2013年11月アーカイブ

毎週金曜日の午後3時40分ごろからFMくらしきで放送中の「みみみみずしま財団 エコらぼFriday」(週刊くらしきハッピーレディオ内のコーナー)では、毎月テーマに沿った環境に関するお話を放送しています。

今月のテーマは、「エコな交通について考えよう!」ということで、エコドライブや公共交通について、ご紹介をしてきました。

5週目のある月は、最終週にみずしま財団と同じく公害地域である、大阪の西淀川区を中心に環境再生に取り組んでいる「あおぞら財団」に出演していただいています。
今月は、テーマに沿って、「タンデム自転車」の取り組みについてお話をいただきます。

タンデム自転車とは?
その活用による意外な波及効果とは?

あおぞら財団の鎗山善理子さんから、軽妙な語り口でわかりやすく解説していただきます。

ぜひ、お聞きください!

11月24日(日)に水島緑地福田公園で開催された「第46回 くらしき農業まつり」で、フードマイレージの展示を行いました。

参加者からは、「フードマイレージ買いものゲームって何?」という質問があり、カレーの食材を例に、地元の食材を使った方が環境への負荷も少ないことや、買いものもどこに、何に乗っていくのかで環境に与える影響も違ってくることなどを学ぶものであることを説明しました。

PB241658.jpg

 

現在作成中の新・岡山版は、12月8日(日)のSTOP温暖化くらしきイベントでお披露目の予定です。
ご関心のある方は、ぜひご参加ください。

咳1回すると、2kcal消費する。

エネルギーを使うんですね!きちんと補充しないと。

 

「息切れのある人の食事・栄養を考える講習会」

のなかで、学んでいただきました。

・くらしき健康福祉プラザ3階視聴覚室

・2013年11月15日金曜日15~16時半

掲載用 患者向け20131115.jpg

呼吸器の病気のお話は、川崎医大尾長谷靖先生

食事・栄養のお話は、川崎医療福祉大学河原和枝先生がしてくださいました。

 

呼吸器疾患のある方はしんどくて動かない→筋肉が落ちる→全身状態がさらに悪くなる

という悪循環があり、運動と栄養は大事です。

 

筋肉をおとさない、つけるという栄養がいる!

(アスリートみたい)

 

抗炎症作用のある栄養素も大事

「空気をすえてもはくのができない」の呼吸器患者さんは、

なるべく体の中に二酸化炭素がたまらない栄養素

 

いうことで、脂質とたんぱく質に注目でした。

 

病気を持ちながらも、日常生活を楽しくすごせるための工夫を

みなさん学んでいただきました。

 

なお、感染症は要注意!

肺炎球菌ワクチン(5年有効)、インフルエンザワクチンがすすめられていました。

 

また、

風邪予防には、手洗い1日5~6回が有効とのことで、

この時期、みなさまどうぞ、お気を付けください。

(有効性とすれば手洗い1回≒うがい20回くらい、手洗いが大事とのことですよ)

 

 

本日(9日)、「まちを好きになるワークショップ ~地域の環境を守るためにできること~」を開催しました。

このワークショップは、「水島中心地域まちづくり研修事業」(倉敷市新市・まちづくり推進課委託事業)の3回連続研修の3回目になります。

今回は、笑顔でまちづくり応援隊の協力で、まちづくりサロンの形式で、市民、行政職員などが参加して、子どもが笑顔いっぱいになる地域づくりをテーマにグループワークを行いました。

楽しい雰囲気の中で、積極的な話し合いが行われ、沢山のいいアイデアが発表された、内容の濃いワークショップとなりました。

詳細については、改めて本ブログ等でご紹介したいと思います。

 

PB091521.jpg

アーカイブ

みずしま財団のつぶやき