海の環境の最近のブログ記事

少し時間がたってしまいましたが、8月21日(日)に備讃瀬戸の小与島の海岸で開催した、アマモ場観察会のご報告です。
当日は、あいにくの雨模様でしたが、事前申込をいただいていた方の多くがご参加いただき、参加者は、26名でした。

朝8時半に児島観光港に集合し、開会のあいさつの後、早速船に乗り込んで出発!

船の中では、福田富男先生にこれから行くアマモ場と、そこに棲む生き物についての講義をしていただきました。
先生のお話を聞いて、皆さんの気分もますます高揚してきたようでした。

島に上陸して、少し歩くと海岸線に到着し、早速3つのグループに分かれ、リーダーである専門家の皆さんの指導の下に、生き物観察をスタートしました。
海岸線には、コアマモの群落や、岩場もあり、皆さん雨にもかかわらず、熱心に生き物を探したり、先生に質問をしたりしていました。

 

P8210616.JPG

 

途中で雨が強まったので、少し早めに観察を切り上げましたが、その分船に戻ってから、先生方に見つかった生き物について詳しく解説をしていただきました。
今回は、25種類の生き物と14種類の海藻(海草)が確認できました。

 

P8210647.JPG

 

その後は、少し寄り道をして、瀬戸大橋の下をくぐるというめったにできない経験をしながら、帰りの船上でまとめを行いました。

あいにくの天気ではありましたが、その分、普段とは違った観察会になったのではないかと思います。

 

しわく

8月21日(日)に開催予定の「夏休み・わくわく体験企画 アマモ場観察会in瀬戸内海」の参加申込が定員の30名に達しました。

当日は、朝8:30に児島観光港集合(バス利用の方は、8:00までに倉敷駅集合)と少し早いですが、お気をつけてお越しください。
また、暑くなることも予想されますので、熱中症対策もお忘れなく!


しわく
(今回は、ご参加いただけなかった方も、当財団では、今後も体験学習イベントを予定しておりますので、また次の機会にぜひご参加ください。)

※本観察会は、一般財団法人自然公園財団及びNPO法人瀬戸内オリーブ基金の助成を受けて開催されます。

夏休み・ワクワク体験企画、アマモ場の生き物観察会を開催します。

今回は、瀬戸内海の島に渡り、アマモ場や海岸部の生き物観察を行います。

ぜひ、親子でご参加ください。

開催日時:2011年8月21日(日)8:30~12:30
     (倉敷駅から無料送迎バスを出します。)
集合場所:倉敷市児島観光港(倉敷市児島駅前3丁目23)
観察場所:本州四国連絡橋(児島・坂出ルート)周辺島嶼部
募集対象:小中学生の親子30名(先着順)
参加費:無料
申し込み締め切り:8月10日(水)

お問い合わせ・申し込み先
 財団法人水島地域環境再生財団(みずしま財団)担当:塩飽・藤原
 〒712-8034 倉敷市水島西栄町13-23
 TEL:086-440-0121 FAX:086-446-4620
 e-mail:webmaster@mizushima-f.or.jp
     

詳細は、チラシをご覧ください。

 

img-808211203-0001.JPG

 

img-808211213-0001.JPG

 先月から始まった水島公民館主催の環境講座の第2回目「海の中はどうなっているの? ~海のゆりかごと海ゴミについて学ぼう~」を24日に行いまして、そのご報告です。

 

今回も参加者は、一般参加の方に加えて、公民館の職員の方が中心でしたが、少し前回と顔ぶれは変わっていました。


前回は、水島地域の公害の歴史と現在の環境についてお話をしましたが、

今回は瀬戸内海についてその景観や漁業の特徴、そして環境問題、

特に「海のゆりかご」と呼ばれるアマモ場と海ゴミの問題についてお話をしてきました。

 

 倉敷に住んでいると、「瀬戸内海」という単語は普段よく耳にしますが、

その歴史や現状の環境問題などについては、まだまだご存じない方も多いと思います。

その大きな理由としては、沿岸部が埋め立てなどにより、人々が海と親しむことのできる条件がどんどんなくなっていることがあります。


 そのため、こういった機会をいただいて、普段海にあまり触れる機会のない方に知っていただくことは大きな意味があると思います。

今回は、お話しが中心となりましたが、海底ごみの実物やビーチグラスを使ったアクセサリーなどを見せると、皆さん非常に興味をもたれていました

 

ですので、そういう実際に触れたり、体験できることも重要だと改めて思いました。

 

 

 次回は、いよいよ最終回。

今、巷で話題(!?)のフードマイレージ買い物ゲームを実際に行います。

1回だけの参加も可能ですので、ご関心のある方はぜひお申し込みください。

 


