海の環境の最近のブログ記事

いつもお世話になっています。

事務局藤原から、開催の報告をします。

本フォーラムは、子どもゆめ基金および、岡山県備中県民局の助成を受けて開催しました。

 

瀬戸内海国立公園指定80周年記念事業

フォーラム30年後の海を考えよう

~浅海域の再生と環境学習の取り組み~

平成27年1月10日(土)13:30~16:30

主催:みずしま財団

後援:岡山県、岡山県教育委員会  

 

基調講演は工藤孝浩さん 

(金沢八景-東京湾アマモ場再生会議 実験推進部会長)

「東京湾におけるアマモ場再生と環境教育」と題して、

東京湾の地域開発・水質の変遷、

かつてあったアマモと暮らしのつながり、そし再生のとりくみをお話しいただきました。

 

食べられるワカメの再生には関心が高いこと、

小学校と関わりを深めながらアマモ再生にとりくんだこと、

立場によって、意見や利害がことなり、合意が難しかったこと、

神社が入って、歴史ある神事を復活させたことで合意がぐんと進んだなど、

TV鉄腕ダッシュ海岸の話など、東京湾のアマモ再生の状況を具体的にお話しいただきました。

 千葉県銚子で20年に一回鳥居にアマモがまかれ、海上渡御が行われていたのだが

アマモそのものがなくなって、2010年にはこの文化そのものがなくなってしまったお話を聞き、

環境と人々の暮らしのつながりそのものの断絶になったことがよくわかりました。

千葉県.jpg

つながりをもういちど、紡ぎだしたい。環境教育に希望をみいだし、次世代につなぐお話でした。

 

工藤さんから、「行動する市民を育てる、それが環境教育」というメッセージをいただきました。

行動する市民.jpg

余談ですとお話しされた、高校生時代のさかなクンとの出会い、

見守り支えてきた20年はステキなお話でした。

 

 後半はパネルディスカッション「豊かな瀬戸内海を未来につなげるために」

コーディネーター:磯部作さん(日本福祉大学こども発達学部教授/みずしま財団理事)

事例紹介は、お二人。

お一人目は

田中丈裕さんNPO法人里海づくり研究会議事務局長・元岡山県水産課長)

から、「アマモとカキの里海」として、岡山県東部の日生(ひなせ)町の再生の取り組みをお話しいただきました。

日生中学校の総合学習で取り組まれている事例「流れ藻回収大作戦」には、中学生自身が地元の課題に取り組む、そして地域の大人の声を聴き・まとめる聞き取り甲子園を組み合わせた学習で、「スバラシイ」との共感の声が多数ありました。

田中さん.jpg

事例のお二人目

坂本明弘さん(井原市立高等学校教諭)からは、干潟について丁寧なお話がありました。

干潟は、海と陸をつなぐだけでなく、空もつなぐ(鳥が干潟の生き物を食べにくる)

非常に重要な場所であることがわかりました。

坂本先生.jpg

 

パネルディスカッション1.jpg

フロアーからもたくさんの質問や発言があり、熱気あふれる3時間のフォーラムとなりました。

 

参加いただいたみなさま、講師のみなさま

ありがとうございました。

 

 

フロア発言.jpg

 

 

11月2日(日)に干潟の生きもの観察会を開催した高梁川河口干潟で
倉敷市立連島南小学校の3年生がハクセンシオマネキの保護移動を

するということで、見学をしてきました。

PB145150.jpg

 

潮入川遊水地から高梁川への排水樋門が作られるということで、
その工事で棲み場がなくなる貴重種のハクセンシオマネキを
安全なところに移動させようというもので、保護移動に合わせて
地域の小学生に自然環境や生物多様性についても学んでもらうことが
目的で開催されたものです。

国土交通省岡山河川事務所と倉敷市の共催で開催されたものでした。

 

近くの子どもたちですが、普段河口干潟にくることはあまりないようで、

楽しみながら、一生懸命砂地を掘っていたのが印象的でした。

 


排水樋門によって、干潟がなくなるのではないかと心配しましたが、
常時排水ではないために、大きな影響はないようで、ほっとしました。

今日は、かなり気温が下がったためにハクセンシオマネキはほとんど
見つからなかったようですが、子どもさんたちにとって
こういう機会はとても大事だと改めて思いました。

PB145162.jpg

 

11月2日(日)雨上がりの高梁川河口干潟で生きもの観察会
「高梁川河口干潟の生きものに会いに行こう!」を開催しました。

当日は、6組の親子16名の参加がありました。

最初に干潟の現状や生態系についての簡単なレクチャーの後、
全員でバスに乗って会場の干潟に移動しました。

PB024973.jpg


干潟では、まずは表面の生きものを観察した後、
決められた場所を掘って、泥ごとふるいにかけ、
その中の生きものを探しました。

PB024990.jpg

 

PB024996.jpg

 


見つかった生きものについて、坂本明弘先生(井原市立高等学校)、
福田富男先生(吉備国際短期大学)から詳しく説明をして
いただきました。

PB025012.jpg

 

表面を見ただけではわからない、干潟の中の生きもののことを知り、
瀬戸内海の豊かさを支える生態系の大切さについて、
大いに学んだ1日となりました。

見つかった生きものや、参加者の感想などは、
後日ご報告します。

11月2日(日)に、高梁川河口域の干潟を
フィールドに生きもの観察会を開催します。

瀬戸内海国立公園指定80周年となる今年、
海の豊かさを育む干潟やアマモ場の大切さを
改めて見つめなおしてみませんか?

高校の生物の先生や海の生きものの専門家の
先生の詳しい解説もあります!

詳細については、追って本ブログ等で
ご案内をしていきます。


開催概要
日時:2014年11月2日(日)12:30~14:30(予定)
場所:高梁川河口干潟(JFE西門周辺)

集合場所:水島勤労福祉センター2階 2-3研修室
対象:小学生以上(小・中学生は保護者同伴)

    ご兄弟で小さいお子さんのおられる方は、ご相談ください。
定員:20名(先着順)
申込方法:お名前、ご住所、連絡先をご記入の上
     FAX、e-mailまたは電話でみずしま財団までご連絡ください。

問合せ・申込先:みずしま財団

 ※本観察会は、岡山県備中県民局の助成を受けて開催します。
 ※集合場所等の詳細については、参加申し込みを
  いただいた方に改めてご連絡差し上げます。

10月4日(土)に、浅口市寄島町で実施される「第4回瀬戸内海の
環境を考える高校生フォーラムサイエンスワークショップ」
(文部科学省スーパーサイエンスハイスクール重点枠事業)で
高校生に瀬戸内海の海底ごみ問題について講演をします。

当日は、大阪府、兵庫県、広島県、岡山県の1府3県の
高校生50名と教員15名が参加予定で、小型底曳網漁船の体験や
自然観察の後、講演を通じて瀬戸内海の環境について
学ぶというものです。

しっかり高校生の学びをサポートできるように
頑張りたいと思います。

海辺のエコ調べ(倉敷市環境学習センター連携事業)をおこないました。

この日は倉敷市内は局地的に大雨。

水島方面は晴天でしたが開催直前に雷がなり、室内でお話し会に変更しようかと相談しましたが、

幸いにも、現地では雷もやみ、生き物観察を実施することができました。

 

観察2.JPG

大学生のお兄ちゃんに、教えてもらう小学生

観察.JPG

こういう岩場のすきま、いるいる!何の生き物がみつかった?

観察3.JPG

 

 

講師の坂本明弘先生に生き物を教えてもらいます。

教えて先生.JPG

 

 

名残惜しく、いつまでも海を見続ける少年・・楽しかったんだね!

観察4.JPG

小学生親子、参加者31名、スタッフ5名、講師3名でたのしく調査・観察ができました。

8月6日(水)、第9期 「日本の環境を守る若武者育成塾」体験学習会が開催されました。

DSCN5263.jpg


これは、日本全国から集まった高校生がフィールドワークを通じて
地域の課題を学び、課題解決のための能力を養うというもので、
アサヒビール株式会社の社会貢献活動として、公益社団法人日本環境教育フォーラムと
毎年開催しているものです。

今年は、瀬戸内海をフィールドに地域の環境問題と人々の暮らし
をテーマに、倉敷市水島地域、香川県豊島などで、実際に現地で
体験をしながら学びます。

9回目となる今回は、山形県、岐阜県、愛媛県などから7校、21人の
高校生が参加をしていました。

みずしま財団は、初日の体験学習の企画運営で協力を行いました。

 

DSCN5268.jpg

まず、倉敷市環境学習センターで、水島の地域開発と人々の暮らしとの
関わりということで、公害問題や漁業、海ごみなどについて
レクチャーを行いました。

 

その後、地元の食材を活かした元気屋さんの昼食に、
参加者は舌鼓を打っていました。

 

午後のプログラムでは、児島通生海岸に移動し、
瀬戸内海の豊かさを育むアマモ場の生きもの観察を行いました。

DSCN5275.jpg

 

DSCN5279.jpg


今回も、講師に福田富男先生、坂本明弘先生をお招きし、
生きもの観察の心得や、見つかった生きものの特徴などについて
詳細に解説をしていただきました。

 

DSCN5289.jpg

参加者は、コンビナートの近くのアマモ場に、思った以上に多くの
生きものがいることに驚いた様子でした。

 

その後、瀬戸内海国立公園の特別地域である通仙園に移動し
通生奥地区 地区長の岸本務さんに地域開発による景観や
人々の暮らしの変化についてお話しいただきました。

 

DSCN5309.jpg
コンビナート開発での変化をずっと見てこられた岸本さん。
夏には、松林の広がる砂浜で子どもたちとキャンプをして、
目の前の海でとったあさりで味噌汁と飯盒でたいたごはんで楽しんだお話も本当にすてきでした。
一番最後の感想のなかで、男子高校生が「自分が大人になって、
子どもが生まれたらそういうことをしてあげたい」といっていました!

 

 

DSCN5318.jpg
最後は、元通生幼稚園で振り返りを行いました。
地域開発によってもたらされた発展と公害問題について学び、
経済と環境とのバランスについてどう考えていくべきか、
また地域環境を良くしていくためにどうしたらいいか、
1日の学びではありましたが、高校生たちも多くのことを
学び取ってくれた様子がうかがえました。

 

夏休みも始まったばかりの7月23日(水)、水島エコクルーズ体験を実施しました。

これは、倉敷市環境学習センター主催の夏休み親子向け企画「自由研究のタネ」の
一環として開催されたもので、みずしま財団は協力団体として、進行・解説を行いました。

エコクルーズ体験では、観光船による水島コンビナート・瀬戸内海クルーズ、
六口島での散策や、倉敷市環境学習センターでの行政の取組についてのお話など、
盛りだくさんの内容でした。

 

DSCN5084.jpg

水島港からクルーズ船に乗り込みました

 

DSCN5103.jpg

六口島では、像岩を眺めながら海岸散策

 


参加者には、体験を通じて、水島の自慢できるところを「水島のいいね!」として探してもらいました。

この日に皆さんで見つけた「水島のいいね!」については、後日改めてご紹介します。

 

先日来、本ブログ等でご案内をしておりました、
第56回八間川調査隊(7月27日)、
海辺のエコしらべ(8月24日)は、
たくさんの方にお申し込みをいただきまして、
いずれも定員に達しました。

特に、八間川調査隊は、特に制限を設けていなかったのですが、
お申し込みが非常に多数となったため、
安全面などを考慮し、お申し込みを締め切りとさせていただきました。

これから参加申し込みを考えていた方には、
大変ご迷惑をおかけしますが、ご容赦ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

今年度から、みずしま財団では、岡山大学実践型社会連携教育の
受け入れを行っています。

本講座は、4月から始まっており、3回目となる今回は、
フィールドワークということで、黒崎連島漁協の
協力により、「瀬戸内海の現状を知る」と題して、漁業体験&フード
マイレージ買いものゲームを行いました。

 

P5103167.jpg
当日は、お天気にも恵まれ、参加した学生さんは、
網にかかったイカやカニ、ママカリなどの
魚介類の種類の多さに驚くとともに、魚の習性を利用した
網の仕掛けなどに興味津々でした。

 

まとめ.jpg
午後は、フードマイレージ買いものゲームを通じて、
食と交通と環境について学びました。

 

P5103172.jpg
獲れたての魚介類をバーベキューで堪能し、
瀬戸内海の環境と美味しいお魚について学んだ1日となりました。

学生さんの感想など、詳細については、
後日改めてご報告します。

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき