参加者の声の最近のブログ記事

この時期としては、絶好のお天気に恵まれた3月9日(土)、「船にのって、みんなで知ろう!瀬戸内海の漁業&海と私たちの暮らし(黒崎編)」を開催しました。
当日は、26名(子ども11名含む)の参加がありました。

朝9時、黒崎連島漁協事務所前での開会式から始まりました。
黒崎連島漁協組合長によるあいさつの後、当日のスケジュール、注意事項の説明を行いました。

その後、参加者は3グループに分かれ、それぞれ漁船に乗船です。
漁船は、小型底曳網漁船といって、船の後部から錘のついた網を海の底に沈め、それを引っ張ることで主に海底に近いところに棲む生き物を獲る漁法です。

20130309 gyogu.JPG

漁具の説明

合計3回網を引き上げましたが、網があがってくるたびに、参加者は興味津々の様子で覗き込んでいました。
海底からは、貝殻などと一緒に魚介類があがってくるので、その中から魚介類を選び分ける作業をしていただきました。
今回は、イイダコやワタリガニ、シャコなどが多く見られました。

P3098440.JPG

さらに、海底からは魚介類に混じって、空き缶やポリ袋などの海底ごみも多く引き上げられていました。
参加者は、それらも選り分けながら、ゴミが一緒に上がってくることに驚いた様子でした。

港に帰ると、引き上げられたゴミの中身について解説し、参加者と一緒に重さを測りました。
全体で、約13kgのゴミが引き上げられていました。


P3098464.JPG

その後、黒崎連島漁協の主要な産品の一つであるノリの製造工場の見学をしました。
ノリ網から回収されたノリが貯留されたタンクを覗いたり、板ノリの乾燥機を見学して、実際の製造工程について学んでいました。
現地では、ノリの直売もされており、多くの方がノリを買い求めていました。


P3098481.JPG

最後に、黒崎連島漁協事務所でまとめとふりかえりをして終了しました。

参加者の皆さんの感想(一部抜粋)を、以下に掲載します。

【感想:こども】
・漁船にのったことがなくて、初めてのことだらけでした。菓子袋のゴミが、海底にあるのは、おどろきました。土にかえらないゴミ、人間がすてたゴミ、これから皆1人ずつ、ゴミ問題に取り組んでいきたい、いってほしいと感じました。
・のりをつくっているところをみるのは、たのしかった。タコやシャコ、カキなどいろいろな生き物がとれて、とてもたのしかった。
・ゴミがいっぱいあったから、びっくりした。あらためて、ゴミはゴミ箱にすてなければ、いけないと思った。これからも、ゴミは海へすてずに、ゴミ箱にすてるようにする。また、きかいがあれば、さんかしたい。
・海の中にはすごい数のゴミがたまっているのが分かりました。魚もいろいろな魚があみにかかっていました。海にはいろいろなふしぎがあるのをしりました。とても、たのしかったです。


【感想:おとな】
・普通では、体験できない、底引き網、一緒にゴミも回収でき、海の中を少しわかった気がします。
・毎日、漁に出ている漁師さんと一緒に体験できること、漁師さんによる食べ方指南が良かった。
・海の中のごみの多さを知り、海を汚さない意識を子どもにめばえさせることができた。

2月16日(土)に開催した、漁業体験「船にのって、みんなで知ろう!瀬戸内海の漁業&海と私たちの暮らし」(丸亀編)の開催報告です。

8:30 丸亀フェリーターミナル待合室で開会
   海上での注意事項の説明や、参加者の自己紹介を行いました。

IMGA0429.JPG

開会の様子

9:00~10:30 丸亀市漁協の小型底曳網漁船の操業の様子を観光船から見学しました。
       底曳網では、クロダイやイイダコなどがとれていましたが、同時にペットボトルや空き缶などのゴミが引き上げられていることに皆さん驚いた様子でした。
       また、移動中の観光船の中では、磯部作日本福祉大学教授・みずしま財団理事による瀬戸内海のお話があり、皆さん興味深く聞き入っていました。

IMGA0431.JPG

磯部先生によるお話し

10:30~12:00 丸亀港に戻った後、塩飽漁連事務所に移動し、そこで回収された海底ごみの個数や重量を計測しました。
       当日は、約1.4kgのゴミが回収されました。

       その後、海の環境に関するお話を私が行い(約30分)、参加者からは海を守るために漁業にはどのような規制があるのか、といった質問がされました。
       
       最後に、その日にとれたお魚について、漁業者の方から食べ方も含めて説明があり、参加者にお土産としてもって帰っていただきました。

P2168223.JPG

漁業者による獲れた魚や食べ方の説明

【参加者の声】
大人:
・実際に漁船に横付けして、漁業操業を目近で体験できたことが良かったです。
・丸亀に住んでいますが、沖ではどのような魚が取れるのか、実際に見たのは初めてでした。またゴミがたくさんあることにも驚きました。
・現在の漁業が抱えている、いろいろな問題(魚ばなれ、漁師の不足、ゴミ・・・)があることを初めて知りました。これらを知ることで、海や魚に対する子どもたちの気持ちが今までと少し変わってきてくれると良いなあと思いました。
・魚と一緒にとれるごみが、とても心に残りました。捨てるのは簡単でも、それによってご苦労されている方がいらっしゃるのに心が痛いです。

子ども:
・海にゴミがたくさんあることが分かった。ちきゅうにもわるいのでいまは、すてていないからおとなになってもすてないようにする。
・ごみの量が多くてびっくりした。海に行った時は、ゴミをもって帰るのはもちろん、すててあるゴミがあれば、もって帰るようにしたい。
 ボランティアがあれば、参加するよう心がけたいし、地元の海産物をもっと食べるようにして、おいしい魚が食べれるようがんばって欲しい。
・いろいろな魚を見れてよかったです。
・このじきにとれるお魚などが分かったし、お魚をさわれたりして、このお魚は、こんなかんじなんだーと思えて楽しかった。思っていたより、ペットボトルやビニールぶくろなどのゴミがすごく多くてびっくりした。
 ごみは、さいきんすてられた物ばかりだと聞いて、ゴミを海にすてている人が今いっぱいいるんだなあーと思った。いろいろなことが見れて、聞けて、さわれて、うれしかったし、楽しかったです。またきかいがあったらきたいです。


次回は、3月9日(土)倉敷市黒崎で開催します。まだ若干、定員に余裕がございますので、興味のある方は、お早めにお申し込みください。

秋分の日の9月22日(土・祝)、「海のゆりかご」アマモ場の生きものに会いに行こう!~海岸ごみと海辺の生きものを考える観察会~を笠岡市神島見崎海岸で開催しました。

当日は、お天気にも恵まれ、絶好の生きもの観察日よりの中、18名(子ども6名 講師・スタッフ含む)の参加でした。
また、当日は、「日本カブトガニを守る会笠岡支部・神島見崎里浜づくり」の4名の方にスタッフとしてご協力いただきました。

9:00
まず、開会のあいさつの後、「高梁川流域のエコ指標」を使って、全員で海岸のスケッチを行いました。
一見するとコンクリートの護岸と砂浜が目立つ海岸ですが、干潟などもあり、多様性に富んだ海岸でした。

坂本明弘先生による海辺観察の注意事項等の説明を聞いた後、全員で海岸の生き物観察を開始しました。

P9226122.JPG

海岸の石の下や、ひざ下までの海の中にある海藻に隠れているカニやハゼなどを皆さん熱心に探していました。

P9226125.JPG

10:10頃
あっという間に観察の時間は過ぎ、たくさんの生きものを持って、坂本先生に種類の同定と解説をしていただきました。

P9226148.JPG

見崎の海岸は、生きものの種類が多く、珍しいものもいくつか見つかっていました。

その一つが、アナジャコのお腹にくっついているマゴコロガイという貝で、これはアナジャコと寄生関係にあるそうです。
坂本先生も、生きているものは初めてとのことでした。

P9226153.JPG

もう一つ珍しい生きものが、ナミマガシワという貝で、サクラガイなどとも言われ、殻になったものは時々別の海岸でも見つかるそうですが、生きた状態のものが、かなりたくさん見つかる海岸は、これまた珍しいとのことでした。

その他にも、ワタリガニや、オサガニなどのカニ、トビハゼなどの魚、貝類などが確認されました(種類数については、後日ご報告します)。

また、アマモは、少し沖合いのため、事前に生きものを採取して、水槽で展示をしていたのですが、アミメハギやサンショウウニ、モガニなどが見つかりました。

アマモ場は、水中で立体構造になっているので、たくさんの生きものが住み着きやすい大事な場所であることを坂本先生から説明していただきました。

11:00~
その後、場所を少し西の海岸に移して、海岸の清掃活動を行いました。
全員で、ものの10分ほど清掃活動を行っただけで、燃えるごみが約10kg、燃えないごみが約1kg回収されました。
P9226161.JPG

回収されたごみの中には、空き缶やお菓子の袋など、身近な生活から出ているものが多く、それらは川などを伝って海に流れ出ていると考えられていることなどを塩飽がお話しました。

11:30~
最後に、見崎公民館に移動して、日本カブトガニを守る会笠岡支部・神島見崎里浜づくりの森中憲治氏に、カブトガニの海を取り戻すためのアマモ場再生の活動についてお話をしていただきました。

P9226162.JPG

参加者からは、珍しい生きものが多く見つかったことに対する驚きの声と、守る会や当財団の活動に関心を持ち、これからも参加したいという感想をいただきました。

今回もイベントを通じて、身近な海の大切さを知り、自分に何ができるか考えるきっかけになったのではないかと思います。

【参加者の声】
・興味深いところばかりでおもしろかったです。(大人)
・マゴコロガイが見られてよかった。(大人)
・細かい説明があり、分かりやすかった。(大人)
・楽しかったです。また行きたいです。(子ども)
・さいしょはこわかったけど、さいごはとびはぜとかにをさわれるようになった。(こども)
・今学校で水産業の勉強をしています。問題(生きものが減っている)ということも勉強しました。水産業ではないけれど、笠岡の海のアマモや生きものを見ることができてうれしかったです。(子ども)

夏休みもいよいよ後半にかかった8月25日(土)、海辺のエコしらべを開催しました。

当日も、この夏を象徴するようないいお天気の中、15名(子ども4名、スタッフ含む)の参加で行いました。

まず、環境学習センターエコライブラリーに集合して、環境学習センターについてのお話、当日の調査の流れと、海岸生物調査の趣旨などについてのお話がありました。

P8255862.JPG

環瀬戸内海会議松本氏による海岸生物調査の説明

その後、各自の車に乗って、まずは児島通生海岸に移動しました。

通生海岸では、「高梁川流域のエコ指標」を使っての海岸観察(スケッチ)の後、みんなで指標生物のイボニシ・カメノテを探しました。同時に、参加者のお1人に、カウンターを使ってカメノテの数を数えていただきました。
結果、イボニシは651固体、カメノテは128固体が確認されました。カメノテは、昨年より増加していましたが、イボニシは昨年から半減しており、通生海岸も安定しているわけではないのかなと思いました。

P8255872.JPG

海岸生物調査のようす

その後は、グループに分かれての生きもの観察を行い、イソガニやハゼの仲間、各種の貝類などが見つかっていました。
見つかった生きものについては、講師の先生方に詳しく解説をしていただき、参加者は興味深そうに聞き入っていました。

続いて、高梁川河口干潟に移動して、同様に海岸の観察、生きもの観察をしましたが、海岸生物調査の指標生物であるイボニシ・カメノテ・アサリは見つかりませんでした。
それとは逆に、この地点では数年前からハクセンシオマネキが見つかっており、今回もたくさんのシオマネキが独特の動きを見せてくれていました。

P8255883.JPG

坂本先生による解説

当日、小さなお子さんと一緒に参加されたお母さんから、「これから海に行くときに、今日学んだことを意識して伝えていきたい」という感想をいただきました。
今回の体験が、これからもっと海に関心を持ってもらうきっかけになったなら幸いです。

今後も、みずしま財団では、海の体験学習プログラムを予定しています。
本ブログ等でもご案内をしていきますので、ぜひ皆さんも参加してみませんか?

しわく

 梅雨の合間の晴れ間がのぞいた6月17日(日)、瀬戸内市牛窓にあるフジイ印刷株式会社さんが中心となって取り組まれている「BLUE SEA ecology活動」の一環である「第2回 シオ太のアマモ大作戦」海岸清掃&海辺の観察会に行ってきました。

 この活動は、瀬戸内海の海の環境を良くしたいということで、昨年から取り組まれていて、海辺の観察会としては、今年で2回目になります。

 海の環境問題として近年多く取り上げられるゴミの問題と、海の生きものたちにとって重要な「ゆりかご」の役割を果たすアマモ場について、フィールドでの活動を通して学ぼうというもので、講師としてお話と観察指導をしてきました。

場所は、牛窓町鹿忍の海岸でした。
干拓と思われる堤防の脇に、そんなに広くはありませんが、自然海岸が残っており、砂浜から干潟、その先には結構な広さのアマモ場が広がっている場所でした。

まず、開会のあいさつの後、海ゴミとアマモ場についての簡単なレクチャーを行いました。

IMG_1754.JPG

パネルを使って、海の環境についてのお話

その後、実際に海岸に散乱しているゴミを燃えるゴミと燃えないゴミに分けて拾っていきますが、最終的に集計を取ると、燃えるゴミが44.1kg、燃えないゴミが23.7kg回収されました。
回収されたゴミの中から特徴的なものを選んで、我々の生活とのかかわり、プラスチック系のゴミやアルミ缶などは腐食しないので、土に返らず溜まりやすいことなどを説明しました。

IMG_1761.JPG

回収したゴミの重さを測ります


その後は、2つのグループに分かれて、海辺の生き物観察です。
磯では、テッポウエビやアラムシロガイ、イソガニなどが多く見られました。また、環境省のレッドデータブックにも載っているハクセンシオマネキも、みんながじっとしているとたくさん姿を現していました。


アマモ場では、ギンポやアイナメ(幼魚)などの魚類の他に、アオリイカの卵が産みつけられたものもあり、その中にすでにイカの形になって卵から出てくる直前のものも見られて、アマモ場が海のゆりかごであることを実感できたのではないかと思います。

P6175128.JPG

アオリイカの卵

最終的には、魚介類が22種類、海藻・海草類が3種類確認できました。

P6175119.JPG

見つかった生き物の解説


時期的なこともあり、子どもさんの参加は少なかったのですが、地元の方を中心に約25名の方がご参加くださり、今回のイベントが、地域の大切な環境について改めて関心を持つきっかけとなったなら幸いです。

しわく

参加してくれた子ども達の声です
☆気づいたこと
・小さな貝でも海をきれいにしている(海のそうじや)
・B班の班長さんは物知りハカセでした  
☆感じたこと 
・帰りの船長さんの瀬戸内海案内ツアーがすんばらしかった
・タマシキゴカイのたまごがやわらかかったです!!
・またいきたいです

大人のみなさんの感想はこちら!
・いろいろな生き物、アマモを見れた
・子供の自由研究になりそうなので助かりました
・雨で観察があまりできなかったので残念だったが、たのしかった
・子供が楽しそうにしていたから。瀬戸大橋も見学できたから
・コアマモは見られたが、アマモの生きているそばには近寄れなかった。それが残念。
 でもそれ以上に生物が見られて大満足

・船が出ないと言うことで少し残念に思っていたが、今回は陸上で安全にゆっくり見ることが出来、よかった。ゴミの中からさがし出すのもお宝さがしのようでよかったと思う。船の上より、今回のような方がいいような気がする。出来ればゴミバケツひっくり返してゆっくりと見たかった。(50代、男性)


・とても楽しみにしていたので(漁船にのれず)とても残念ですが、講師の方の話が聞けまして、大変良かったです。(30代、男性)


・瀬戸内海の資源の豊富さをあらためてしらされた。しかし、そんな魚介類がたくさんとれている中で本来海にはないはずのゴミがたくさんとれている。そのゴミの大半は私たち人間が生活の中で出した「生活ゴミ」が多いということも知った。つまり、人間は自分たちの命の源である海を自分たちで汚しているということだ。私たちはこの海をずっと守りつづけていかないといけないし、今私たちがもっている意識を変えることが大切だと思った。(子ども)


・川ですてられた、ごみはうみにはいってしずんでいったり、仮にあみにかかってもすてられたりするから、海にすてないほうがいいと思いました。ポイすてなんかしないほうがいいと思いました。(子ども)


・さかなはいろいろいたのでおもしろかったです。おべんとうもおいしかったです。おはなしもべんきょうになりました。イカがかわいかったです。(子ども)

・子どもと参加できるのが良かった。漁業のことも知れて良かった。海辺に住んでいる人にはあたりまえに知っていることでも、私の様にはなれていると、知らないことばかり、1つでも知ることができてよかった(40代、女性)


・いつもは気にしていない小さな貝などが調べれてよかった(10代、女性))


・もっといっぱいゴミがあるのかも予想していたが、ボランティアの方がいつも清掃活動されているのでゴミも少なかったんだと思った。地道な作業を続けることが大切なんだなと思った。(40代、女性)

・さむかったけど、ごみひろいといきものの、べんきょうをすると、楽しくなってうれしかったです。おしるもおいしかったです。(子ども)

・ぼくは、今日いろんなことをまなびました。かいは、にている物が多くて見わけがつきませんでした。それを見わけるなんてすごいと思いました。海の生物は、おもに石の下にいることがわかりました。(子ども)

・底引き網漁船に乗る機会は今までまったくなかったのでとても貴重な体験ができてよかったと思います。陸からあれだけ離れていても海底にごみがたくさんあったことが一番の驚きです。子供達の目も輝いていて親子ともに楽しく過ごせました。ありがとうございました。(30代、女性)

・底引き網を体験できたこと。子供に漁師さんの仕事をさせることができた。子供に海底ごみを減らすために日常生活でごみを捨てないことを学ばせることができた。(40代、男性)


・底引き網で取れたものがごみがすごく多かったのにはびっくりした。初めての体験とお話はとても勉強になりました。海にごみが流れないよう普段の生活で気をつけたい。(50代、女性)

・僕はこの体験学習で生き物はごみとの間で必死に生きているのだなということが分かりました。(子ども)


・とっても面白い、とっても楽しい、おもしろい。たのしいな。(子ども)


・網を引き上げたら魚もたくさんいたけどごみもたくさんあった。ごみをポイ捨てしている人がたくさんいるんだなと思った。ここで学んだことを生かして友達にも「海や川にごみを捨ててはいけないよ」と教えてあげたいです。(子ども)

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき