海の環境の最近のブログ記事

海ごみ削減に向けた市民、企業、行政、それぞれの役割と連携の可能性を考える
フォーラム(主催:岡山県)を12月19日(日)に開催します。

瀬戸内海の海ごみ問題の解決に向けては、中小河川・用水路での回収を進め、
陸域からの発生を抑えるとともに、大河川河口部や離島などのごみや、海底ごみの
回収を行うことが重要です。

市民・企業・行政による具体的な取り組み事例を基に広く意見を出し合い、全国でも
有数の農業用水路の発達した地域である岡山県から、瀬戸内海での効果的な海ごみ
削減対策や社会のしくみのあり方などについて共に考え、発信していきます。

海ごみアウトライン 表-圧縮済み.jpg海ごみアウトライン裏-圧縮済み.jpg
オンライン参加も可能です。

参加希望の方は、QRコードからお申し込みいただくか、電話・メール等で

下記の申し込み先までご連絡ください。

申し込みフォーム(Googleフォーム):

20211115qrcode.png

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScjiVlVvXmoWG4rHDtWfsdgGCpWiCrUrQsE4dsK0QwAAOMkXg/viewform

ぜひ、ご参加ください。

「瀬戸内海 海ごみフォーラムinおかやま」

日 時:令和3年12月19日(日)13:30~16:30
場 所:さん太ホール(岡山市北区柳町2-1-1 TEL:086-803-8222)

    会場URL:https://c.sanyonews.jp/company/hall.html

定 員:会場定員100名(オンライン参加も受付します)
参加費:無料
内 容:
1.問題提起
  基調講演Ⅰ「瀬戸内オーシャンズXについて
        ―オール瀬戸内で、世界モデルへ―」
         講師:塩入 同 氏(公益財団法人日本財団 
                     香川駐在 シニアオフィサー)

  基調講演Ⅱ「海ごみ問題解決にむけた社会変革
         ―コロナ禍での地域環境活動と企業協働の可能性―」
         講師:清野聡子 氏(九州大学大学院工学研究院 准教授)

2.各分野での事例と現状の共有
  市民・企業・行政、それぞれの立場で、連携で、"海ごみ"どう減らす!?
   コーディネーター:磯部 作 氏(元日本福祉大学 教授)
   コメンテーター :塩入 同 氏、清野聡子 氏
   事例報告    :・海ごみ問題に取り組む高校生の発表(山陽学園中学・高校、
             岡山学芸館高校、水島工業高校、創志学園高校、笠岡高校)
            ・海底ごみ問題に向き合う漁業者の声
             (大室欣久 氏、男谷 勝 氏)
            ・川ごみなどの回収を長年行ってきた地区の声
             (岡山市尾上町内会)
            ・資源循環に取り組む企業関係者
             (矢萩陽子 氏(株式会社セブン‐イレブン・ジャパン)
            ・瀬戸内海に面する広島県の取組み

3.参加者意見交換・まとめ

※ワンウェイプラスチック削減啓発動画の上映もあります。

主催:岡山県
企画運営:公益財団法人 水島地域環境再生財団
協力:兵庫県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、
   海洋ごみゼロプロジェクト岡山実行委員会
後援:瀬戸内オーシャンズⅩ推進協議会、環境省中国四国地方環境事務所、
   岡山県教育委員会(申請中)

問合せ・申込先  公益財団法人 水島地域環境再生財団(みずしま財団)
           Tel 086-440-0121
           メール webmaster@mizushima-f.or.jp

瀬戸内海 海ごみフォーラムinおかやま 表.pdf

瀬戸内海 海ごみフォーラムinおかやま 裏.pdf

2021年8月17日(火)10:00-12:00 倉敷市クルクルセンター

児島にあるクルクルセンターにて夏休みの親子工作「海の漂流物でレジンキーフォルダーを作ろう」の講師を塩飽が務めました。

IMG_0743.jpg

最初の1時間で海ごみについてレクチャーをしました。質問を組み合わせながら、海ごみの実態を伝えます。

IMG_0747.jpg

その後、海ごみとなったシーグラスを使って、キーホルダーを作ります。
UVレジン(紫外線硬化樹脂)をつかった工作です。

IMG_0759.jpg
みんな、真剣そのもの。
いろんなアイデアで、かわいらしいキーホルダーができました。
このキーホルダーを見て、海ごみについて思いをはせてくれたらと願っています。
IMG_07622.jpgIMG_07632.jpgIMG_07672.jpgIMG_07682.jpgIMG_07702.jpgIMG_07722.jpg

7月4日(日)、塩飽が御南西公民館講座で、川ごみ清掃&調査と
海ごみ学習の講師をしてきました。
御南中学校の生徒さんと保護者など40名の参加がありました。
海ごみに関する講義のあと、実際に地域の用水路で川ごみの清掃活動を行い、
回収したごみを種類で分けて重さをはかりました。

IMG_3265.jpg

IMG_3269.jpg

P7040580.jpg

この清掃活動の様子は、同日香川県高松市で開催された
「瀬戸内オーシャンズX キックオフシンポジウム」で中継されました。

今回の御南中学校の皆さんの取り組みは、高初のシンポジウム参加者に

大きな感銘を与えることができたと思います。(塩飽)

209531253_1611086142395087_2394243515828064097_n.jpg

             (写真提供:岡山一郎氏)

「"オール瀬戸内"で世界のモデルへ」と題してオーシャンズXがスタートします。
海洋ごみの最新知見からみえてきた解決策として、産官学民のあらゆるステークホルダーが一堂に集結します。

みずしま財団も協力をしています。シンポジウムでは、「現場からの報告」の中で備南中学校と一緒に登場します。ぜひご参加ください。

日時:2021年7月4日(日)13:30~16:15(開場 12:45)
場所:サンポートホール高松 大ホール
参加費:無料
定員:500名※(先着順)
参加申し込みはこちらから
https://setouchi-oceansx.jp/symposium.html
1.基調講演 ~最先端研究に基づく科学的知見と影響~
2.現場からの報告 ~海洋ごみによる危機を現地から中継~
3.対策に向けて ~先進テクノロジーが明らかにする海洋ごみの発生原因と実態~
4.トークセッション ~異分野セクターによる挑戦/瀬戸内オーシャンズXの展望~

2021年6月14日(月)

4年生3クラスにて、みずしま財団の塩飽さんとの中平さんによるSDGsとごみについての授業を倉敷市立第四福田小学校で行いました。4年生3クラスで実施です。

第四福田小学校は学校全体でSDGsを学ぶことを掲げており、「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」(事務局:みずしま財団)が協力することになりました。

最初に塩飽さんからSDGsの説明をした後、瀬戸内海での海ごみ事情について伝えました。海ごみの写真を見た4年生から驚きの声があがりました。

中平さんから、ごみの現状についてクイズ形式で問いかけがあり、日本人が出しているごみの多さにみんなびっくり。食品ロスやエネルギーについて考え、一人一人ができることの問いかけを持って授業が終了しました。

IMG_3649.jpg

IMG_3678.jpg

新型コロナウイルスの緊急事態が発生中ですが、「世界一の環境学習のまち みずしま」にむけた取り組みを着実に実践していきます。環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会では、授業のサポートをしますのでぜひお声掛けください。

瀬戸内研究所(みずしま財団)では、海ごみ問題の解決に向けて、
瀬戸内海を中心に内陸部の河川、用排水路も含めた実態把握調査や、
回収・処理の推進に向けた調査研究を進めています。

どうぞよろしくお願いいたします。


≪所長挨拶≫

瀬戸内研究所所長(みずしま財団理事)
 磯部 作(元日本福祉大学教授、前放送大学客員教授)


 瀬戸内海の環境問題は重大な問題である。1960年代からの高度経済成長期には工場排水などによる海の汚染が重大な問題であったが、1990年頃からはプラスチック類などによる海ごみ問題が重大な問題になってきている。
私は、1970年頃から瀬戸内の漁業や開発と公害環境問題などの調査研究を行っており、1990年代からは瀬戸内海国立公園のごみ問題、2000年頃からは瀬戸内海の海ごみ問題、なかでも海底ごみの調査研究を行い、漁業者による海底ごみの回収なども推進してきた。
 海ごみは、川などからの流入が約8割を占めているため、海ごみ問題を解決するためには、管理者である行政が責任をもって川や用排水路などからのごみの流出を防ぐこと、さらに廃棄段階だけでなく、製造から流通、消費段階において、企業などが十分な対策を実施し、徹底的なごみの発生抑制を行うことが重要である。また、行政が責任をもち住民などと協力してのごみ回収、さらには循環型社会を実現するためのごみの処理が必要である。
このため、瀬戸内研究所では、海ごみ問題の解決に向けて、瀬戸内の海ごみ問題の実態調査を海だけでなく、流入する川や用排水路も含めて実施するとともに、海ごみの発生抑制や回収、処理についての調査研究を進めている。

IMG_5004.jpg

先日、本ブログ上でご紹介したRSKの番組について、
放送時間が確定したので、お知らせします。

RSK山陽放送
新社屋オープン記念 特別番組
「Challenge New RSK」
日時:6月6日(日)12:54~15:30

塩飽も、海ごみの専門家として登場予定です。

ぜひ皆さん、ご覧ください。

RSK(山陽放送)のSDGsをテーマとした番組の収録が
5月6日にあり、寄島町漁協の大室欣久さんと一緒に
塩飽が専門家としてお話してきました。

海ごみ問題からSDGsを考えるといった内容で、
海底ごみの現状や、私たちの暮らしとのつながり、
これまでの回収・処理の取り組みなどお話しました。

番組は、6月6日(日)に放送されます。
時間帯等、詳細が分かり次第ご案内いたします。
ぜひご覧ください

P5060050.jpg

4月18日付 山陽新聞「新・地域考 プラごみ河口域蓄積」の記事で、
みずしま財団の磯部理事と、塩飽のコメントが掲載されました。

岡山県南部の河口域に大量のプラごみが堆積していることを
紹介した記事の中で、磯部理事は「行政の責任で回収することが不可欠」、
「自治体と町内会や水利組合が連携してごみを回収する仕組みづくりが必要」と
述べています。

P4192764.jpg


塩飽は、2010年度に行った調査に基づき「高梁川流域から年間約130tのごみが
瀬戸内海に流出していると推計される」ことや、「上流部も含めた全域で
ごみが発生していること」などを述べました。

P4192762.jpg

海ごみ(プラごみ)対策は、河口部や海岸に堆積すると回収が
非常に困難になります。
より身近な内陸部の水路等での回収の仕組みづくりが
必要だと考えます。

2ヶ月に1回、第2日曜日の山陽新聞朝刊「ちまた」覧の

「山陽新聞を読んで」に、塩飽が昨年7月から寄稿しています。

第4回目となる1月10日版では、マイクロプラスチックの問題を
取り上げました。

プラスチック製の肥料殻が河口部や海岸に大量に散乱している
状況を受けて、注意喚起といった対策だけではなく、生産者責任
として素材の転換や、農業の抱える課題も含めて、課題を同時解決
することがSDGs(持続可能な開発目標)の達成につながることを
提起しています。

海ごみ問題の解決は、目標14「海の豊かさを守ろう」だけではない、
持続可能な社会の実現のためにも必要不可欠な取り組みとして
他の目標ともつなげながら取り組んでいきたいと思います。

P2122362.JPG

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき