みずしまプロジェクトの最近のブログ記事

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

1月25日(木)に、岡山大学キャンパスアジア スプリング・スクールのフィールドワーク研修の受け入れを行いました。 参加者は、中国・韓国の留学生15名+引率の教員・通訳3名の18名でした。

本フィールドワークは、「倉敷市水島地域で、産業発展と環境保護を考える」をテーマに、JFEスチール(株)西日本製鉄所の工場見学、倉敷市環境学習センターで「水島の産業の発展と環境保護」と題したレクチャーを行い、水島の経験について学んでいただきました。

P1252235.jpg

P1252246.jpg

昼食は、地元のうどん屋さんで食べて、大変好評でした。

最後に、鴨ヶ辻山の展望台から水島地域を一望し、参加者の皆さんコンビナートの規模に改めて驚いた様子でした。

水島での学びが、留学生の皆さんの将来にお役に立ったなら幸いです。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

1月16日(火)岡山県立倉敷南高校「キャリアⅠ仕事の達人講座」でお話をしてきました。

これは、倉敷南高校が取り組まれている「倉敷『町衆』プロジェクト」の一環として実施されたもので、13名の社会人講師が法律や教育、理工学といった分野に分かれて、仕事内容の紹介や、その中での喜びや苦しみ、国際社会とのつながりといった内容でお話をするというものです。 私は、環境の分野でお話をさせていただきました。

DSC09594.jpg

みずしま財団の現在の活動、水島の教訓を海外も含めて発信し、活かしていく取組や、大学生時代の専攻「地理学」と現在の仕事との関係などお話しました。理系(生物)専攻の生徒さんにとって、少し違った分野のお話として、将来の進路の参考や視野を広げるきっかけとなったなら幸いです。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

1月15日(月)に、公害患者さんお二人と一緒に、 水島小学校の5年生の授業で水島の公害について お話しをしてきました。

P1152222.jpg

まず、水島の成り立ちから公害の発生、公害裁判や 企業・行政の環境対策の取り組みなどについて 協議会とSTOP温暖化くらしき実行委員会で作成した 環境学習DVD「みずしま物語」を使って説明しました。 (環境学習DVD「みずしま物語」は、今後市内小学校に配布予定です)

P1152228.jpg

その後、患者さんから公害病の大変さ、当時の大気の様子、 これからの水島に対する思い といったことをお話しいただきました。

P1152230.jpg

今年で4回目となる授業ですが、今年の児童さんも とても熱心に話を聞き、積極的に質問をしてくれました。

身近な地域の歴史について学べる公害学習の出前授業を行っています。 ぜひ、お気軽にお声掛けください。

 水島いいとこ探し(海編)として、観光船に乗って、海から水島を再発見します。

 お父さん、お母さんと一緒に水島コンビナートを海から見てみよう!

 「船に乗って、気になるところ」を写真にとって、みんなでワイワイ話し合おう!

 皆様のご参加をお待ちしています。


日時:2017年3月12日(日)9:00~12:30
場所:水島愛あいサロン会議室、水島港周辺
定員:40名程度
対象:小学生以上の親子など
参加費:500円(軽食、保険代として)

※その他、詳細はチラシをご覧ください。

詳しいお問い合わせは、みずしま財団までお願いいたします。

20170217171944-0001.jpg

 地域を紹介するインタープリター(=通訳、解説者)のスキルを身につける
ことを目的とした講座を開催します。

 現在水島では、「世界一の環境学習のまち みずしま」を目指す一環として
教育旅行(中・高校の修学旅行等)の受け入れを広げていくことを考えています。

 本講座では、これまで水島について基礎知識を学んだ方を対象に
インタープリテーションについて実践的に学びます。 

また、対象層として想定している中高生とのコミュニケーションの取り方について
学ぶこともできます。

講師陣は、嵯峨創平氏(岐阜県立森林文化アカデミー教授)、岡亜希子氏(NPO法人

体験学習研究会)と豪華な内容となっております。

 これから地域を案内するインタープリタとして活動したい方、水島の学びを
支えて下さる方、ぜひご参加ください。

日時:2017年3月11日(土)10:00~17:00
場所:倉敷市環境学習センター、水島地域
定員:20名程度
参加費:500円(資料、保険代として)

※その他、詳細はチラシをご覧ください。

詳しいお問い合わせは、みずしま財団までお願いいたします。

20170217171939-0001.jpg

1月26日(木)、「地域資源を活かした教育旅行を考える勉強会」を開催しました。

午前中は、実際に水島で現在行っているフィールドワークを体験していただきました。

P1260574.jpg

午後は、講演とワークショップでした。

水俣・芦北で実際に教育旅行のプログラムを組み立てられた
吉永利夫氏(株式会社ミナコレ 代表取締役)による講演は、とても具体的で
分かりやすく、水島にも色々と示唆を与えていただきました。

P1260591.jpg

  吉永利夫氏による講演の様子

ワークショップは、川中大輔氏(シチズンシップ共育企画 代表)のコーディネートで
進められ、こちらも教育プログラムを組み立てる時の考え方を整理していただきながら
実際に水島でのプログラムを考えることができました。

P1260598.jpg

  川中大輔氏によるレクチャーの様子

P1260609.jpg

  ワークショップの様子

講師の先生方、参加者の皆さん、1日お疲れ様でした。

水島での具体的なプログラムづくりに向けて、いよいよ本格的に考えていきたいと思います。

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

先日来ご案内をさせていただいておりました、
シンポジウム「世界一の環境学習のまち みずしまを目指して」が、
いよいよ明後日に迫ってきました。

お申し込みをいただいている皆様に、最終のご確認です。

【概要】
 日時:2016年12月23日(金・祝) 13:00~16:30
 場所:水島愛あいサロン コミュニティホールA~C
    (アクセス http://mizushima-ii.com/access-2/
 対象:水島の将来に関心のある市民、水島コンビナート・地元企業関係者、行政関係者など
 定員:120人
 後援:環境省中国四国地方環境事務所、岡山県、倉敷市、岡山大学

また、多少お席に余裕がありますので、当日受付もさせていただきますが、
できれば事前にお申し込みをいただけるとありがたいです。

水島の未来を考える第一歩となるシンポジウム、
ぜひ一緒に語り合いましょう。

20161223 shinnpo omote.jpg

20161223 shinnpo ura.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

水島地域では、2013年度に市民・企業・行政・大学等の教育機関が集まって
「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」を立ち上げ、協働による
「世界一の環境学習のまち みずしま」を目指した取組みを進めています。

この度、「学び」をキーワードに高梁川流域との連携を進め、
水島における学びの取組の可能性や展望、さらには水島の未来について
ともに考えるシンポジウムを開催します。

水島において、市民・企業・行政・大学等が一堂に会し、水島の未来について
語り合う初めての試みとなります。
ぜひ、水島の未来について、一緒に語り合いましょう。

皆さまのご参加をお待ちしています。


【概要】
 日時:2016年12月23日(金・祝) 13:00~16:30
 場所:水島愛あいサロン コミュニティホールA~C
 対象:水島の将来に関心のある市民、水島コンビナート・地元企業関係者、行政関係者など
 定員:120人
 後援:環境省中国四国地方環境事務所、岡山県、倉敷市、岡山大学

 スケジュール:
  13:00  開会 あいさつ:
  13:00~13:05 来賓あいさつ:伊東香織倉敷市長
  13:05~13:10 趣旨説明
  13:10~14:35 リレー報告:「学び」を通じて高梁川流域の未来をつくる 
           ①矢掛での取組み(室貴由輝氏 YKG60共同代表)
           ②新見での取組み(仲田芳人氏 かのさと体験観光協会事務局長)
           ③笠岡での取組み(石井洋平氏 かさおか島づくり海社事務局長)
           ④高梁川流域学校の取り組み(岡野智博氏 高梁川流域学校事務局長)
           ⑤水島企業の取組み(丹田史彦氏 JFEスチール株式会社西日本製鉄所(倉敷地区)総務部長)
           ⑥岡山市ESDの取り組み(内藤元久氏 岡山市ESD推進課主幹)
  14:35~14:45 休憩
  14:45~15:05 特別ゲスト演奏
         ムジカくらしき弦楽四重奏
  15:10~16:30 パネルディスカッション
         テーマ:水島の可能性と将来展望 ~協働による学びが拓く未来~
         パネリスト:①高梁川流域学校関係者(大久保憲作氏 高梁川流域学校代表理事)
               ②大学など教育研究機関関係者(荒木勝氏 岡山大学副学長)
               ③産業経済界関係者(野村泰弘氏 三菱自動車工業(株)水島製作所副所長)
               ④行政関係者(佐藤慶一氏 倉敷市環境政策部次長)
               ⑤みずしま財団(塩飽敏史 みずしま財団理事・研究員)
         コーディネーター:三村聡氏(岡山大学地域総合研究センター)
  16:30  閉会

お問い合わせ・お申し込み先
 環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会
 事務局:みずしま財団
 〒712-8034 倉敷市水島西栄町13-23 電話086-440-0121 FAX.086-446-4620
  webmaster@mizushima-f.or.jp http://www.mizushima-f.or.jp/  

※平成28年度独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金助成事業として実施します。

20161223 shinnpo omote.jpg

20161223 shinnpo ura.jpg

こんにちは。理事・研究員の塩飽です。

この度、みずしま財団が事務局を務める「環境学習を通じた人材育成・まちづくりを考える協議会」の主催で、
水島について学び、水島の学びを支える人材育成を目指した連続講座を開催します。

第1回は、江戸時代以前から始まる干拓の歴史について、福田町を中心に郷土史家の国守卓史さんに
お話しいただきます。

かつて水島は、海だった!?

豊臣秀吉の備中高松城の水攻めとのつながり!?

福田新田と大岡越前!?

地域の歴史に興味のある方、水島での学びを支えてくださる方のご参加をお待ちしています。

詳細は、添付のチラシをご覧ください。


3回連続講座 水島学講座(初級編)
 第1回 みずしまの歴史を学ぶ

 日時:10月25日(火)13:30~15:30
 場所:倉敷市環境学習センター 環境学習教室
 内容:第1回 郷土史話①  
     福田新田開発史
      講師:国守卓史氏(郷土史家、元倉敷市市史編纂室室長、水島支所長)
 参加費:300円
 対象:環境学習や地域の歴史に興味のある方
    水島の環境学習を支えてくださる方  
    留学生、大学生など

 申し込み方法:参加希望の方は、お名前、住所、連絡先、所属をご記入の上
        みずしま財団までFAXまたはメールにてお申し込みください。

 問合せ・申込先:公益財団法人 水島地域環境再生財団(みずしま財団)担当:塩飽
         〒712‐8034 倉敷市水島西栄町13‐23
         TEL:086‐440‐0121 FAX:086‐446‐4620
          e-mail:webmaster@mizushima-f.or.jp

20161025 chirashi.jpg

皆さんこんにちは。理事・研究員の塩飽です。

本日は、第60回目となる八間川調査を実施しました。

継続して行っている水質調査や生きものしらべに加えて、
今回は、「わたしが見つけた生きもの図鑑」づくりに
取り組んでもらいました。

まず、大根洗い場に移動して、CODパックテストによる
水質調査を行いました。

P8200059.JPG

P8200067.JPG
倉敷市環境学習センター中尾優氏による指導の下、
子どもさんがチャレンジしましたが、うまく水をパックの中に
入れるのにまずは一苦労のようでした。

その後、田賀辰也先生による生きもの探しの指導&注意事項の
説明を聞いて、いざ生きもの探しへ!

P8200072.JPG

今回は、天候の関係か、水草やアオミドロが多く発生しており、
なかなか網を入れるのも難しそうでした。

P8200077.JPG

P8200081.JPG

それでも、6種類の魚と12種類の水生昆虫や貝、ザリガニなどと、
8種類の水草が見つかりました。

P8200101.JPG

P8200087.JPG

東川町公民館に移動してからは、中尾氏による「倉敷市の水質について」の
お話しでCODの意味や水質環境を守るために何をすべきかを学びました。

その後、今回初めての試みとなる「わたしが見つけた生きもの図鑑」づくり
に取り組みました。

見つけた生きものの絵を描いてもらい、その特徴などを記録することで、
自分独自の図鑑をつくろうというものです。

P8200095.JPG

時間の関係で、完成させることはできませんでしたが、
お家で調査をふりかえり、また自分で調べて、自分だけの
図鑑をつくってくれると嬉しいです。

<<前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき