みずしま財団

出版物

CATEGORY

資料館プロジェクト

タイトル

第26回日本環境会議水島大会

品番
B-032
発行年月
2008年9月
著者
(財)水島地域環境再生財団(みずしま財団)
仕様
A4版68ページ
価格
無料

お問い合わせ

書籍紹介

大会プログラム

大会1日目 9月20日(土)

●13:30~15:00 全体講演 会場:倉敷芸術科学大学1号館

・開会挨拶 現地実行委員長 森瀧健一郎

・来賓挨拶 環境省中国四国地方地方環境事務局 所長 池田善一氏

・基調講演:「環境再生と健康なまちづくり―公害地域の被害者救済と環境再生-」淡路剛久(日本環境会議理事長、早稲田大学大学院法務研究科客員教授)                              8

・特別講演:「地球環境問題、地域からの取り組み」         14

青山勳(岡山大学 研究推進産学官連携機構研究推進本部副本部長)

●15:15~17:30 全体報告

・開催地、水島からの報告:

 1. 「水島地区におけるまちづくりの課題と再生への取り組み」 16

   岸本友也・早川正樹(水島まちづくり研究ワーキンググループ)

 2. 「海底ゴミ問題を通じた協働の事例」           18

   塩飽敏史(財団法人水島地域環境再生財団)

 3. 「包括的呼吸ケアプログラム-その効果と課題-」     20

   里見和彦(水島協同病院 院長)

 4. 「公害死亡患者遡及調査続報-部検例95例から-」     22

   松岡健一(水島協同病院 名誉院長)

   福田憲一(水島協同病院診療技術部長)

●17:30~18:00 日本環境会議会員総会

●18:00~19:30懇親会(会費:4000円)会場:倉敷芸術科学大学(食堂)

 

大会2日目 9月21日(日)

●10:00~14:30 分科会 (12:00~13:00 昼食(休憩))

※各分科会において、報告をもとに討論をおこなう。

【第一分科会】:「大気汚染害者救済をめざして」

<座長>礒野弥生(東京経済大学現代法学部教授、日本環境会議副理事長)

    永井進(法政大学経済学部教授、日本環境会議副理事長)

特別報告 アスベスト健康被害の全面救済を求めて         26

    古谷杉郎(石綿対策全国連絡会議事務局長)

報告1  大気汚染公害訴訟の到達点とPM2.5環境基準        28

    西村隆雄(弁護士、全国公害弁護団連絡会議副幹事長)

報告2  大気汚染疫学の最新知見                 30

    頼藤貴志(岡山大学 大学院医師薬学研究科 助教)

報告3  「新たな大気汚染公害被害者救済制度(仮称)」の考え方  31

    吉村良一(立命館大学大学院法務研究科教授、日本環境会議理事)

パネル討論「新たな大気汚染公害被害者救済制度(仮称)」に向けて

パネリスト 吉村良一(討論コーディネーター兼

      礒野弥生

      尾崎寛直(東京経済大学経済学部准教授 日本環境会議理事)

      渡邉知行(成蹊大学法科大学院教授)

      除本理史(東京経済大学経済学部教授日本環境会議常務理事)

 

【第2分科会】:「臨海部の地域環境再生-海と地域づくり―」    33

<座長> 磯部作(日本福祉大学 財団法人水島地域環境再生財団)

 報告1. 歴史的港湾・鞆の浦の埋立架橋問題とまちづくり      35

     松岡みゆき(特定非営利活動法人鞆まちづくり工房)

 報告2. 瀬戸内について 住民運動の立場から           37

     小沢秀造(瀬戸内海の環境を守る連絡会)

 報告3. 沿岸部の環境再生と瀬戸内法               39

     横山信二(愛媛大学)

 報告4. 「水循環政策」と沿岸域圏総合管理-伊勢湾域総合政策の可能     

     性・現状・打開策-                   41

     高山進(三重大学)

 報告5. 沿岸域と地域づくり―イギリスのCanel再生と四国中央市の紙産業    

     クラスターを事例として-                44

     鈴木茂(松山大学)

 

【第3分科会-全国公害患者の会連合会主催分科会-】

:「公害経験と環境再生 そのアジアへの発信」(日本環境会議 協賛)

<座長>大久保規子(大阪大学大学院法学研究科教授)

 特別報告:「公害経験と環境再生への取り組み、地球温暖化の視点から」(仮)                             47

  早川光俊(地球環境と大気汚染を考える全国市民会議 専務理事)

 アジアの環境問題の事例報告

 -中国の事例 相川泰(鳥取環境大学環境政策学科准教授)    49

 -韓国の事例 石坂浩一(立教大学異文化コミュニケーション学部准教    

  授)                            51

 大気汚染公害地域の環境再生への活動事例報告

 -大阪の事例 矢羽田薫(財団法人公害地域再生センター研究員) 53

 -名古屋の事例 溝口隼平(NPO法人名古屋南部地域再生センター研究

  員)                            55

 -倉敷の事例 難波田隆雄(財団法人水島地域環境再生財団研究員)57

 -尼崎の事例 松光子(尼崎公害患者・家族の会会長)      59

パネル討論:「公害・環境問題の解決にむけて 情報の発信と交流」(仮)

●14:40~16:00 全体会

・まとめ

・大会会宣言の採択

 

大会3日目 9月22日(月)

現地見学ツアー(希望参加)

●水島のまちや、水島コンビナートをめぐるとともに、水島で環境再生・まちづくりをおこなう人々から話をききます。

見学コース

8:30出発

 倉敷駅-ホテル330倉敷(宿泊者乗車)-鴨ヶ辻山(コンビナートを山か   

 ら眺めます)-宇頭間・呼松・松江(コンビナート隣接地区)-水島商店

 街など-倉敷駅へ

12:30ごろ終了予定

※定員:40名

※参加費:3000円

 

 

 

ご購入について

掲載している出版物の購入をご希望の方は、お問い合わせフォームまたは、FAXまたはお電話にて以下を明記の上お問い合わせください。在庫切れの場合がございますのでご了承ください。

  • ご注文の書籍・報告書のタイトル(品番)
  • ご注文冊数
  • お客さまのご連絡先

みずしま財団 
公益財団法人 水島地域環境再生財団
〒712-8034 岡山県倉敷市水島西栄町13-23
TEL 086-440-0121 
FAX 086-446-4620

送料について

  • 全国一律 500円

お支払い方法

  • 郵便振替
  • 銀行振込(トマト銀行)
  • みずしま財団事務所でのお支払い(現金のみ)が可能です。
  • ※振込手数料はお客様ご負担となります。
  • ※商品到着から2週間以内に、お近くの郵便局または、銀行でお振り込みをお願いします。