「身近なことから学ぶ水島環境講座」 

講 師/みずしま財団職員

日時:4~6月 第4火曜日 10:00~12:00

(4月26日(済)、5月24日(済)、6月28日)

回 数/3回(1回のみの参加も可)

定 員/30人

対 象/一般

受講料/無料

備 考/筆記用具持参

 

申込み・問合せ:水島公民館 (086)444-2541


 

しわく

5月21日(土)に、

瀬戸内市牛窓町「岡山県農林水産総合センター水産研究所」及び「西脇海岸」で開催された

「生物多様性の日記念ファミリープログラム」(主催:おかやま環境ネットワーク他)に、

講師として参加をしてきました。

 

まず、午前中は、

岡山県の水産課職員の方による

岡山県の水産業や海の環境と生物のつながりについての講義、

その後、センター内の施設見学がありました。

 

昼食を食べて、午後最初のプログラムとして、

西脇海岸で海ゴミのフィールドワーク、アマモとそこに棲む生きものの解説を行いました。

 

P5212851.JPG

センター内の見学の様子

 

私が担当したのは、1時間程度でしたが、

きれいに思える海水浴場の海岸にも意外にゴミが多いこと、

それらが自分たちの生活から出てきたものが多くを占めていることに、

参加者も驚いた様子でした。

 

また、アマモの解説では、その中に棲むハゼやヒラメの稚魚、

オオワレカラなどの生きものにみんな興味津々の様子でした。

 

最後のお楽しみ、県の水産課職員の方による地引網では、

大きな魚はほとんどかかりませんでしたが、アマモ場を引いたということもあり、

スズキの稚魚やアイナメ、ヨウジウオなど多くの種類の魚が掛かっており、

こちらも皆さん大喜びでした。

 

P5212887.JPG

水産課の職員さんによる解説

 

 

改めてアマモ場の豊かさ、大切さを実感したプログラムでした。

 

P.S 最後に、危険な生きものの紹介です。

 写真は、オニオコゼといって、背びれに強烈な毒を持っています。

この顔を見たら、くれぐれも不用意に触らないようにしましょう!

P5212890.JPG 

しわく

 ゴールデンウィークも最終日となる5月8日(日)、

6:15からのNHK総合テレビの番組「産地発!たべもの一直線」で

浅口市のシャコが取り上げられます。

 

その中で、みずしま財団でもいつもお世話になっている

漁業者の大室さんが出演されます。

 

今回は、シャコの生態やおいしい食べ方だけでなく、

大室さんがみずしま財団と一緒に行っている

海底ごみの取り組みについても紹介をするということで、

みずしま財団も取材に協力をしています。

 

 お休みの日の早朝ではありますが、よかったらぜひご覧ください。


しわく

 

みずしま財団が瀬戸内海の環境再生事業の一環としておこなっている

アマモ場を活用した環境学習等で

非常にご支援、ご協力をいただいている 相生啓子先生から本を寄贈いただきました。

 

「大槌の自然、水、人 未来へのメッセージ」(秋道智彌 編)

book110425.jpg 

 

 

「豊かな湧水にはぐくまれた地域の自然・歴史・暮らしの考察から未来の地域像を語る」とあるように

大槌の地域の宝物、「森、湧水、海」を、大槌の地域にこだわって取り組んできた

研究者と地元の活動から本書が作成されています。

 

みずしま財団のアマモの取組についても

本書で、相生先生がとりあげてくださっています。

ぜひご覧下さい。

 

と、これだけだと、単なる新着図書紹介になりますが

 

大槌町といえば

あの3月11日の地震で

甚大な被害をうけた、あの岩手県大槌町です。

 

相生先生も「期せずしてレクイエムとなってしまったようなむなしさを味わっております」とおっしゃっていますが、「豊かな湧水、歴史、文化を基盤にして再生して欲しいと願うばかりです」とも。

 

その相生先生も発起人のお一人でもある

「大槌町を支援する会」が立ち上がっています。

募金を集めて、町に寄付していくようです。

 

参考資料を添付しておきます。

 

ootuti.jpg 

ぜひ、多くの方にお知らせいただけるとうれしいです。

 

 

 少し時間が経ってしまいましたが、3月12日(土)に浅口市寄島町で漁業体験&海底ごみ調査ツアー「船にのって、みんなで知ろう!瀬戸内海の漁業と、海と私たちの暮らし」を開催しました。


 ちょうど前日に東北地方太平洋沖大地震が発生し、その影響による津波注意報が岡山県内でも発令されていました。前日までは、「津波注意報が出ていたとしても、50cmくらいの波ならたいしたことないのではないか・・・」と思っていたのですが、いわゆる普通の波と津波は違うそうで、そのエネルギーは、30cm程度の波でも大型船の係留ロープが切れてしまうほどだとか。また、注意報が発令されている状態では、そもそも港に近づくことも本来は止めておくべきといったご意見もいただきました。


 中止ということも考えたのですが、いよいよ直前ということもあり、とりあえず、漁船に乗っての漁業体験だけは中止にし、その代替プログラムとして、寄島の魚市場の見学(やっているところは見れなかったが)、カキ剥き工場の見学、海底ごみ回収用ステーションの解説などを行いました。

P3121884.JPG

魚市場見学の様子

 

 また、地元の素材を使ったお弁当は予定通り皆さんに食べていただきました。
 漁業体験を楽しみにされていた方には、残念でしたが、漁業者の方があらかじめ海底ごみや、海の生き物を取って来てくださっていたので、それらについて、陸上で専門家による解説なども行ったりしたので、予定外のプログラムも、皆さんそれなりに楽しんで、学んでいただけたのではないかと思います。

P3120063.JPG

専門家による解説

 

 今回の地震では、大津波により阪神大震災をも上回る未曾有の大災害となりましたが、その影響がこちらにも及んでくるとは、思いもよりませんでした。改めて津波の怖さと、そういった自然災害等が発生した場合に対するイベント等の対応など、いろいろと考えさせられる体験学習会となりました。

 被災地の一日も早い復興を心より祈念しております。


しわく

「瀬戸内海」を見に行こう!
−漁業体験と海底ゴミ調査ツアー− の ご案内

海の恵みと地産地消、そして海底ゴミなど、船に乗って身近な海から学んでみませんか
ご参加お待ちしています。

----------------
日時:2009年3月1日(日) 9:00〜14:00 (無料バス利用者は8:00〜15:00)
場所:浅口市寄島沖

集合場所・時間:JR倉敷駅南口(無料バス利用者): 7:50
          寄島町漁協組合事務所前(現地集合):9:00

定員:20名(先着順)、小学校高学年以上(小・中学生は保護者同伴)
申込み:2月25日(水)までに、みずしま財団まで申込み。但し、応募者多数の場合は、先着順で定員に達し次第締め切ります。

参加費:1000円/ 1人(食事代・ボランティア保険代が含まれています)

◆この体験学習会は、独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金助成事業により開催します。

『海のゆりかご』アマモ場を見に行こう!―海辺環境について考える体験学習会―

海の中に生える草・アマモを知っていますか?
アマモ場は、「海のゆりかご」。
生き物が生まれ、育つ場所です。
いっしょに見に行ってみませんか。


日  時:2008年6月15日(日)13:00〜17:00(12:30〜受付)

実施場所:倉敷市味野湾 竪場島周辺
 ※竪場島には、船に乗って移動します。

集合場所:児島観光港(倉敷市児島駅前3-23)

集合時間:12:30 集合

定員・対象: 20名(先着順)
      小学生以上(小・中学生は保護者同伴)
      アマモ場は、水深が40cm程度になりますので、入っても大丈夫な方。

参加費:無料 (平成20年度 地球環境基金の助成により開催します。ボランティア・行事保険をかけています。)

スケジュール:
 12:30〜 受付(児島観光港 入り口) 
 13:00〜 船で移動
 13:30〜 ・アマモ場に関するお話
  16:00  講師:相生啓子先生(国際湿地保全連合顧問)
      ・アマモ場観察
      (生き物観察、アマモの花の観察など)
 17:00   解散

観察に適した格好・持ち物:
 水の中(40cm程度)に入っての観察になります。
 濡れてもいい服装(できれば水着の上に長袖・長ズボン)着替え、タオルなどをご用意ください。

 ※必ず帽子を被りましょう。

 ※魚網、水中めがね、マリンブーツまたは濡れてもいいクツ、軍手などは、あればご持参ください。(みずしま財団でも貸出可)

 ※生きものやアマモの持ち帰りはできません。
 ※スケジュールは、天候等により変更になる可能性があります。
 ※少雨決行。ただし、警報発令時には中止します。

参加申し込み方法:
 必要事項(氏名、住所、電話番号、所属など)をご記入の上、下記連絡先に電話・FAX・e-mailにてお送りください。


連絡先 財団法人水島地域環境再生財団(みずしま財団)担当:塩飽(しわく)
    〒712-8034 倉敷市水島西栄町13−23
    TEL:086−440−0121 FAX:086−446−4620
e-mail:webmaster@mizushima-f.or.jp

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき