第二回協議会 みずしまでひらかれる新しい学び

| コメント(0) | トラックバック(0)

環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会

の第二回目を2013年12月2日月曜日、10時から実施しました。

 

今日は、「みずしまでひらかれる新しい学び」について、

一緒に考えあいました。

 

まずは、事務局みずしま財団から、9/6実施のエコツアー報告、

環境学習の現状ヒアリング、まちを好きになるワークショップ報告をしました。

 

大学生や留学生が日常では体験できない学びができ、高評価でした。

「もうすこし公害のはなしを聞きたかった」という大学の先生からのコメントもありました。

 

続いて、座長の西村仁志先生から、広義の環境学習についてお話

 

環境学習って、

自然体験、省エネルギー、ごみべらしにとどまっていない?

 

①環境持続性  子どもの世代も孫の世代もつづく

②社会的公正  みんなが良い環境を享受できるように

③存在の豊かさ 自然にささえられて、私がある。沖縄の「ゆがふ(世果報)」のイメージ

 

これらを目指す教育実践が、広い意味でも環境学習。 

 

その後は、ワークショップスタイルで、話し合い。

  「2030年のみずしまが~だったらいいのにな」

  「みずしまならではの学び」

  「活用できる人・もの・場所」

ワークショップ.jpg

 

詳細は追ってまた、報告します!

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.mizushima-f.or.jp/mt/mt-tb.cgi/699

コメントする

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき