェクト」
youtube動画をご視聴ください。
https://youtu.be/biuH_mzfVqk

20210108 semina-chirashi.jpg

教えて、先輩! ~生物多様性って何?!~ チラシ

年末年始のお知らせ

| コメント(0) | トラックバック(0)

みずしま財団 事務局は、2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)まで休業します。

お休み中のご連絡は、Eメール(webmaster@mizushima-f.or.jp)もしくは、FAX(086-446-4620)でお願いいたします。

尚、事務局からの返信は2021年1月4日以降となりますのでご了承ください。

それではみなさま、どうぞ佳いお年をお迎えください。

みずしま財団 事務局

高梁川とその支流をつなぐ 高校生流域交流会@オンライン

参加者を募集します!

img-Z21143212-0001.jpgimg-Z21143212-0002.jpg

この交流会は、初めての試みです。流域の高校生による活動を通して、自然、文化、資源などの情報を高校生同士が共有し、高梁川全体を明らかにしていきます。また生徒同士の交流を通して、多様性やグローバルな意識の向上に寄与することを期待しています。

第一回メインテーマを『生物多様性』として高梁川・小田川の最上流部にあたる広島県神石高原町にある、広島県立油木高校(ゆきこうこう)神ゼミ(ジンゼミ)と、下流域にある金光学園高等学校生物部が、交流します。

参加者を募集します!

QRコード

または、https://forms.gle/75j2izg7sDFWMLit9

にてお申し込みください。

★ご自身の活動をぜひ発表したい!という高校生は、1月8日まで。

★交流会を見てみたいという高校生・大学生・中学生・大人は、1月15日18時まで。

ゲスト 田賀辰也さん 塩飽敏史みずしま財団理事・研究員

共催:油木高校神ゼミ・(公財)みずしま財団

後援:(一社)高梁川流域学校、神石高原町教育委員会(申請中)

協力:みずしま滞在型環境学習コンソーシアム

問い合わせ

(公財)みずしま財団 ℡086-440-0121 webmaster@mizushima-f.or.jp

「地域から発信 高校生と生物多様性をつなぐプロジェクト」

DVD・パンフレットが完成しました。協力くださった皆様、本当にありがとうございました。

高梁川流域の高校 48校(岡山県46校、広島県2校)にDVD&パンフレットを送付いたしました。流域で野外活動などを実施されている団体・大学・行政(7市3町担当課)にも送付いたしました。

パンフレットだけを送らせていただいた方、ぜひYouTubeで動画をご覧いただければ幸いです。

そしてぜひ、皆様のご感想をお聞かせください。来年1月16日には高梁川流域の上流域の高校生と下流域の高校生の「オンライン交流会」を準備しています!

パンフレット

IMG_1335.JPGのサムネイル画像

IMG_1337.JPG

IMG_1336.JPG

DVDパッケージ

IMG_1338.JPG

★みずしま財団たより101号特集に掲載された特別寄稿でご案内★

このたび、動画が完成いたしました!

令和2年度高梁川流域地域づくり連携推進事業(事務局 倉敷市企画財政局市民協働推進部市民活動推進課)により動画とパンフレットを作成してきました。

このプロジェクトは、矢掛町にある日妻クリーンクラブと(公財)水島地域環境再生財団が連携し、「チーム小さな生き物たち」として、「地域からの発信 高校生と生物多様性をつなぐプロジェクト」として行ってきたものです。新型コロナウイルス感染症対策のため集まって学ぶ機会が制限される中、何か工夫して、学びの材料を提供できないかと考え、DVDとパンフレットを作成しました。

12月中旬にパンフレットとDVDを高梁川流域の高校等へ送付いたします。

【動画】地域からの発信 高校生と生物多様性をつなぐプロジェクト

YouTubeで公開

https://youtu.be/biuH_mzfVqk

動画.jpg

みずしま財団たより101号を発行、賛助会員さんに発送しました。

今回の特集は、特別寄稿!そして表紙は20年記念講演会です。

特集 特別寄稿「地域からの発信 高校生と生物多様性をつなぐプロジェクト」に参加して~川の達人から学んだこと~」(金光学園高等学校2年生田中宏樹さん)資料室通信ページでは、新コーナー『資料をたずねてみませんか?』をみずしま財団元資料整理スタッフの森さんが、担当されています。話題@みずしま財団のコーナーでは、高校と地域で学ぶ防災・減災の視点の2つの行事の内容を掲載しています。

ぜひ読んでみたいという方は、お声がけください。1部差し上げます。賛助会員になって今後も購読いただけますと、ますます幸いです。

みずしま財団賛助会員

個人会員 1口1,000円(3口以上)

団体会員 1口10,000円(1口以上)

法人会員 1口10,000円(2口以上)

お申し込み・お問い合わせは、電話086-440-0121、Email webmaster@mizushima-f.or.jp

11月14日(土)、第10回目となる水島学講座(歴史編)
(主催:みずしま滞在型環境学習コンソーシアム)を開催しました。

今回は、講師に古川明さんをお迎えし、46年前の三菱石油重油流出事故の
当時の様子や、回収作業でご苦労されたことなど詳細にお話しいただきました。

PB141572.jpg

そして、その教訓を宮城や東京湾での同様の事故に際してどのように
活かされたのか、湾岸戦争後のペルシャ湾での活動も含めて、
お話いただき、経験を活かすことの大切さを具体例を通して学ぶことができました。

本講座は、初めてオンライン形式での開催でしたが、無事実施することができました。
オンライン参加8名、会場参加3名で、講義の後の質疑応答では、
皆さん熱心に意見交流を行われました。

PB141573.jpg

今後も、オンライン形式での講座に積極的に取り組んでいきたいと思います。

今年度はオンライン配信で実施します。(オンラインが難しい方は会場参加も可能です)

参加者無料です。

46年前の三菱石油重油流出事故の経験に学びあいます。

元三菱石油(株)社員で当時回収に関わり、その後に教訓をいかされた古川明さんに、「三菱石油重油流出事故の教訓をどう活かしたか」をお話しいただきます。

ご希望の方はお名前、ご連絡先、ご所属をそえて、下記までお申し込みください。

jyuuyuryuusyutujiko.jpg

img-Y06102649.pdf

主催:みずしま滞在型環境学習コンソーシアム

事務局-:みずしま財団

電話086-440-0121 FAX.086-446-4620 webmaster@mizushima-f.or.jp

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき