海の環境の最近のブログ記事

9月6日(金)、大学生のための社会見学&エコツアー「水島コンビナートと、海の環境再生を学ぶ旅」を開催しました。
台風17号の影響も心配されましたが、みなさんの日ごろの行いがよほどいいのでしょう、絶好の研修日和となりました。

参加者は、岡山大学、倉敷芸術科学大学の学生さんを中心に41名でした。
今回は、環境省「地域活性化を担う環境保全活動の協働取組推進事業」の一環として開催しましたので、協議会のメンバーの方や、一般参加の方もおられました。


朝9時30分に倉敷市環境学習センターを出発し、まずは鴨ヶ辻山の展望台へ。

P9060525.jpg

 


数日前の雨のおかげで、非常にきれいに水島地域を一望することができました。

水島の地理的特徴、コンビナートと市街地の位置関係、海風にのって市街地に流れた汚染物質が山に遮られたために、多くの公害被害者が発生したという話や、公害対策として造られた集合高煙突、緩衝緑地の話などに、皆さん熱心に聞き入っていました。

P9060534.jpg

その後は、宇野津、呼松、松江を経てJFEスチールの工場見学。
解説のビデオを見た後、実際に工場内を案内していただき、出滓の様子や厚板工場で、鉄の生産現場を実体験することができました。

P9060581.jpg
環境対策では、工業用水の約97%が再利用されているお話や、生成ガスを発電に利用されているなどの説明がありました。


JFEスチールのあとは、倉敷市環境学習センターへ。
ここでは、環境監視センターも合わせて見学し、大気や水質の監視体制の説明や、環境学習センターの取り組みなどを説明していただきました。

P9060604.jpg


お昼ご飯を食べた後は、「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」のメンバーでもある新水マリン(株)社長の古川明氏に、「水島港重油流出事故」と題してレクチャーをしていただきました。

 

P9060619.jpg
入社してすぐに発生した事故の、当時の様子、その後同じような事故に3度も遭遇し、その中で水島の経験を活かして対応することができたというお話から、日常的な防災意識の高揚の重要性などをお話しいただきました。
実際に経験をした人のお話は、皆さんにも訴えるものが大きかったと思います。


その後、バスで黒崎連島漁協に移動し、小型定置網漁を体験しました。
数日前に降った雨の影響で、網には多くの草の切れ端やペットボトルなどのごみが絡んでいましたが、魚もたくさん捕れており、参加者は、みんな驚きの声を上げていました。
飛び跳ねるお魚にはしゃいだり、魚についての漁師さんの話を熱心に聞いていました。

P9060649.jpg

 

雨の影響か、大きなアユがかかっていたのはさらにびっくり!

漁師さんとの交流では、昔と比べてとれる魚の種類や量が変わってきているか、埋め立ての影響はあったのか、といった質問が出され、漁師さんは一つずつ丁寧に答えていただきました。

P9060660.jpg

 

多くの学生さんが、とれたお魚をお土産に持ち帰っていましたので、しっかり瀬戸内海のおいしいお魚を堪能していただきたいと思います。


今回のツアーでは、水島の工業地帯の最先端の技術と、昔ながらの漁業の対比、公害や重油流出事故の経験を活かした市民、行政、企業の取り組みから、過去の経験をどう活かすべきかといったことを考えていただくきっかけになったのではないかと思います。

ご協力いただいた関係者の皆さん、また参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした! 

今日は、おかやまコープ倉敷エリア エコライフ委員会主催の海辺の生きもの観察会「みんなでさがそう!海の生きもの」に参加をしてきました。
会場は、児島通生海岸です。

みずしま財団は、イベント会場や講師の手配、資料作成と、当日のコーディネートで協力をしました。
本観察会は、エコライフ委員会が主催で、今年3月から開催してきた3回連続企画の最終回に当たります。
これまでは、屋内での講義や、黒崎漁協での体験学習などを行ってきました。
これまでの内容は、過去のブログをご参照ください。
第1回目:https://mizushima-f.or.jp/mt/2013/03/post-399.html
第2回目:https://mizushima-f.or.jp/mt/2013/04/post-400.html


少し曇り気味でしたが、暑すぎず、絶好の観察会日和の中、9時30分に観察会をスタートしました。

まず最初に、「高梁川流域のエコ指標(海編)」を使って、海岸のスケッチをみんなでしました。
生きものたちの住む環境をしっかり知ろうという趣旨で行っていただいたスケッチは、親子ともども皆さん熱心に描き込んでいました。

P8290410.jpg


その後、2グループに分かれて、生きもの観察。
転石をひっくり返すと多くのカニやヤドカリが!
その他にも、多くの貝類やハゼ、フグ、エビなども見つかっていました。

P8290432.jpg

 

P8290439.jpg

 

通生海岸には、アマモ場も広がっており、その中ではヨウジウオや、その卵もあり、まさに「海のゆりかご」を実感しました。

今回は、ゴンズイという、ひれに毒をもった魚もたくさんつかまっていましたが、海には危険な生き物もいるのだということを学ぶいい機会にもなりました。

 


見つかった生きものは、福田富男先生(吉備国際短期大学)、野坂元道先生(岡山県農林水産部水産課)のお二人に詳しく解説をしていただきました。

P8290456.jpg

 


水島コンビナートのすぐそばの海岸にも、非常に多くの生きものが生きているということ、それらが暮らす環境とはどういったものなのか、しっかり学んでいただいた夏休みの1日でした。

 

夏休みも後半となった8月24日(土)、「船にのって、みんなで知ろう!瀬戸内海の漁業&海とわたしたちの暮らし」を開催しました。

会場は、倉敷市の南西部にある黒崎連島漁協。
当日は、あいにくの雨でしたが、20名の親子の参加がありました。

午前9時、平田晋也黒崎連島漁協組合長のごあいさつで開会しました。

P8240253.jpg


その後、スタッフの紹介や、当日のスケジュール説明、漁船に乗船する際の注意事項のお話などがありました。

いよいよお待ちかねの漁業体験です。
今回は、小型定置網漁という、沿岸部に仕掛けられた網を使った漁法の体験です。
参加者は、小型の漁船に分乗して、定置網まで移動します。

 

P8240260.jpg

網から漁師さんが魚を引き上げて、乗っている船に移されると、子どもたちは大喜び。

 

P8240276.jpg
「これはなんていうおさかな?」
「このフグかわいいから持って帰りたい!」
など、それぞれにとれた魚を実際に触りながら、漁師さんにいろんな質問をしていました。

 

P8240284.jpg

本日とれたお魚たち

 

 

漁港に戻ると、福田富男先生によるお魚の解説が始まりました。

P8240287.jpg

クロダイの学名や、出世魚(スズキ、ボラ)の説明、カニの雄と雌の見分け方や漁師さんがカニのハサミを切るときに動かない方のハサミを切る訳など、お魚に関する豆知識をとっても楽しく説明していただきました。


その後、会場を玉島黒崎公民館に移し、今回はフードマイレージ買いものゲームを実際に体験しました。
講師は、あおぞら財団の林美帆さん。

SH3E0521.jpg


1時間という通常より少し短い時間ではありましたが、参加者の皆さん、しっかり夕飯のメニューを考えて、絵も描いていただきました。

SH3E0528.jpg

 

P8240300.jpg

恒例の★の数を数えて、それがCO2の排出量であることを説明すると、皆さん「へえ~、そうなんだ~」と感心されていました。
同時に、近いところでとれたものを、食べることが環境にも優しい、瀬戸内海のおいしいお魚を食べることは、環境にもいいことなのだと、締めくくっていただきました。


いよいよ皆さんお待ちかねの、地産地消を実際に味わおうということで、とれたばかりのお魚を使ったバーベキュー大会!?

当日とれたばかりの魚を、みんなこぞってほおばっていました。

P8240315.jpg

P8240327.jpg

 

P8240330.jpg


今回とれたお魚は、ボラ、スズキ、アナゴ、エビ、ベイカ、コウイカなど。
やっぱり取れたての新鮮なお魚は、みなさん好評で、中にはイカ墨で口の中を真っ黒にする人も。

また、漁師さんも参加していただいたので、いろんなところで漁師さんと仲良く交流している姿も見られました。


最後に、振り返りとまとめを行いましたが、
「盛りだくさんの貴重な体験をすることができた」
「魚がどこからとれるのか、わかって子どもにもいい体験になった」
「祖父が船大工で、よく話してくれていた港への憧れを思い出した」
といった感想をいただきました。

中には、漁師になりたいという子どもさんもいて、瀬戸内の漁業に明るい展望も感じられました。
今回参加してくれた子どもさんたちが、魚に愛着を持ち、海に関心を持ってくれるきっかけになったなら幸いです。

※本体験学習は、「平成25年度 子ども夢基金助成事業」及び「平成25年度 年賀寄附助成事業」として開催しました。

本日、海辺のエコしらべを児島通生の海岸で開催しました。

 

夏休み最初の土曜日でしたが、24名(子ども16名)のご参加がありました。

 

恒例のイボニシ、カメノテ調査では、1948個のイボニシと139個のカメノテが見つかりました。

何と、2家族合同で527個も見つけてくれました!

そのほかにも、たくさんの生きものが見つかりました。

 

とっても暑い1日でしたが、無事終了することができました。

皆さんの夏休みの自由研究にきっと役立ったことと思います。

 

皆さん、お疲れ様でした!

 

DSCN6555.JPG

カニのオス、メスの見分け方を解説していただいています。

瀬戸内海のおいしいお魚がどのように取れるのか、船にのって見に行こう!
私たちの暮らしと環境のつながりについて考える、フードマイレージ買いものゲームも体験できます。

取れたお魚を、みんなで食べよう。

【開催概要】
船にのって、みんなで知ろう!瀬戸内海の漁業&海と私たちの暮らし

日時:2013年8月24日(土)9:00~13:30頃
開催場所:黒崎連島漁協、黒崎公民館
集合場所:倉敷駅前(無料送迎バス利用者)
     現地集合も可
対象:小学生以上(小・中学生は保護者同伴)
定員:30名(先着順)
参加費:500円/一人(昼食代として)
内容:漁船にのって小型定置網の漁業体験
   とれた魚介類の解説、地産地消に関するお話
   海の環境に関するお話
   フードマイレージ買いものゲーム体験
協力:黒崎連島漁業協同組合
主催:公益財団法人 水島地域環境再生財団(みずしま財団)


詳しい内容等については、チラシをご覧ください。

img-717192319-0001.JPG

 

img-717192319-0002.JPG

身近な海辺が、どんな様子なのか、
海辺のエコ指標や、そこに棲む生きものの様子からしらべてみよう!

専門家による詳しい解説もあり、夏休みの自由研究にもぴったりの内容です!

詳しくは、添付のチラシをご覧いただくか、みずしま財団までお問い合わせください。


日時:2013年7月20日(土)13:00~16:00
場所:児島通生海岸
集合場所:倉敷市環境学習センター

内容:海辺のエコしらべや、生きもの観察
   専門家による解説

主催:(公財)水島地域環境再生財団
※本事業は、倉敷市環境学習センターとの連携事業として開催します。


img-625200310-0001.JPG

瀬戸内の海賊の子孫(戦国時代に活躍した塩飽水軍(しわくすいぐん)のホントの末裔)シワクは、
子供の頃、じいちゃんから「瀬戸内の大いなる秘宝」の宝の地図を見せてもらった。

シワクは、じいちゃんと一緒に探しに行きたかったが「大人になってから」と言われてしまう。

大人になったシワク。
子供の頃は探しに行けなかった宝を、
瀬戸内海の寄島のホントの漁師オームロ、
岡山の桃太郎のきびだんごで仲間になった子供たちと一緒に探しに出かける。

はたして宝は見つかるのか?

シワクが見つけたモノは!?

さぁ、みんなで瀬戸内海の冒険に出発だ!

本日(4日)は、おかやまコープ倉敷エリア エコライフ委員会主催の漁業体験学習「船に乗って、みんなで知ろう!」で、講師として、海の環境に関するお話をしてきました。
本イベントは、黒崎連島漁協の協力により、小型定置網の漁業体験と、地元のお魚を活かした料理体験、そして海の環境学習となっていました。
みずしま財団では、漁協との連絡調整、漁業体験の安全管理、海の環境に関するお話を担当しました。

まず、子どもたちが3隻の漁船に分乗して、小型定置網の漁業について体験しました。
今回は、サゴシやワタリガニ、ボラ、コノシロなどが多くかかっており、目の前で仕掛けの網から出てくる魚に子どもたちも興奮気味でした。
130404船にのってみんなで知ろう (129).jpg

 

獲れた魚は、漁協事務所で漁師さんが解説をしていました。

その後、私の担当である、黒崎沖で取れた海底ごみについて解説をし、日常生活から出てくるごみが溜まることで海の環境にも悪影響を与えていることなどをお話しました。

130404船にのってみんなで知ろう (169).jpg

 

最後に、お父さんお母さんが調理をした、地元のお魚やレンコン・ごぼうなどを活かした料理をみんなで食べましたが、とってもおいしかったです。

P4048659.jpg

 

みずしま財団では、講師派遣とイベント企画の支援も行っていますので、ぜひご連絡下さい。

春分の日の3月20日(水)、岡山コープ倉敷・井笠地域 エコライフ委員会主催の環境学習で海の環境に関するお話をしてきました。
組合員の親子対象で、約30名の参加がありました。

これは、私たちの身近な瀬戸内海のいきものや、海ごみをはじめとした環境問題を知り、海と私たちの暮らしとのつながりを学ぼうというものでした。
そのため、座学だけではなく、実際に地元岡山の海の特産品でもあるノリをつかったお料理も一緒に体験をしました。

DSCN1947.JPG

お話の様子

まず、私が「瀬戸内海を知っていますか?」と題して、瀬戸内海の特徴、その豊かさを支えるアマモ場のことや、環境問題として海ごみのお話をしました。

その後、ノリのビデオを見ながら、黒崎連島漁協の平田組合長に現場のお話をしていただきました。

その後は、黒崎から持ってきていただいたノリをつかった手巻き寿司を食べながら、みんなで楽しく交流を行いました。

DSCN1954.JPG

手巻き寿司の材料。ノリは黒崎産です。

 

今後、エコライフ委員会さんでは、体験学習も予定していて、実際に体験をしながら海とのつながりについて学んでいきます。


しわく

この時期としては、絶好のお天気に恵まれた3月9日(土)、「船にのって、みんなで知ろう!瀬戸内海の漁業&海と私たちの暮らし(黒崎編)」を開催しました。
当日は、26名(子ども11名含む)の参加がありました。

 

朝9時、黒崎連島漁協事務所前での開会式から始まりました。
黒崎連島漁協組合長によるあいさつの後、当日のスケジュール、注意事項の説明を行いました。

その後、参加者は3グループに分かれ、それぞれ漁船に乗船です。
漁船は、小型底曳網漁船といって、船の後部から錘のついた網を海の底に沈め、それを引っ張ることで主に海底に近いところに棲む生き物を獲る漁法です。

20130309 gyogu.JPG

漁具の説明

 

合計3回網を引き上げましたが、網があがってくるたびに、参加者は興味津々の様子で覗き込んでいました。
海底からは、貝殻などと一緒に魚介類があがってくるので、その中から魚介類を選び分ける作業をしていただきました。
今回は、イイダコやワタリガニ、シャコなどが多く見られました。

P3098440.JPG

 

さらに、海底からは魚介類に混じって、空き缶やポリ袋などの海底ごみも多く引き上げられていました。
参加者は、それらも選り分けながら、ゴミが一緒に上がってくることに驚いた様子でした。

港に帰ると、引き上げられたゴミの中身について解説し、参加者と一緒に重さを測りました。
全体で、約13kgのゴミが引き上げられていました。


P3098464.JPG

 

その後、黒崎連島漁協の主要な産品の一つであるノリの製造工場の見学をしました。
ノリ網から回収されたノリが貯留されたタンクを覗いたり、板ノリの乾燥機を見学して、実際の製造工程について学んでいました。
現地では、ノリの直売もされており、多くの方がノリを買い求めていました。


P3098481.JPG

 

最後に、黒崎連島漁協事務所でまとめとふりかえりをして終了しました。

 

参加者の皆さんの感想(一部抜粋)を、以下に掲載します。

【感想:こども】
・漁船にのったことがなくて、初めてのことだらけでした。菓子袋のゴミが、海底にあるのは、おどろきました。土にかえらないゴミ、人間がすてたゴミ、これから皆1人ずつ、ゴミ問題に取り組んでいきたい、いってほしいと感じました。
・のりをつくっているところをみるのは、たのしかった。タコやシャコ、カキなどいろいろな生き物がとれて、とてもたのしかった。
・ゴミがいっぱいあったから、びっくりした。あらためて、ゴミはゴミ箱にすてなければ、いけないと思った。これからも、ゴミは海へすてずに、ゴミ箱にすてるようにする。また、きかいがあれば、さんかしたい。
・海の中にはすごい数のゴミがたまっているのが分かりました。魚もいろいろな魚があみにかかっていました。海にはいろいろなふしぎがあるのをしりました。とても、たのしかったです。


【感想:おとな】
・普通では、体験できない、底引き網、一緒にゴミも回収でき、海の中を少しわかった気がします。
・毎日、漁に出ている漁師さんと一緒に体験できること、漁師さんによる食べ方指南が良かった。
・海の中のごみの多さを知り、海を汚さない意識を子どもにめばえさせることができた。

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき